月よみ

今「思うように物事が進まない」と感じている方へ~その原因と対処法

月よみ師の赤居実花です。
明日は上弦の月。明日から満月に向かって満ちて行く、満月(+)期に入ります。
何と!2回連続で、「上弦の月前日」の担当です。

前回は、春を快適に過ごすために、肝臓を元気にするセルフケアとオススメハーブをお伝えしました。

前回の記事はこちら↓
「この時期必見!肝臓の働きを助けてくれるセルフケアとは?」

満月(+)期に月のパワーを存分に受け取るには、「肝臓」に意識を向けること。
また、春は東洋医学では「肝臓」の季節なので、ダブルで「肝臓」を意識をして、セルフケアをすること。
いづれにしても「肝臓」に意識を向けた過ごし方には変わりありません。

しかし今回は、前回の満月(+)期とは、大きく違っていることがあります。

それは、水星が逆行していること!

満ちて行くパワーに溢れた上弦の月からの満月(+)期なのに、向かい風が甚だしい、そんな状態の星の動きなのです。

あなたの心を乱す「水星の逆行」って何?

太陽の周りを地球と同じように回っている星たちは、それぞれ違う速度で動いています。
地球から見て、水星の方が速度が遅いと、後ろに進んでいるように見える時があります。

わかりやすく電車に例えるなら、二つの電車が同じ方向に同じ速度で走っている時、片方の電車に自分が乗っていていると、お互いが止まっているように見えます。

自分の乗っている電車の速度が速いと、もう一方の電車は、ズルズルとバックしているように見えます。

地球から見て、他の星が「後退するように見える時がある」のが「逆行」です。

月の位置が私たちへの影響が大きいことは、この月よみwebマガジンをお読みの方なら、体感されている方も多いと思います。

それと同じく他の星も、その位置によって、地球に住む私たちへの影響もいろいろ変わってきます。

今回の水星逆行の時期は、3/6〜3/28です。

水星の逆行の時期は、ストレスがいっぱい

水星が逆行すると、どんなことが起こりやすくなるのでしょうか?
・仕事や計画の遅延
・メールの返信、手紙の返信など「返事」がなかなかこない
・勘違いや誤解が多くなる
・やり直し、見直しを迫られる
・コミュニケーションがうまく取れない
・無くしたものが戻ってくる
・長らく会っていない人と再開する

「スムーズに流れない」ことが多いですね。

私も3/6からは、乗る電車がほとんど遅延。急いでいるときに、コインパーキングが全て満車。
間違ったメールを相手に送る、など、うまくいかないことを多々体験しております。

ストレスを溜めないようにしたいと思っていても、ストレスが溜まることが起こりやすくなっています。

ストレスを減らし、肝臓に怒りをためないとっておきの方法とは?

思うように物事が進まないと、イライラ、イライラ。
イライラは肝臓にとても負担がかかります。

東洋医学では、各臓器に「感情」が溜まると言われ、
肝臓は「怒り」とお伝えしました。

日頃のストレスが溜まっていくと、「怒り」は大きな塊になっていきます。

「怒り」はためずに出すことが大事と、前回もお話ししましたが、「怒り」の塊を作らないためには、日々ストレスを解消して行くことが大切です。

なのに、なのに! この時期、ストレスが溜まることばかりが起こりがち。
だって、水星が逆行しているから。

だったらもう、いっそのこと
「水星逆行のせい」にしてしまいましょう!

そう、ストレスを減らし、怒りをためないようにする方法は、
「水星逆行のせいにしてしまう」ことです。

起こっていることは、どうしようもないことばかり、だれかが何かが悪いわけではありません。

重要なのは心の持ちようなのですから、水星逆行してるから、仕方がない…とまず思うこと。それだけでふっと力が抜けて、気が楽になりますよ。

それでもイラついてしまうというとき、心を落ち着かせるための具体的な方法をお伝えします。

日常できる具体的な方法は、
・深呼吸(自分のペースで、ゆっくり3回で心も体も落ち着きます)
・体を動かす(ちょっとしたストレッチ、体操は効果大)
・自然に触れる(月を見る、空をみる、草木に触る、自然の音を聞く)
・お茶やハーブティーを飲む

日常でできる簡単なことです。
この当たり前のようなことが、実はとっても効果的です。

私のおすすめは、10〜15分のお散歩。
近所の公園や職場の周りなど、自然に目を向けながら、ゆっくり歩くだけで、
脳みそがリラックスします。

神経を落ち着かせるオススメハーブ

★ハイペリカム(セイヨウオトギリソウ):ハーブティーでは「セントジョーズワート」名で販売。

★アヴェナサティーバ(オートムギ)「オートムギティー」で検索。

★バレリアナ(セイヨウカノコソウ):ハーブティーでは「バレリアン」名で販売。独特な匂いがし、好き嫌いが分かれるかも。サプリメントやバスソルトにして販売されているものもあり。

★カレンデュラ(トウキンセンカ):心や体が傷ついた時に。他のハーブとブレンドしてハーブティーにしてもまろやかに。

※左のハーブ名は、花や茎、葉などをアルコール抽出したマザーチンクチャーの扱いであげています。生のハーブや乾燥ハーブなどでお求めの場合は、カッコ内のお花名でお調べください。

水星は3月28日まで逆行しますが、3月21日の満月までは、他の星や星座の影響も大きく働きますので、「肝臓」に意識を向け、過去に起こったことも振り返りながら、ゆっくり、ゆっくり、心と時間にも余裕を持つことが、次への躍進に繋がります。

もともと「肝臓」はプレッシャーに強い臓器です。
冷静に指揮をとるプラス面を大いに発揮させて、水星逆行を乗り切り、
新しいステージに向かって進みましょう!

ライタープロフィール

赤居実花 月よみ師®
ナチュラルセラピスト

兵庫県出身
和歌山在住26年

ホメオパシー、ハーブ、フラワーエッセンス、心理カウンセリング、エネルギーワークなど、自然のもので人を健康に導く自然療法家として活動中。
「自然」が大好きで、自然に親しむ野外活動を始めて20年。
森の中で、皆を元気にする森林療法を始めて10年。
ホメオパスになって4年。
動植物などの「自然なもの」を使って、また自然の中で人を元気にします。
「自然に戻れば、身も心も健康になる!健康になると、自分らしく生きられる!」をモットーに活動を展開。
今後は「月の自然」も感じながら、皆が自分らしく生きられるよう、人を体も心も丸ごとコンサルしていきます。
Return Top