月よみ

平成最後の新月は4月5日!それまでにやっておきたい3つのこと

数秘を愛する月よみ師 かなみです。
暖かい日がふえてきましたね。
最近「平成最後の〇〇」という言葉をよく聞きますね。
では、平成最後の新月は・・・
4月5日です。

今回は、この平成最後の新月までにやっておきたいことをお伝えします。

満月の春分の日と改元の日を数秘からみると

数秘の世界では5月がキーポイントといわれてます。
元号も変わりますからね!

特に今回は、変わる日が決まっている!わかっている!
心構えができるんです。昭和から平成への移行の体験を覚えている方なら、今とあの時では全然違う雰囲気なのがおわかりになるかと思います
なかなかできない新しい経験ですね。

なかなかないといえば、3月21日の満月は春分の日と重なっていましたが、これは19年ぶりだそうです。
前回は2000年。2000年代最初の年に満月と春分の日が一緒。
そして19年ぶりの2019年、平成最後の年に一緒。

2019年、19年ぶり、と1と9が目につきます。数秘は1~9までの数字で見ていきます。1から始まり9で終わる。
1と9。始まりと終わり。まさに時代が変わろうとしています。

1から始まる長い長い1000年代が終わり、2から始まる2000年代が始まっています。

1は男性性を表す数字。パワフルに突き進みますが強く頑固なイメージもあります。
2は女性性を表す数字。陰陽ともいわれ、受容性や包容力があり、繋がりや協調性のある柔らかいイメージです。

昭和から平成へと時代のイメージもかわったと思いませんか?
権力で頭ごなしに従わせる、従う時代から、男だから女だからというだけで決めつけられたりしない、いろんな価値観を認め合う時代へと。

これからはさらに、今までの常識は通用しなくなると言われています。
新しい時代の始まりに向けて、今だからこそできることをお伝えしていきますね。

4月5日までにすきまをつくっておく

本日は3月28日 下弦の月です。3月21日の満月から1週間がたちました。
あと1か月後には改元に伴うスペシャルGWが始まっていますね。

平成最後の1か月。
あなたはどう過ごしますか?

新しい元号の最初の年はどんな年にしたいですか?
悔いのない平成。スタートダッシュをかけたい新しい時代。いまから考えておきたいところです。

ちょうど今は月が欠けていく期間です。
今日までは、満月(-)期と呼ばれ、満月だ宇宙元旦だとワクワクした月からもう半分になりました。
これから4月5日の新月までは、新月(-)期。さらに月は姿を消していきます。
手放しにはちょうどいい時期になります。

新しい時代に向け、まずはモノを手放してすきまをつくりましょう。

すきまといっても、「つめてつめて~」とぎゅうぎゅう寄せ合って、「ここあいたよ~」と無理やりスペースを作るものではありません。
さらにそこに詰め込むものでもありません。いらないものは手放して、ちゃんと空間をつくりましょう!

その余裕が、新たなものを呼び込めるのです。そのためにはやはり手放しの作業が必要になってきますね。

暖かくなってきたこの時期、もうこのコートはいらないかな。分厚いセーターは脱いでもいいかな。そんな気持ちを感じてみてはいかがでしょうか。
この時期の、新月に向かう月のエネルギーを活用して、新しいことが喜んで入ってきたくなるような清々しい空間を準備しておきたいものですね。

足元を固めるためにグラウンディング

そしてこの時期にもう一つ。
今の季節といえば・・・

桜。

桜はとてもきれいですが、儚いイメージもあります。
桜が満開の木の下にいると、とても美しくこの世のものとは思えない夢をみているような、別の世界にいるような感覚にもなります。

きれいな花を咲かせるためにもは、根をしっかりはることが大事なように、自分の足元をかためておくのも大事です。

そこで!グラウンディングが大切になってきます。

両方の足の裏を、しっかりと大地につけて、その足の裏から、桜の木のように根をしっかりと地中にはっていくイメージをしてみましょう。

簡単なワークですのでぜひやってみてください。

今、許せない感情を手放すチャンス

突然の私事ですが、今年花粉症デビューしたようです(泣)
花粉症の人たちからは、「ようこそこちらの世界へ」などと歓迎?されていますが、今までは他人事だったのにこんなにつらいものなのだと痛感しています。

フラワーエッセンスでもかなり改善されたのですが、4月15日におのころ心平先生がトークイベントをされるリズ・ブルボーさんの「自分を愛して」(病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ)の本の「花粉症」のところを開いてみました。以下抜粋です。

  もしあなたが花粉症だとしたら、からだからあなたへのメッセージはこうです。
「あなたは、そろそろ、『許し』を実践しなければなりません」
~中略~
『許し』を通じてのみ、あなたは、自分が経験したことを変容させることができます。
許すということは、許せないでいる何かを手放すことです。
まずは嫌な感情やわだかまりをもっている、そんな自分を認め許すこと。それから、その許せない、許したくないという感情を手放す勇気を持つこと。勇気ある手放しが変容をもたらし幸せになっていくのです。
この時期に症状が出て、おのころ先生からこの本を思い出させてもらう。。
やはり 「いま」がタイミングなのでしょう。
あなたは今、許せていないことがありますか?
あるとしたら、今がチャンス。その時が来ているかもしれません。
月のエネルギーと改元のタイミングが味方をしてくれますよ。

あなたにとって、素敵な変容が訪れますように♡

ライタープロフィール

山下純子 月よみ師®
月よみ師®
すうじつかい®︎
フラワーエッセンスプラクティショナー

20代前半にパニック障害を発症。車や電車にも乗れず、人ごみも苦手で限られた範囲で生活する。
家族ともっと行動したいと一念発起。
フラワーエッセンスやヒプノセラピーなどでかなり改善する。
その後、やりたい時にやりたい事をする!をモットーに行動範囲を広げ、月に導かれ月よみ師となる。
これらの出来事を経て、誰もが幸せになれるのだと実感。
自分に隠された強みを知り、納得して幸せを掴むセッションを行っている。

横浜生まれ横浜育ち。
癒し系 怒らない ように見えるらしい。
座右の銘 転んでもただでは起きない。
パンとスイーツと海が好き。
Return Top