月よみ

新年度がスタート。自分の軸がブレ気味でもコレさえ忘れなければ大丈夫!

4月から新しい環境での生活が始まった方やそのご家族、また環境は変わらないけど心機一転、新しい気持ちでスタートをきった方もいらっしゃると思います。


ドキドキしながらスタートしてもうすぐ2週間。
やっとペースが掴めてきたと感じる反面、お疲れもでる頃ではありませんか?

今、太陽は春分から牡羊座に入っています。
12星座の1番目、物事の始まりです。

月は、昨日11日の12:31よりかに座に位置し、明日の上弦の月もかに座で迎えます。

かに座は感情を司る星座。
他者と協調することを好みココロの結びつきを大切にします。

この期間は特に、自分ではない誰かの感情を引きずって、自分の軸がぶれてしまうことが多くなりがちです。
そんな時に、これさえ忘れなければ大丈夫! ということを今日はお伝えしたいと思います。

月の視点から自分の「感情」(軸)の傾向を知る

月よみWebマガジンではもうおなじみの月星座。
太陽星座は一般的な星占いでつかわれる星座です。
あなたが生まれた日に太陽が運行していた星座のこと。昼間の自分というイメージでしょうか。

月星座はあなたが生まれた瞬間に月が運行していた星座のこと。
あなたの内面、ココロの深い部分にある傾向などを示します。

ご自身の月星座の調べ方はこちらから
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

月星座から、あなたの「感情」(軸)の傾向を見ていきましょう。

12星座はその性質から火・地・風・水の4つのグループに分類されます。
この4グループから、あなたの軸が自分軸か他者軸、どちらの傾向が強いか見ていくこともできるのです。

自分軸…「火」のグループ: おひつじ座、 しし座、 いて座
「地」のグループ: おうし座、 おとめ座、 やぎ座

他者軸…「風」のグループ: ふたご座、 てんびん座、 みずがめ座
「水」のグループ: かに座、さそり座、うお座

自分軸、他者軸とは?

私は、自分軸、他人軸をこのように解釈しています。

自分軸→自分の楽しみや幸せを持っており、自分が心地よいと思える選択をしている。
周りの評価より自分に正直に在ろうとする。

他者軸→世間一般の正解が気になる。
周りとの調和を図り、誰かの期待に応えようと頑張る。依存する傾向にある。

月の視点では、生まれつき自分軸で動くのが得意な星座と、無意識のうちに他者軸になっている星座に分類されます。

私は太陽星座も月星座も他者軸です。

月の視点では、生まれつき軸がブレやすい他者軸の傾向にあります。
でもその分、柔軟で自由に変容できる利点もあります。
私はこの月の視点が腑に落ちて月を学び始めました。

他者軸の傾向が強くても、コレさえ忘れなければ大丈夫!

話は最初に戻りますが、4月は新しい場に入っていく機会も増えます。
最初が肝心と、ワクワクドキドキしながら集まりに参加するも、どんより疲れて帰宅する事、ありませんか?私は、毎回そんな感じでした。
そして、ある時、「見に見えないけど1番大事な忘れ物をしている」ことに気づきました。さてそれは、何でしょう?それは私自身が
「その場を楽しむために何をするか、何を得たいかをあらかじめ明確にしておく」ということを忘れていたのです。

たとえば、こんなことがありました。

子どもの授業参観に行った時のことです。
行く途中でママ友に出会い、近況報告をしながら教室に入りました。

授業が始まりました。
けれども近況報告は続きます。

本当は違う場所から子どもの様子を観たいのに、その場から離れづらくなってしまいました。
我が子の授業態度が気になりココロここにあらず……

そんな時に、ふと思い出したのです。
「今日、自分は何のために参観に来たのか?」ということを。

そうだった、今日は
「子供がどんな姿でも平常心で受け入れ、成長したところを3つ以上見つける!」
それを決めてきたんだった!

私はママ友に挨拶をしてその場から離れ、我が子の成長をしっかりと見守ることができました。
そして、その場でお会いした誰かのではない私自身の軸で参観を終えることができました。

ワクワクドキドキの場に入った時、一時的に頭が真っ白になっても、一番大事なことさえ意識していれば、こんなふうに軌道修正が効きますよね。

そうすれば「本当は◯◯したかったのに…」という後悔が格段に少なくなるハズです。

平成もあと僅かとなりました。
新年号「令和」が始まる来月に向けて、しなやかな自分軸でHappyな毎日が過ごせますように。

月のこと、ibマッピング、
ひとり息子との日常をブログで書いてます。
良かったら遊びに来てください
https://ameblo.jp/aloha8610/

ライタープロフィール

みつき しほ 月よみ師®
花と蝶好きな
小学生男子の母

長年待ち望んだ子育てに喜びを感じるも、予測不能なことが頻発する日々に自分を見失う事も。
そんな私が大きく舵を切ったのが、
親子で参加した
「お子さんの本当のココロの声
聞こえていますか」(おのころ心平氏 講演)

ここからibマッピングを学び、自然治癒力学校を通じて月よみを知る。

また、月の絵本に惹かれる息子の姿から、月を見ると安心し“私は月側にいる”と思い込んだ幼少期の記憶が甦ったことをきっかけに、月を学び、月よみ師に。


現在は息子との月夜散歩が楽しみ。
女性として母としても只今成長中。

月よみ&インナーチャイルドカード、ibマッピングで女性に笑顔を届けるため活動中。
Return Top