月よみ

うお座新月から始める! 5分でできる”開運瞑想法”であなたも「幸運体質人」に!!

こんにちは!
月よみクリエイターmotomiです。

明日01:04に、月はうお座で新月を迎えます。

スピリチュアルな意味を持つうお座の新月から、
5分でできる超簡単な「月をイメージする開運瞑想」を始めませんか?

続けることで、願い事もどんどん叶う”幸運体質”のあなたへ変わっていきます。

うお座の新月にこそ!開運瞑想を始めよう!!

3月7日の新月は、月の背後にある星座がうお座なので、
うお座の新月と呼ばれます。

12星座にはそれぞれ得意分野があり、
うお座は、”見えない世界”が得意です。

うお座の新月の願い事キーワードは、
「癒し」「想像力」「慈愛の心」「霊的な敏感さ」「内なる幸福感」など。

願い事をされるときには、ぜひこれらのキーワードを
意識してみてくださいね。

このように、見えない世界との繋がりが深いうお座の新月ですが、
新月の願い事をする前にぜひお勧めしたいこと
それが「月輪(がちりん)瞑想法」です。

瞑想なんてしたことがない。
瞑想苦手なんだけど。。。という、
瞑想初心者のあなたにこそ、試していただきたい!!!

月をイメージするだけの5分間瞑想です。
電車の中でも、寝る直前でも、
目を瞑りさえすれば、どこでも簡単にできるんです。

月輪瞑想法は、
何かスムーズに回らない、
人間関係に悩んでいる、
気分が落ち込んでいる、
マンネリを変えたいなど、
目の前が閉ざされたように感じている時にお勧めです。

この開運瞑想法で、
明るい未来を感じることができるようになるでしょう。

月輪(がちりん)瞑想法とは?

月輪(がちりん)瞑想法は、元々、
密教の月輪観(がちりんかん)という観法から由来するものだそうです。

私は、初めてこの瞑想法を行った時、
お月様の柔らかい光に包まれ、
その慈悲深さに涙が出て、感謝の気持ちが湧いてきました。

それでは、月輪(がちりん)瞑想法のやり方をご紹介しますね。

①椅子に腰掛けて軽く目を閉じ、背筋をまっすぐにします。
この姿勢で、2〜3回深呼吸します。

②胸の前に、鏡のような月(立体のボールのような月)をイメージします。その月が白くぼんやりと輝いています。

③月が少しずつ大きくなり、自分の大きさを超えるイメージをしてください。
その月が自分自身そのものになり、そのまま、どんどん大きくしていきます。

④やがて、月の大きさは、日本列島サイズ、地球サイズ、
そして宇宙へ向かってどんどん大きくなっていきます。

その中には、嫌いな人も好きな人も、
外国人も犬、猫、鳥、虫などあらゆる生き物、海や山も全てが含まれています。

もちろん、あなたもこの中にいます。

⑤月は宇宙と同じ大きさになります。あまりにも巨大なので、
もう月の縁は見えず、柔らかな白い光だけが満ちています。

この中にはあらゆる星座、全宇宙が含まれています。

⑥少し光を感じてみます。その光によって、自分の問題や、
すべてのものが浄化されるイメージをし、しばらくそのままでいます。

これは、一生懸命にイメージしなくても良いので、
漠然と夢でも見ているような楽しい、ラクな感じで行いましょう。

気持ちよく行えば、うまくいってるサインです。
「すべてはうまくいっている」と心の中で唱えるのも良いでしょう。

⑦ここで虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)の存在を感じます。

虚空蔵菩薩とは、宇宙の神格化です。
難しく考えずに、菩薩様の慈悲に包まれていると思いましょう。

この時、「南無虚空蔵菩薩(なむこくうぞうぼさつ)」と3回唱えてください。

こちらが虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)様です。

⑧じゅうぶんに、月と虚空蔵菩薩を感じ、楽しんだら、
今度は月をだんだん小さくしていき、
地球サイズ、日本サイズ、そしてあなたのいる場所まで戻ってきます。

⑨そして、最初に行なったように、月が胸の前にあるイメージをします。
その月があなたの身体の中にスゥーっと溶け込むイメージをして終了です。

*この瞑想法と、虚空蔵菩薩の画像は、
宿曜占星術家の羽田守快さんの著書「密教宿曜占星術」から引用させていただきました。

月輪瞑想法は、思いついた時に、できれば毎日続けていると、
心が明るくなり、悩みからもスルスルと抜けることができます。

参考までに、
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)様のことを調べてみました。

虚空蔵とは宇宙のような無限の知恵と慈悲が収まっている蔵(貯蔵庫)を意味し、
人々の願いを叶えるために蔵から取り出して知恵や記憶力、知識を与えてくれるとされています。
〜仏像ワールドさんより〜

私は、この瞑想法を夜、ベッドに入って行うことがありますが、
そのまま深い眠りにつくことができます。

ただ、その時は途中から記憶がありません。
そんな感じのゆるゆる瞑想でも大丈夫ですので、是非、トライしてくださいね!!

ポイントを伝授!〜瞑想法のおさらい

もう一度、瞑想法をおさらいしましょう!

椅子に座り背筋を伸ばし、目を瞑る。

胸の前に月をイメージし、だんだん大きくしていく。

宇宙の大きさまで来たら、白い光だけの世界をイメージする。

光の中で、すべての悩み、問題が浄化されるイメージをし、しばらくそのまま浸る。

虚空蔵菩薩の存在を感じ、南無虚空蔵菩薩(なむこくうぞうぼさつ)と3回唱える。

月の大きさを縮めていき、あなたの胸の前まで戻ってきたら、その月が身体に溶け込むイメージをする。

はい!!これだけです。

慣れてくれば、全行程を3分で行うこともできます。
1日のうちのどこかの、たった3分を、是非、この瞑想に使ってください。

寝る前、起きてすぐ、電車の中、コーヒーブレイクの時、
家でゆっくりしている時など、目を瞑ることができれば、どこでもできます。

幸運体質人(こううんたいしつびと)は、願い事も叶いやすい!

瞑想法を試してくださったあなた!!
とっても気持ち良いと感じませんか?
気持ち良いと感じることが大事です。

この気持ち良さがあなたの波動をアップさせていきます。
そしてあなたは、”幸運体質人”になるのです。

ですから、願い事もサクサク叶っちゃう!

うお座の新月の願い事のキーワードには、
「被害者意識の解放」というものもあります。

被害者として生きるのを手放し、あなたご自身が主役として、
能動的に生きることを選択するチャンスです。

この瞑想法を実践すれば、その切り替えもスムーズにできるでしょう。

一人で何とかしようと頑張っても、
上手くいかない時は、大きな宇宙を意識してみましょう!!

月はいつもあなたの味方です。
月のパワーを信じ、瞑想を続けてみてくださいね。

motomiのブログにも遊びにいらしてくださいね!
毎日の生活にちょっとスピリチュアルを取り入れて、Happyに過ごす情報などもお伝えしています。

・ブログ
https://ameblo.jp/tiara-soul/

・ホームページ
https://www.support-happylife.com/

ライタープロフィール

片桐元美 月よみ師®
毎日の生活に、宇宙からのエッセンスを取り入れて、人生をよりハッピーに創造していくお手伝いをしています。
10年ほど前のガン体験から、現実は自分で創っているという感覚に目覚め、現在までヒーラーとして活動してきました。
今後は、月と身体にフォーカスし、月よみ師として、スピリチュアルとリアルの両方を取り入れた"スピリアル"を目指して活動して行きます。

趣味はハープを奏でること。
国内外の自然のスピリチュアルスポット巡り。
ハワイ、マーメイド、龍神が大好き。
夫と娘と共に東京在住。
大分市出身。
Return Top