月よみ

月相(月のフェーズ)を意識して夢を実現する方法

皆様こんにちは。
ジェンダーレスな月よみ師、Mikotoです。

2月20日は、今年一番の『スーパームーン』。
月が地球に最も接近し、エネルギーが高まる満月です。

新月や満月にはお願い事を…というお話は、
皆さんも一度は聞いた事があるかもしれません。

月の満ち欠けを意識する事で、宇宙のリズムに乗っていく…
“引き寄せ体質”になる!!

今回は「月相(月のフェーズ)を意識して夢を実現する方法」を
取り上げてみたいと思います。

月のフェーズに合わせた目標設定を。

月は、新月、満月を、約2週間に一度のペースで繰り返します。
また、その間に上弦の月、下弦の月と、手放しや
方向性を見定めるタイミングがやって来ます。

月のフェーズを意識すると、自分の目標を定めたり、振り返ったり、
手放しながら、月の流れに乗っていくことができます。

月のリズムを意識することが、宇宙の流れに乗る第一歩となるのです。

月のリズムに乗るには半年スパンで願い事を。

占星術の世界ではよく、新月には願い事を、満月には感謝をと言われます。
太陽は、1年をかけて12星座を移動するので、
同じ星座で新月と満月が半年毎に繰り返されます。
月と太陽が重なる新月、太陽を背にした月は、
心の奥底に秘めた可能性を引き出します。

願いを預かった太陽は、半年後、
再び月を照らすことで目的を達成するのです。

月のリズムに乗るには、半年毎に願い事を。

新月では、願いを”意図”して月に宣言し、
満月では、既に叶ったつもりで感謝の言葉を綴る事で、
願いを月に届けます。

2月20日は乙女座の満月。
乙女座の得意とする「自己調整」や「整理整頓」等のキーワードを
願いに組み込みましょう。

何を願えば良いか分からない、という方には
例えば、以下のようにお願いしてみてはいかがでしょうか?

『ずっと辞められなかった〇〇(=悪習慣。例えば間食、タバコ、捨てられないもの等)から卒業し、
〇〇(例えば、スリムな体、健康、整った環境や思考等)を手に入れました。
気分も晴れやかで、気持ちの良い毎日を過ごしています。
ありがとうございます。』

完璧主義の乙女座は、「こうしたいのにずっと出来なかった」というような事を手放すのに、とても良いきっかけを与えてくれます。

この満月で願った事は、半年後の8月30日に、
再び乙女座で起こる新月までに叶うと言われています。

もしまだ叶っていない部分があった場合は、
まだ何かが欠けているという宇宙からのメッセージ。

軌道修正し、願いをしっかりとイメージングしたら、
「意図する」形でお願いしてみてくださいね。

半年後を楽しみに、
このスーパームーンから早速実践してみて頂ければと思います。

抗わずに、私らしく生きることが、夢実現のカギ。

『月』は、10天体の中で唯一の衛星であり地球の周りを回っています。
その他の全ての惑星エネルギーの変圧器のような役割を果たし、
月が基盤となって、そのエネルギーを受信しているのです。

心が病んだり乱れると、別人格のようになってしまうように、
その人がその人で有り続けるために月の基盤はとても大切なのですね。

その昔、太陰暦を用いて月と共にあった生活から比べると、
街中では夜通し電飾が光り、月明かりを遮るようになってしまいました。

月を感じられなくなった人々の心は乱れ、
特に月のリズムを毎月刻む女性の体に、大きな影響が出て来ています。

婦人科系の病気が急増しているのには、このリズムの乱れが
大きく作用しているのではとも考えられます。

『抗わずに、私らしく生きる。』

それだけで、全てが上手く運んで行く事を、月は教えてくれるのです。

月を知って夢を叶える、
引き寄せ体質になる!!

月のフェーズに沿った目標設定を、ぜひ実践なさってみてください。

ライタープロフィール

Mikoto 月よみ師®
体は月(女性)、心は太陽(男性)、ジェンダーレスな月よみ師、Mikotoです。

ダンス講師兼フィットネスサロンの代表として、大阪市内で月のリズムに沿ったレッスンを提供する等、"心と体の接着剤"である月の大切さをお伝えしています。

星よみ師としても活動を行い、月よみの勉強中に始めた「月よみ×星よみ×ジェンダー」をテーマとしたブログは、多方面で人気急上昇中。
『男』と『女』という鋳型に囚われ過ぎた社会から、個々人の女性性と男性性が生きる社会へ。
『月=女性性』を癒し、輝かせる方法を発信して参ります。
Return Top