月よみ -inner independence-

見えない新月のエネルギーを最大限に受け取るための 最高のセルフケアとは?

心理セラピスト兼フリーランス歯科衛生士の麻衣です。

今日は新月。
新月の日は、願いが叶うと言われる満月に向けて、準備を始める日。
しかも今日は、今年訪れる新月のうち、地球から最も遠い新月です。

そんな特別な新月の日にオススメしたいセルフケア、それは
〝子どものように振る舞う〟ということ。

一体どういうことでしょうか?

損得勘定も妥協もしない!
新月のエネルギーを最大限に浴びるコツは「子ども心を思い出すこと」

大人になると「これもやっておいた方が……」と急ぎでもない用事を
自分で増やしてしまいがち。
気がついたらあっという間に一日が終わっていた……
そんなことも多いのではないでしょうか?

余裕のない心と体では、月のエネルギーを存分に受け取ることはできません。
特に新月は目に見えませんから、分かりやすい満月のエネルギーとは随分違います。

子どものようなクリアな心でいる方が断然受け取りやすい、
繊細なエネルギーです。

たとえば、
やりたいことをやる。
やりたくないことはやらない。
義務感や打算を捨ててみる。

つまり、自分をありのままの姿にリセットするのです。

新月の日は、自分の心と体をリセットするのに最適な日。

子どものように振る舞うことで自分をリセットする、
それこそが繊細な新月のエネルギーをキャッチするための
最高のセルフケアなのです。

それでも雑念は湧いてくる……クリアな心を保つコツ

新月のエネルギーを受け取るためには、静かに過ごしてもいいし、人と話してもいい。
それすら自由です。
子どものように心がクリアになることにこだわりましょう。

「それでもつい雑念が湧いてしまう……」ということ、ありますよね。

そんな時にオススメの方法が「深呼吸」です。

新月からの一週間は、肺が月の影響を受けやすい時期。
深呼吸して、心が真っさらになるのをイメージします。
そしてふと出てきた答えに素直に従ってみてください。

雑念はどうしたって湧いてくるもの。
無理に消そうとせずに、その都度自分を落ち着かせてあげましょう。

忙しい方は5分でもいいので、深呼吸して自分をフラットにする時間を
作ってみてください。
たったこれだけでも、繊細な新月のエネルギーを受け取りやすくなります。

満月に願いを叶えるために!今年最遠の新月のエネルギーを味方に付ける方法

私は、新月の日にあまり予定を入れません。
ボーッとする時間を大切にしています。

そして、自分がリセットできたことを確認してから願いを意識し、
エネルギーが満ちる満月に向けて行動し始めます。

その方が行動力が増し、願いも圧倒的に早く叶うからです。

今夜は月との距離が遠い分、リセットした自分に
願いをより強く刻み込むイメージをするのがオススメ。

子どものような真っさらな自分で、
今年最遠の新月のエネルギーを受け取ってくださいね。


——————————————
月よみ師®︎3人が集うトータルビューティー・イベントを開催することになりました!

中島千裕さん
タイプ診断+頭皮洗浄orハーブテント

岩本智子さん
月よみ×星よみセッション

私はマインドデトックス×フェイス調整のミニセッションを行います。

私と岩本智子さんのセッションは満席です。
本当にありがとうございます。

頭皮洗浄とハーブテントは若干枠があります!
次回は3/7(木)に開催します!

詳細はこちら

ライタープロフィール

森麻衣 月よみ師®
「生き方に迷う大人」をサポートする心理セラピスト。
過去に、自身の強すぎる感受性を抑え無理を重ねる中、全身性エリテマトーデスや線維筋痛症を発症。
そこから立ち直った経験を活かし〝ココロもカラダも整う〟をコンセプトに、過去の傷を癒し、お客様が最高の人生を生きるためのコンサルティングを行っている。

歯科衛生士でもあり、企業や行政機関にて保健指導も実施中。

趣味は歌うことと読書、断捨離。
30年来のB'zファン
男児を持つシングルマザー。
Return Top