月よみ -inner independence-

出遅れた新年を取り戻すチャンスのおひつじ座上弦の月?!引き寄せを実現する発想の転換で2019年の再スタートを。

2019年が始まり、はや2週間が過ぎようとしています。お正月モードも抜け、いつもの生活に戻り過ごされている頃かと思います。

“一年の計は元旦にあり”
あなたは今年どんなことを思い願ったか、覚えていますか?

「いや~、実はまだ・・・」
「えーっと、何をお願いしたかな・・・」
「風邪で寝込んでいてそれどころじゃなかったよ~」

そんなあなたも大丈夫。まだ間に合いますよ!
お月さまのパワーを借りて2019年、今日から再スタートしましょう♪

上弦の月で引き寄せたいものを引き寄せる?その極意とは。

初めてこの「月よみ」を訪れてくださった方、ありがとうございます。
まずは月のサイクルを簡単にご紹介しておきますね。

月は約29.5日かけて、真っ暗な新月から次の真っ暗な新月へと移り変わっていきます。

①    新月から上弦の月へ、
②    上弦の月から満月へ
③    満月から下弦の月へ、
④    下弦の月から新月へ

「月よみ」では、このように月のサイクルをこの4つに区分し、それぞれの特徴から読み解きます。
そして、今日は②の上弦の月から満月へ、のちょうど初日“上弦の月”にあたります。


上弦の月は、新月から満月へ満ちていくプロセスの真ん中で「引き寄せ」「出会い」の月と言われています。

ここから1週間は①の新月から上弦の月の期間に願ったこと、イメージしたこと、計画したことなどを現象化するための具体的な材料が集まってくる期間になります。

では、一度振り返ってみましょう。ここ1週間ほどの間に、「良かったな~」と思えたのはどんなことでしたか?

「・・・そう言われても・・・」
「特に何も代わり映えしないな~」
「新しい年が始まったのに、何にもいいことないわ」

・・・本当にそうでしょうか?どんな小さなことでもいいのです。何か「良かったな」と思えること、あったはず。よーく思い出してみてください。

「・・・そういえば、雨が降る予報だったのに、降られずに一日過ごせた」
・・・おっ!いいじゃないですか。

「いつもの渋滞に巻き込まれずに出勤できた」
・・・ん~、すばらしい!

「道を聞いたら親切に現地まで案内してくれた」
・・・なんと有難い!!

(有ることが難しいと書いて「有難い」、つまり、滅多にないことが起こっているのですよ。)

私たちが「良いこと」だと思うのは、自分(家族、大切な人、かもしれませんが)にとって、いつも以上の喜びを感じる出来事が起こったときではないでしょうか。

「今日もご飯が食べられた」
「いつもどおり起きられた」
「無事に会社へ出勤できた」
「友達と一緒に遊べた」

これらのことは日常茶飯事であり、「当たり前のこと」として捉えているので特に感動することの対象にならず、ましてやありがたみを感じることも少ないでしょう。
人は病気をしたり、災害に遭遇して初めて、いかに普段の生活が恵まれたものであるかということに気づくものです。

そこでご提案。
今日から「当たり前のこと」から「いいところ」を探し、少しでも幸せを味わうようにしてみてはいかがでしょうか。

普段から幸せを感じることのできる心を育てておくと、いつもの生活が“幸せな生活”へと変化します。
さらに“幸せ”のエネルギーは更なる“幸せ”のエネルギーを呼び込んでくれるので、上弦の月の「引き寄せ」パワーもUPするはず。

上昇気流に乗って自分の願いを叶えるためのステキな材料、どんどん集めてくださいね!

月のエネルギーがおひつじ座のパワーを帯びて現実化の後押し!積極性で予想以上?!

「月星座」をご存知でしょうか?
「月よみ」初めてです、の方のために、こちらも簡単にご説明しますね。

「月星座」とは、地球から見て月の向こう側にある星座のことを指します。
使う星座はお馴染みの太陽星座と同じ黄道12星座です。月は地球の周りを27.3日かけて周っているので、ひとつの星座に滞在するのは約2.3日。
あっという間に移り変わっていきます。

そして、今日の上弦の月の向こう側にある星座はおひつじ座。

それぞれの星座には意味があります。
12星座のトップバッターであるおひつじ座の意味するところは、
開拓精神、自由、冒険心、ピュア、勇敢、勇気、スタートする力、アクティヴ、などなど。

また、それぞれの星座が支配するカラダの部位もあります。
おひつじ座の支配するカラダの部位は、「頭」

叶えたい夢があるのに、願い待っているだけではもったいない。
おひつじ座の「アクティヴ」さを活用しましょう。
願ったことを意識し、アンテナを張り巡らせておくことで、引き寄せたい情報がやってきたときに「あ、これだな」と気づくことができます。

ぜひ積極的に掴みに行き、流れにのって2019年のスタートを切ってくださいね。
きっと願ったこと以上のことが集まり形づくられていきますよ。

~今日もあなたの魂がますます光り輝きますように~

ライタープロフィール

加藤香里 月よみ師®
1971年 愛知県名古屋市生まれ
苦手なもの 高い所 狭い所 スピード 病院
ストレス発散方法 目いっぱい料理を作ること

学生の頃より自分の病気の手術回避方法を模索する中で「氣」と出会う。
37歳の時の離婚をきっかけに考え方や価値観が大きく変わり、高次元からのエネルギーである「真氣光」の中継を習得。
以来「一見マイナスに見えることからもプラスになることを見つける」ことをモットーに毎日「いいとこ探し」を実践中。

現在は大学で就職支援に携わり、一人一人の良さを引き出すことに力を注ぐ。
自分の直感を頼りに、閃きで行動する1男1女の母。
Return Top