月よみ -inner independence-

ダイエットは一日にして成らず。同じ動きを月の満ち欠けにあわせて4つのバリエーションで。ズボラさんでもできる簡単ストレッチ

2月4日の立春を過ぎ、暦の上では春。
まだまだ寒い日も多いですが、ポカポカ陽気の暖かい日も着実に増えてくる頃。
そう、忘れていた薄着の季節到来も間近です。

短期間でのダイエットは精神的にも肉体的にも無理があるもの。
毎日無理なくできることだと続けやすくて嬉しいですよね。

ズボラさんでも続けやすいように、動きは同じ。
意識するところを月のタームにあわせて変えるだけ。
しかも変えるタイミングは約一週間に一度。
春色の洋服を軽やかなキモチで着こなせるように、そんなお手軽ストレッチを始めてみませんか?

月の動きをもとにした旧暦では新年がスタートを切ったばかり

旧暦の1月1日である昨日2月5日、6時4分に新月の瞬間を迎えました。
旧暦(太陰太陽暦)は新月から次の新月の前日までを一ヶ月とする、月をベースにした暦。
月よみ的には新年が明けたところです。

旧暦の今年最初の月の満ち欠けのサイクルは

2月5日  新月
2月13日 上弦
2月20日 満月
2月26日 下弦
3月7日  新月

と続きます。

そして月よみでは、月の満ち欠けによって月のエネルギーが入りやすい臓器を、4つののタームにわけて考えています。
今月だとこのようになります。

2/5~2/12  新月~上弦 【肺】
2/13~2/19 上弦~満月 【肝臓】
2/20~2/25 満月~下弦 【心臓】
2/26~3/6  下弦~新月 【腎臓】

3日弱で移り変わる月星座や毎日変わる宿曜に比べ、約1週間続くので覚えやすいですし、うっかり忘れても挽回のチャンスがしっかりあります(笑)

ダイエットにも健康にも!簡単なのに効果アリ

暦の上では春とはいえ、本格的な薄着の季節までは余裕がある今。
おすすめしたい簡単ストレッチは「体側(胴体の脇の部分)伸ばし」です。
寒さやスマホ・パソコン作業で身体が縮こまっている実感、ありませんか。
しかも年齢を重ねると内臓が下垂し、肋骨の間が詰まってきてしまうのです。


そこで、体側を伸ばすことにより期待される主な効果というと…

・縦に押し潰されて前に出ていた内臓が原因の「ポッコリおなか」が引っ込む
・圧迫されたり下垂したりして働きが鈍くなっている内臓が、本来の位置に戻り活性化する

気になるウエストが細くなるだけでなく、これまでの生活でお疲れの内臓の働きが活性化して健康的なのはもちろん。
脂肪燃焼効果や排泄力がアップしてダイエットにつながるという一石二鳥のストレッチです。

大切なのは「フォーム」ではなく「どこを意識するか

ではストレッチのやり方のご紹介です。
立って行う方法をご案内していますが、イスに座っても、床に座ってもできます。

1.      腰幅に足を開いて立つ。
2.      息を吐きながら右足に重心を移し(体重を100%かけるつもりで)右手を体に沿って高く上げる。
3.      2.の時、右側の肋骨と骨盤を引き離し、肋骨と肋骨の間も開くようなイメージで右脇を伸ばします。この時、左側の肋骨と骨盤は縮めてくっつけるつもりで。
4.      気持ちよく伸ばせたら元に戻し、反対側も同様に行います。

※ここが月のエネルギーの活用ポイントです。
特に2.の時にその日に月のエネルギーが入りやすい臓器を意識してストレッチしましょう。

・2/5~12は「肺:呼吸機能」 深く息をして呼吸を整える意識を。息を止めないよう注意。
・2/13~19は「肝臓:消化機能」 右側を伸ばす時は下垂している肝臓を持ち上げるつもりで、左側を伸ばす時は胃を意識すると消化機能UP。
・2/20~25は「心臓:運動機能」 手足の末端の毛細血管まで刺激が行き渡るように意識して、心臓を活性化。
・2/26~3/6は「腎臓:排泄機能」 体側を縮める時に腎臓(腰の少し上あたり)をギュッと圧縮してパッと解放するイメージで、溜まった緊張をほぐし腎臓を元気に。


*イスに座る場合はお尻(イスに触れている部分)に体重をかけて行ってください。
*床に座る場合は正座から<右脇を伸ばす時>お尻を右側に落として左側に足が流れる「お姉さん座り」で、<左脇を伸ばす時>はお尻が左側、足が右側になるようにしてください。

特にイスや床に座る時は前かがみにならないように気をつけてくださいね。

チャンスは「毎月」スケジュールにこだわり過ぎずに「毎日やる」ことが大切

一気に読むと「おなかいっぱい」になってしまったかもしれませんね。
でも、動きは同じ。
意識するところを月のタームにあわせて変えるだけ。
しかも変えるタイミングは約一週間に一度。
上弦、満月、下弦、新月と月の動きにあわせればいいので比較的わかりやすいと思います。

そして。
うっかり次のタームに移っていたのに気がつかなくても大丈夫。
動きは同じですから効果がないわけでもカラダに悪いわけでもありません。
月のサポートというオプションを逃してしまっただけですから。
気を取り直して変えればいいのです。
それにこのサイクルは毎月ずーっと続くのです。
何となくできそうな気がしませんか?


皆さまに軽やかで素敵な春が訪れますように。。。

ライタープロフィール

朋子 月よみ師®
1968年 東京生まれの千葉育ち。

バブルを経験したベテランOL。



三十代後半、残業やストレスが多い仕事中心の生活でセルフケアが必要だと気づく。たどり着いたストレッチ教室で「

カラダが変わればココロも変わる」を数年がかりで実感。人生の転機となる。

偶然目にしたツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、月とココロとカラダのつながり、図星だらけの月からのメッセージを知れば知るほど、

<月よみ>で本来の自分を知り、受け容れることで生きやすくなるとの想いを深め、月よみ師に。



好きなことは、散歩・高いところから景色を眺めること。
Return Top