月よみ

忙しくてお疲れ気味なあなたへ 『意識するだけ』ずぼら月よみライフのススメ

いつも月よみWebをお読みくださりありがとうございます。
月よみ師の石川エナです。

2月もあと1週間を切りましたね。

この時期は次年度への引継ぎが始まったり、
確定申告やお子様の進級・入学準備などで、
いつも以上に大忙し!なんて方もいらっしゃるのではないかと思います。

忙しい日々に、ココロやカラダはお疲れ気味。
「忙しい時こそ、心身のケアが大事!」
それは分かっているけど、疲れてケアする余裕もない・・・。

そんなあなたに今日は、日本一ずぼらな月よみ師の私から(笑)
「意識するだけ」の超簡単な月よみケアをお伝えします!

人間は月を見上げて生きてきた

仕事に家事・育児など、毎日忙しく生きる私たち。
やらなければならないことに追われて、
気づけば手元にばかり目がいってはいないでしょうか。

3日前はスーパームーンでしたね。
久しぶりに夜空を見上げた、なんて方もいらしたかもしれません。

昔の人は、現代よりも頻繁に
月を見上げていたのではないかと思います。

というのも、明治時代(明治6年)までの日本は、
月の満ち欠けを基準にした暦(太陰暦)を使用して
生活をしていたのです。

この暦では、月のカタチが何も見えなくなる新月の日が
「1日(ついたち)」と決まっていました。

新月から次の新月まで、月は平均29.5日の
規則正しいリズムで満ち欠けをします。

人々は新月から日々変化する月のカタチで
日付を把握していたようです。

月のリズムは自然そのもの。
月のリズムに合わせて生きる人々は、
ココロもカラダも自然と調和して生きていたのではないでしょうか

ちなみに、太陰暦では新月のことを
「月立ち(つきだち)」と呼びました。

「立つ」というのは始まる・スタートという意味で、
「月立ち」は、月の見えない空から月がスタートする日。

今も毎月最初の日を「ついたち」と呼ぶのは、
この「月立ち(つきだち)」の名残りなのです。

女性もカラダにリズムをもっている

現代の私たちは、太陽の動きに合わせた太陽暦を使用して
生活しています。
この暦は月の満ち欠けリズムとは関係なく進みます。

私たちは生まれたときからこの暦で生活をしていますから、
日常において違和感を感じることは少ないと思います。

けれど、日本人が太陽暦での生活を始めてからまだ146年程度。
それまでの過去何千年(少なく見積もっても1200年ほど)、
私たちは月の満ち欠けのリズムに合わせて生活をしてきました。

こうして考えると、私たちのカラダが今も、
月の満ち欠けリズムに影響を受けているとしても
不思議ではありません。

さらに女性は、月経周期という自分自身のリズムを
持っています。

月経周期の平均は28日、月の周期は約29.5日、
この数字なんだか似ていませんか?

いのちを産み出し、毎月同じようなリズムで
月経を繰り返すカラダを持つ女性は、

月と同じ陰のエネルギーの存在のため、
とくに月の影響を受けやすいと言われています。

セラピストをしていると、頑張り過ぎてカラダを壊した、
無理をし過ぎてココロが病んでしまった・・・
という女性のお話をたくさんお聞きします。

そういった方の多くが、ハードスケジュールや不摂生など
不規則な生活をされていて、
自然のリズムからかけ離れた生活を送っていらっしゃいます。

元気なココロとカラダで過ごすためにも、
まずは月のリズムを意識して過ごすことが大切なのです。

月よみアプリでサクッとずぼら月よみライフを始めよう

では、月のリズムを意識するために、
毎日夜空を見上げて月を見ましょう!

・・・と、言うのは簡単ですが、
実際にやってみると意外に大変です。

月が見つからない(新月付近)、
雲に隠れている、
そもそも月が見える場所にいない、などなど。

月を見たくても見れない状況や環境にあることが
現代の私たちには多々ありますよね。

そこで役に立つのが「月よみアプリ」。
今日の月のカタチがすぐに分かるので、
ずぼら月よみライフの心強い助っ人です。

まずは月よみアプリをインストールしましょう!(無料)

月よみアプリ
【アンドロイド版】
https://play.google.com/store/apps/details…

【iphone版】
https://itunes.apple.com/…/%E6%9C%88%E3%82%88…/id1436466283…

アプリを起動するとこんな画面が表示されます。(iphone版)

これが今日の月の情報になります。
ずぼら月よみライフでは、一番上に大きく表示されている
月のカタチを見ます。

はい、以上です。

もう一度お伝えしますね(笑)
月よみアプリを起動して、今日の月のカタチを確認。

「へぇ~、今日はこんな月のカタチなんだ」と
月の満ち欠けを意識する。それだけです。

なにそれ??と思われるかもしれません。
けれど、まずは毎日月に意識を向け、
月のリズムを知ることから始めてほしいのです。

今日の月のカタチを知るだけでも、
月の満ち欠けを意識する立派な行動です。

たったこれだけなら、忙しくても毎日サクッと
取り組めるのではないでしょうか。

そしてたまには夜空を見上げて、
実際の月も見てくださいね。

満月の日には左目で月を見るようにすると、
感性の扉が開くそうですよ。

ずぼら月よみライフのその先へ

今日は、『意識するだけ』のずぼら月よみライフをお伝えしました。

簡単すぎてびっくりされたかもしれませんね。
けれど、忙しくて余裕がなかったり、
お疲れ気味の時に無理して何かをしようとしても、
なかなか長続きはしないもの。

であれば、毎日たった数秒でも
月に意識を向けることから始めてみましょう。

月に意識を向けることで、徐々に自然のリズムを
自分の中に取り入れることができます。

そして、月よみのことをもっと知りたいと思ったり、
余裕があるときには、
アプリの下にある「月よみトピックス」を
覗いてみてください。

今お読み頂いている月よみwebにつながります。
この月よみWebには、月よみ師によるたくさんのセルフケア方法、
その日の月のエネルギーを最大限に活かすための秘訣を
伝える記事が毎日更新されています。

月を生活に取り入れる月よみライフで、
ココロもカラダも健康に過ごしていきましょう!

最後までお読みくださりありがとうございます。

ライタープロフィール

石川 エナ 月よみ師®
夫婦・恋愛パートナーシップ専門の心理セラピスト。
愛する人と、愛し愛される関係を育むことで女性の人生はさらに輝くと信じ、月よみと性愛の智慧を伝えている。

横浜生まれ横浜育ちのハマっ子。
セックスレスやコミュニケーションのすれ違いなどの夫婦関係に悩み、二度の離婚を経験。性愛や月よみに出会い、現在は最高のパートナーと婚約中。

趣味は音楽鑑賞。
ストレートな気持ちの歌詞でよく泣く。
好きなアーティストはAqua Timez。
パンダ好き。

認定
性愛セラピストトレーナー
性育エバンジェリスト(性育認定講師)
月よみ師
Return Top