月よみ

忙しい年の瀬だからこそ!今、月が帯びている〝手放し〟のエネルギーを活用して本当の幸せを手に入れるには?

心理セラピスト兼フリーランス歯科衛生士の麻衣です。

下弦の月に突入しましたね。
月がどんどん細くなり、新月に至るまでの今日から約1週間は〝手放し〟と呼べる出来事が起こりやすいでしょう。

また、意識して不要なものを手放すのにも打って付けの時期です。
家を満たしている物、つい引き受けてしまう雑用、ストレスを感じる人付き合い…
それらは本当に必要でしょうか?
人やモノの行き来が増える年末年始だからこそ、見極めのチャンスです。

そこで不要なものを手放し、新しい年に幸せを迎え入れる簡単なコツを、モノ・心・体の3点からお伝えします。
どれか1つだけでも効果はあるので、ぜひ取り組んでみてください!

あなたは〝今〟を生きられてる?過去の栄光も未来への不安も手放そう!

大掃除はお済みでしょうか?
物で溢れた空間は、掃除しにくいだけでなく、幸せな未来への思考を邪魔します。
思い入れのある品も、あまりに多すぎると過去に縛られていることになってしまいます。
「いつか使うかも」という思いは、未来への不安に囚われているサインかもしれません。


幸せな未来を手に入れたいなら、まずは〝今〟に集中すること。
過去の幸せや未来の不安より、今の自分が好きかどうかを基準にする方が断然いいのです。
今の自分のお気に入り度や使いやすさを基準にして、少し断捨離してみましょう。

上手な手放しのコツは〝今〟の自分に問いかけることです。
「あの時はああだったなぁ」「いつか使うかも」そんな思いを忘れて、今の自分がより元気になれる空間を目指しましょう。

愛想笑いを手放そう!心から笑えるご縁を大切に

年末年始は人付き合いも増えるのではないでしょうか?
だけどその関係、心から笑えますか?

愛想笑いばかりしなきゃいけない関係は、なかなか疲れるもの。
そしてそんな人付き合いが多いほど、あなたの大切なエネルギーを消耗してしまいます。

本来、人付き合いって「会うと落ち着くな」「元気が出るな」そんなものであって欲しいですよね。
作り笑いではなく、心から自然に笑える人付き合いを選んでみましょう。
自分がキレイでいられない恋愛も、この機会に見つめ直すといいかもしれませんね。

体にも〝手放し〟が起こる?簡単ケアで自分を労ろう

下弦の月から新月までの一週間は、腎臓が月の影響を受けやすい時期です。
腎臓のキーワードでもある〝排泄〟を少し意識するだけで、体を整えることができますよ。

やることはとても簡単!
トイレを後回しにせず、尿意を感じたらすぐにトイレに行くこと。
そして体内に溜まった不要なものを、尿と一緒に出し切るイメージをすること。

忙しさからトイレを我慢して膀胱炎に…なんて事態が防げるだけではありません。
意識することで腎臓の排泄機能を応援してあげることもできるんです。

デトックス効果のあるハーブティーを取り入れるのも、とても効果的です。
体が軽くなったら、心もさらに軽くなりますよ。

上手な〝手放し〟で満月のエネルギーを受け取れる自分になろう

下弦の月〜新月までのこの時期、どれだけ自分を身軽にしておくかで、次の満月のエネルギーの受け取り方が変わります。

日頃からモノや心身の疲れを溜め込みがちな人ほど、満月前後はイライラが爆発したり、体調を崩したりと、満月のエネルギーがマイナスに働く傾向にあります。
モノ・心・体の手放し、どれか1つだけでもトライしてみてください。

自分を軽くして、新しい年の最初の満月に本物の幸せを呼び入れましょう。

個人ブログでは、ココロ・カラダ・生き方までケアするコツを発信しています!
https://ameblo.jp/maia-clear/

ライタープロフィール

森麻衣 月よみ師®
「生き方に迷う大人」をサポートする心理セラピスト。
過去に、自身の強すぎる感受性を抑え無理を重ねる中、全身性エリテマトーデスや線維筋痛症を発症。
そこから立ち直った経験を活かし〝ココロもカラダも整う〟をコンセプトに、過去の傷を癒し、お客様が最高の人生を生きるためのコンサルティングを行っている。

歯科衛生士でもあり、企業や行政機関にて保健指導も実施中。

趣味は歌うことと読書、断捨離。
30年来のB'zファン
男児を持つシングルマザー。
Return Top