月よみ

いつも忙しいあなたへ「満月の日はボーッとする」をお勧めする理由

こんにちは。ナチュラルセラピスト、月よみ師の赤居実花です。
本日20:12 に満月のピークを迎えます。
月の状態は、月、地球、太陽の順に並び、太陽の光を受けて、月がまん丸に見えるときです。

皆さんは、1ヶ月に1回巡ってくる満月の日を、いつもどのように過ごされていますか?
今日は、「満月の日はボーッとする」をお勧めする理由を、心と体の両面からお伝えしたいと思います。
おすすめのハーブは、満月の日にリラックス&神経を落ち着かせてくれるものを選びました。

満月の日のエネルギーはどんな状態?

満月までは、エネルギーの充電期間
満月のピークを過ぎると、エネルギーの放電が始まります。
ジェットコースターでいうと、最大の高さにガタゴトゴトゴトと登って、
下りに入る、頂点の”あの瞬間”が、満月です(こんな例えでわかります?)

満月は全てのエネルギーが「満ちるピーク」にあります。
満ちるエネルギーの状態で、月と太陽の真ん中にある地球は、引力で引っ張られる力が最大になります。

それは「地球の水分=海水」をも動かし、水分が60〜70%である人間の体も強い引力で引っ張られます。
このパワーを感じ取って、満月時にはいろいろな生命の営みが行われていますね。

サンゴやウミガメが満月に産卵
花の開花
果実の熟成
種の発芽
まだまだ、いっぱいありますが、皆、水分と引力が関係しています。

満月は、自分の体調を観察するチャンス!

人間も生物ですから、同じ影響を受けています。
満月の時は、体にどんな影響があるでしょう。

引力により、血液も引っ張られているので、出血しやすくなる。
頭に血が登りやすい(興奮しやすい→事故や事件が多いともされます)
出産が増えるのは人間も同じ。
女性は、月経にも大きく影響がありますね。

満月でない時には、自分の体の水分の引っ張られ方..なんて、なかなか感じられません。
しかし、ピークの満月時なら、自分はどんな体調になるのか、感じやすくなるのです。

満月に体調不良になる人、例えば、頭痛、むくみ、めまい、体の重さ、などがある人は、体の水分調節が苦手な体なのかもしれません。
傾向がわかると対策も立てやすいので、ぜひ、満月に自分の体を観察してみてください。

心の変化も自然な流れで

さて、満月は、私たちの肉体だけでなく、気持ち・感情にも大きな影響があります。
私たちの日常は左脳的な思考「社会のルールや理性や計算」で動いていますが、満月の日は、右脳的な「感覚や直感」が優位になり、衝動的な行動が増えるとも言われています。

多分、狼男も満月に変身するのは、理性脳が切り替わってしまうからでしょうね(妄想)

理性がなくなるとは、一般的に悪いイメージがありますが、良い面をとらえると、直感や感覚を優位にして、今まで出てこなかった(抑えていた)ことが出てくる時でもあります。

「素に戻る」「心の声が聞きやすくなる」状態の時のヒラメキは、新しい自分になるバーッジョンアップのチャンスかもしれません。

満月パワーを受け取る おすすめな過ごし方

満月パワーを受け取るには、無理に頭を使わないことが肝心です。
満月の日の前後は休みを取って旅に出たり、仕事や家事などの日常を忘れてぼんやりするというのもおすすめです。

そして満月の夜は、月光浴をしながら、ボーとする時間をとりましょう。
特に、毎日ジェットコースターのようなスピードで日々を送っておられるあなた。
ピークであり、切り替えのタイミングである満月の日は、次の期間「放出・手放す」のための準備とも言えます。

右脳が優位なこの日がチャンスです。
「ぼーっとすること」で、感性、感覚、自分と向き合う心、直感力が湧き上がってきます。
実は、睡眠と同じぐらい、ボーッとする時間は大切です。

月のパワーは「根拠なき自信」に満ち溢れていますから、頭で考えず、瞑想、内観を心静かに….
いえ! 何も考えず、ボーーーーっと「月光浴」です。

月光浴をしてもしなくても、頭を空っぽにする「切り替え」時には、深呼吸がおすすめ。
そういえば、深呼吸も月の満ち欠けと同じですね。

大きく息を吸って、身体中に酸素が行きわたり、これ以上息が吸えない!という状態が満月。
そこから、息を吐いていきます。これが欠けていく月です。
吸って、吐いて、と同じく、月も満ちて欠けてを自然の流れで繰り返しています。

とは言え、
日常だけでなく、生まれてきてずっと「ぼーっとしないように」生きてきた私たち。
自然の流れを感じられない体になっていますから、なかなか、「ハイでは、何も考えず、ぼーっとします」とはすぐにできませんね。

かくゆう私も、ぼーっとするのが大の苦手でした。
ゆったり体を休めているはずが、頭では段取りや心配事など、ずーと考えてしまいます。

でも、月や自然の流れで、リラックス&ぼーっとする時間を取るようになってから
「アイデアが湧く」「先の未来にワクワクが増える」「イライラすることが激減」
なんて、楽しいことが起こるようになりました。
私のリラックス&ぼーっとするスイッチの入れ方を伝授します。

①匂い、香りを切り替えスイッチにする。
アロマやお香など、自分の好きな匂いは、鼻から直接脳に刺激が入り、
リラックスのスイッチを押してくれます。
私は、ハーブティーやコーヒーの香りだけでもオンに!

②−1 今、目に見える、または感じることを「実況中継する」
②−2 次に自分がそれに感じたことを口に出す。(ポジティブで)
例えば、月の光が綺麗だなー。お湯が適温で気持ちいい。頬に当たる風が優しい。
この時間が嬉しい。この景色が好きだなー などなど

自然と「感謝」の気持ちが出てくると、上級者です。

神経がなかなか落ち着かない。あれこれ先のことを考えてしまう人へ
神経を落ち着かせるハーブ

★カモミールジャーマン(カミツレ):心身リラックスの代表ハーブティー
毎日長期間飲み続けると、眠れなくなると言う反作用ありなので注意!

★バレリアナ(セイヨウカノコソウ):乾燥ハーブは、バレリアン名で。
漠然とした不安で創造性や自己表現がブロックされている人。神経の興奮。

★パッシフローラ(トケイソウ):乾燥ハーブは、パッションフラワー名で。
「植物性の精神安定剤」です。神経症や高血圧にもgood

★アヴェナサティーバ(オートムギ):滋養強壮作用。精神安定。乾燥ハーブは、オートムギで。

※左のハーブ名は、花や茎、葉などをアルコール抽出したマザーチンクチャーの扱いであげています。
生のハーブや乾燥ハーブなどでお求めの場合は、カッコ内の名でお調べください。

「エネルギー」は目に見えませんが、「元気」「気持ち」の『気』がこのエネルギーです。
月のエネルギーをくれ〜というのではなく、エネルギーを”感じる”ことが大切。
満月の日に頭を働かせないことで、『感覚・感性』を開き、ひらめきや直感を感じて、
人生の追い風にのれますように!

ライタープロフィール

赤居実花 月よみ師®
ナチュラルセラピスト

兵庫県出身
和歌山在住26年

ホメオパシー、ハーブ、フラワーエッセンス、心理カウンセリング、エネルギーワークなど、自然のもので人を健康に導く自然療法家として活動中。
「自然」が大好きで、自然に親しむ野外活動を始めて20年。
森の中で、皆を元気にする森林療法を始めて10年。
ホメオパスになって4年。
動植物などの「自然なもの」を使って、また自然の中で人を元気にします。
「自然に戻れば、身も心も健康になる!健康になると、自分らしく生きられる!」をモットーに活動を展開。
今後は「月の自然」も感じながら、皆が自分らしく生きられるよう、人を体も心も丸ごとコンサルしていきます。
Return Top