月よみ -inner independence-

ちょうど月が半分の今日、自分も半分/半分内観をして、心の調整を図るとき。

こんにちは。月よみ師のちemiです。

いつも、ありがとうございます。
今日も、ありがとうございます。

寒さもひと段落、少しづつ、春の匂いを感じる毎日ですね。
お元気ですか~?


季節の変わり目は、少々、心が揺れ動くことがありませんか?
こんな時季は、月の力をかりて、内観を深めてほしいな~と思います。

今日は、「下弦の月~かげんのつき~」です。

満月から新月に向かって
少しづつ欠けていく、途中の半月のことです。


20日に日付が変わって直ぐに、乙女座・満月を迎えました。

それも、今年最大のスーパームーン。

天候には恵まれず、月光は儚かったですが…
そこには、確かに存在していました。

大きな月のエネルギー…。
そして、満るエネルギーから欠けるエネルギーへと移行し
今日の下弦の月を迎えました。

「手放し期」  下弦の月から、新月までの時期は
「断捨離期」
「デトックス期」
と言われます。

主に
☆身体のデトックス
☆心のデトックス
☆人間関係のデトックス
☆お仕事の整理や手放し
☆お部屋の片づけ
☆物の手放し、断捨離
などです。

この時期への流れをつくるために
「下弦の月」当日の今日は、
クリアな自分と影の自分の内観を
深めてほしいと思います。

自分の、半分・陽/半分・陰のバランスを
大切にする日です。

日本人は、自己肯定感が低い?

日本人は、自己肯定感が低いと言われています。
実は私も、例外ではありません。

でもこれは、悪いことばかりではなく、
日本人の奥ゆかしさ、謙虚さなどの性質からなるものなら、
それは、とても素敵な、受け継ぐべき姿勢かなと思っています。

とはいえ、自己肯定感の低さは、
なかなか生きづらさが伴うと感じています。

自分の良いところも分からないと、
自分が何者なのかも時折わからなくなる。自分迷子状態です。

好きなことは・・・?
嫌いなことは・・・?
したいことは・・・?
答えたとしても、ほんと?

自分の答えが信じられない。
嫌いなことより、嫌なことより、
自分の好きなことがはっきりと分かる自分になりたい。

満月までの間に、膨らんで湧き上がった様々な感情が
欠ける月のエネルギーで、落ち着きを取り戻そうとします。

そこで今日は、  感情の中でも
嫌いなことや自分の中の嫌な感情にフォーカスして

この先のデトックス期に向けて、整理して
流す準備をしましょう。

陰を整えれば、自然に自分の中のバランスが
整います。

今日、しっかりと考えておくと
明日からの過ごし方がスムーズになります。

デトックス期をスムーズに過ごしていけると
☆月が味方になって、日常をより良いエネルギーへと導いてくれるように~
☆次の引き寄せ期は、素敵な出会いに、恵まれるように~

そんなイメージを持って、自分の半分/半分にフォーカスを…
そして、自分の中のジメ子やイジ子やヤミ子やフテ子を
整理しておいて、

明日から優しく
「今まで、ありがと」と流していくと
新月には、ちょっと前の自分より
キラキラの増えた自分に会えるはずデス。

わくわくするでしょ。


キラキラ☆、キラキラ☆
そんな、自分の輝きは
そもそも、自分が持って生まれたものだから、

月の満ち欠けの流れにそって
息をしていくと
自然に自分の輝きを思いだす
キラキラ☆、キラキラ☆

 自分に自信が少しずつ付くと「愛しさ」が増し
自分にも感謝が生まれる
そしたら、見える景色も変わってきます。

今の自分を、昨日より好きになる
今日、初めの一歩
「下弦の月」から、始めましょう。

今日も、あなたが笑顔でありますように~

ちemi

ライタープロフィール

ちemi 月よみ師®
東京都足立区生まれ
s42・5・5
月相24
月星座 魚座 水
太陽星座 牡牛座 地

亡くなった人を送る仕事をしています。
生活の力を上げるためにと22年前に始めた仕事でしたが、その後独立する先輩と共に会社を立ち上げて、設立19年・現在に至ります。
様々なことを経験しながら会社を営み、全ては人との出会いに尽きると実感。

2014年病気になったことをきっかけに、身体と心は繋がっているということを教えていただき、自分自身と向き合うことの重要性に気がつく。
月から学び、ありがとう曼荼羅に学び、ハンドケアセラピーを学び。
その中で月に習うことで、自分で自分を知り整えていくことの大切さを日々感じています。
Return Top