月よみ

大晦日の今日、来年もますます月のリズムにのって幸運をつかむために、これだけはやっておきたいこと

いよいよ大晦日となりました。
慌ただしい年の瀬ですが、ぜひ、明日の元旦はすっきりとした新たな気分で迎えていただきたいと、2019年は特に強く思うのです。

それは、年明け早々に迎える新月が、とってもパワフルなものだから。
その新月を活かして2019年をますます大きく飛躍させていくために、ぜひ今日中にやっておいていただきたいことをお話いたします。

2019年最初の新月は、とてもパワフル!

大晦日の今日は、29日に迎えた下弦の月から、欠けていくタームで迎えています。
手放していくことに適した、月の欠ける時期。

以前、私やまさきが書いた記事、にあるように、部屋の汚れも落ちやすく、また不用品処分の選別もスムーズにいく時です。
大掃除がはかどったという方も多いのではないでしょうか。

特に大掃除なんてしていない、という方も意外と多いようです。
昨今では、春や秋などの季節のいい時や、水仕事が気持ちいい夏にされる方も多いのだとか。
それも生活に即したいいアイデアですよね。

ただそんな方にも、一年の終わりの今日は、少しだけ念入りに掃除をすることをおすすめします。
なぜなら、年明けにくる新月がとてもパワフルなものだから。
新年の新たな気持ちのままその新月を迎えるために、スッキリとした気持ちで2019年を迎えていただきたいのです。

見逃せない、この新月

年が明け、6日に月は新月を迎えます。

この日の新月はちょっと特別。
それは、この日は新月であると同時に、部分日食でもあるからです。

日食と重なるということで、普段の新月よりもさらにパワフルになり、また「逆転」「交代」などの強い意味も含まれる今度の新月。
こんな新月が2019年が明けてすぐにやってくるなんて、これを見逃す手はありませんよね。
新年を迎えた清々しい気持ちそのままに、願いごとや2019年の目標を定めるのにぴったりな新月なのですから。

玄関だけでも念入りに

そうは言われても、今日は31日。
お正月料理や年越しそば等の準備もあって、急に念入りな掃除なんて出来ないというのはとてもよくわかります。

そんな場合は、玄関だけ、丁寧に掃除してみるというのはどうでしょう。

家族みんなが帰ってきたときに一番に足を踏み入れる玄関を綺麗にすると、気分が明らかに変わります。
いい運の入り口、なんていうこともよく聞きますよね。

床も玄関ドアも綺麗に水ぶきしてみましょう。
水ぶきの際には、余っている精油を垂らした水を使うと、ますます気分がよくなります。
そして仕上げにお正月用の生花を飾ると、不思議なくらいに空気が変わるものです。

そんなスッキリした気分で新年を迎えれば、きっと6日の新月もますます心新たに迎えることができるでしょう。
そのことが、あなたの2019年を大きく飛躍させることは、間違いありません。

あなたの2019年が月とともにますます輝けるものになりますように。
今年も1年、ありがとうございました。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、「サロン月の花香(はなか)」を主催。
アロマセラピー、バッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、公認ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドン、千葉、と、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期を迎えた息子たちと残り少なくなってしまった子育ての日々を楽しむ。

好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。

転居を機に始めたガーデニングはまだまだ初心者。猫の額ほどの庭をイングリッシュガーデンにすることを夢みている。

ブログ:千葉・船橋 バッチフラワーレメディ、英国式アロマセラピー&月よみで女性の幸せをつくる サロン月の花香(はなか)
Return Top