月よみ

潜在意識は知っている!?平成最後の新月前の心のデトックスは月のパワーで

いよいよ「平成最後の1ヶ月」である4月が始まりました。
4月といえば新年度・新入学・新学期…と日本では「始まり」のイメージが強い月。
でも今年は何かというと「平成最後」と「終わり」を意識させられることが多い、珍しい4月ではないでしょうか。

ちなみに月の動きを見てみると、昨夜4/1の23:58にうお座に入った月は4/5の17:50に新月を迎えます。
もう聞き飽きていらっしゃるとは思いますが…平成最後の新月です

平成最後の新月からのひと月をスッキリ軽やかに迎えるために。
手放しにピッタリなタイミングの今だからこそ、の月のパワーを活かした簡単なデトックス方法をご紹介させていただきます。

忙しくても、手放したいものがたくさんあっても、これだけで大丈夫

下弦の月(半月)から新月に向かうこの時期。
お月さまがどんどん細くなっていくように、手放し・デトックスのタイミングと月よみでは考えています。

デトックスは心身ともにしておきたいところですが、今回は「心のデトックス」についてのご提案です。
それはこんなアファメーションをするだけ。

「今の私に不要な負のエネルギーがなくなりました」
「私が△△することを妨げている負のエネルギーがなくなりました
(△△はご自分がしたい!と思っているのにうまくいかないことを入れてください。特になければ最初の文章をお使いください。)

語尾は「なくなりますように」「なくなることを意図します」など、ご自分がしっくりくるものにしてくださいね。

太陽は顕在意識、月は潜在意識の象徴

月は潜在意識の象徴といわれます。
明後日4/4の11:56まで月が滞在するうお座は、ふんわりしたイメージや無意識の世界。
キッパリ物事を決めるようなことは、あまり得意ではありません。
ですから、先ほどご紹介したようなアファメーションがピッタリなのです。

潜在意識はその名の通り、自分では認識できない自分の意識。
だから顕在意識ではわかっていないことも潜在意識は知っている、と言います。

自分では気がついていないけれどいらないもの。
認めたくはないけれど、自分の邪魔をしているもの。
等々、自分でつくる「手放したいものリスト」には載らないけれど本当は手放した方がいいものたちを、潜在意識がリストアップしてくれるでしょう。
そしてそれは顕在意識で認識しなくても大丈夫。
ただ、自分と月のパワーを信頼して「おまかせ」してくださいね。

滅多にない「終わりの4月」を軽やかに楽しんで、新しい時代をお迎えくださいね。

ライタープロフィール

朋子 月よみ師®
1968年 東京生まれの千葉育ち。

バブルを経験したベテランOL。



三十代後半、残業やストレスが多い仕事中心の生活でセルフケアが必要だと気づく。たどり着いたストレッチ教室で「

カラダが変わればココロも変わる」を数年がかりで実感。人生の転機となる。

偶然目にしたツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、月とココロとカラダのつながり、図星だらけの月からのメッセージを知れば知るほど、

<月よみ>で本来の自分を知り、受け容れることで生きやすくなるとの想いを深め、月よみ師に。



好きなことは、散歩・高いところから景色を眺めること。
Return Top