月よみ

月のリズムで女性ホルモンが整うと月経不順が改善!

こんにちは。
長野のココロとからだと魂を温めると命が輝く月よみ師のゆかりんです。

長野の里山は春が来るのが遅いので一気に溢れんばかりの野草や花たちが賑やかに咲いています。

昨日は満月でしたね。
まだまだ、満月のエネルギーが続いています。

今日から旧暦の二十四節気では、穀雨です。
穀雨とは、田畑の準備が整い、穀物や植物の成長を助ける雨が降ってくる頃のことです。

こうやって確実に季節も変化していきますね。


四月から新しい生活が始まった方も多いかと思いますが、少しずつ新しいリズムに慣れてきましたか?
今までと違う生活に疲れやストレスを感じやすい時ですね。

そんな時こそ、月のエネルギーを上手く使って活用するチャンスです。

今日は、月のエネルギーと食べ物で女性ホルモンを整えて月経不順が改善する方法を4つのフェーズでご紹介します。

月経のプロセスは、2つのホルモンが主役。

女性が初潮を迎えてから閉経までの間にある月経(生理)は、ホルモンにより整えられています。

特に女性と関わりのあるホルモンには、2つあります。

1つは、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。
エストロゲンは、思春期になって身体がふっくらとなったり、子宮の発育にも関係しています。
毎月、排卵の為に準備をしてくれて、月経から排卵までの期間に分泌され、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くします。

もう1つは、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。
プロゲステロンは、厚くなった子宮内膜を柔らかくしてより受精卵が着床しやすいようにして妊娠に備えます。
妊娠が成立しなければ、子宮から剥がれて月経血となって排出されます。

妊娠するとプロゲステロンがそのまま分泌を続けます。妊娠と出産の準備に大切なホルモンです。
プロゲステロンが分泌されている間は体温が高くなり、月経期とその後の排卵の準備期間は、体温が低くなります。

月経は、子宮内膜の増殖〜剥離〜出血のプロセスです。

月のリズムと共鳴している視床下部。

月経を調整している指令センターが脳下垂体の上にある視床下部です。
視床下部は、月のリズムと共鳴してホルモンを作っています。

視床下部は、自律神経の中枢でもあり、ストレスを感じやすい所でもあります。ですから、ストレスによって女性ホルモンは、バランスを崩しやすく、月経不順などのトラブルを起こしやすくなります。

言い換えるならば、定期的に月経が来るのは、ホルモンの働きが順調で心と体のバランスが取れているということです。
つまり、月と共鳴している視床下部の働きを整えることが大切だといえますね。

新月の頃に排卵して満月の頃に月経がある。
というのか本来の女性のリズムと言われていますが、皆さんはいかがですか?

実際には、満月に排卵して、新月から月経という方も多いようです
そして、定期的でも他の時期に月経となることもあるでしょう。

けれど、月のリズム(満ち欠けまたは、月相)と月経周期が一致していると体のストレスがなくなり、穏やかな気持ちになれます。

食べ物を整えることで月のリズムと共鳴しやすい。

・月経前の一週間くらいは、体の中が変化する不安定な時です。血液の中に老廃物が排泄される為に、それが原因で頭痛や肩こり、お腹の張り、イライラなどが増えます。
この時期は、血液を汚しにくい穀物や野菜を中心にしたり、茹でたものや蒸し料理で油分を少なくしましょう。

・月経中は、できるだけ体を温めることで体の毒素を排出しやすくなります。
この時期は、温かいものや消化のいいものや海藻類、煮物、鍋、野草などを多く摂り血液の浄化をしやすいものがおススメです。
冷やさないようにしましょう。

・月経後から排卵前までは、新しいエネルギーを作り出す準備期間です。
この頃が一番輝きがあり、心も体もリラックスできる時期です。

この時期におススメの食べ物は、少し丸まった形の果菜類や葉菜類や穀物などです。
例えば、玄米、雑穀、かぼちゃ、白菜、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、玉ねぎ、結球レタスなどです。

・排卵期は、体に最もエネルギーが必要な時です。
この時期には、土の中に伸びていく力のある根菜類がおススメです
例えば、ごぼう、人参、大根、蓮根、自然薯、などです。

そして、月を意識することで視床下部にあるホルモン分泌のスイッチが入りやすくなります。

月経周期に合わせて食事を整えて、今日の月は新月だなぁとか満月だなぁとか月を意識することを加えると効果抜群です。

新しい生活の中でも上手に月のリズムを意識してストレスを受けにくい心と体を作り、
心穏やかに日々の変化を楽しんでいきましょう。

長野のココロとからだを温める薬草月よみ師のゆかりんでした。

かり~にゃHP  http://farm88.jp/carinatop.html

アメブロ         http://ameblo.jp/carinanoyukarin

ライタープロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。
Return Top