月よみ

ゴールデンウィーク間近!10連休を思いっきり楽しむための、水瓶座下弦の月のセルフケア

今年の桜は見頃が長く続きましたね。
私の住む大阪も、場所によっては週末まで残っていましたよ。だんだんと桜は散っていきますが、、これからは新緑がまぶしいくらいに清々しいエネルギーを注ぐ季節に入りますね。

さて、平成もいよいよ終わりに近づいてきました。

令和という新しい時代へとバトンタッチされる、天皇陛下退位の儀、即位の儀が執り行われるゴールデンウィークが訪れます。

まさにゴールデンですね!
そしてその前に、明後日27日 7:18に下弦の月を迎えます。

新しい時代へ向けて、私たちのココロとカラダも綺麗に清めていきましょう!ということでしょうか。

明後日の下弦の月は水瓶座です。
水瓶座は「古いルールや習慣を壊し、誰も見たことのない世界を作り出す」という性質があります。

今回の平成から令和へというのも、古いルールや習慣を壊すわけではありませんが、こういう形で元号がかわるというのは初めてで、誰も見たことのない世界が始まるんですよね。
ある意味グッドタイミングな水瓶座下弦の月です。

10連休、楽しく遊ぶためのセルフケア

水瓶座の支配部位は、ふくらはぎ、足首。
暖かくなってはいるものの、油断すると冷やしてしまう部分ですね。今回は、ゴールデンウィークに旅行を予定されている方は、ぜひやっていただきたいセルフケアがあります!

何泊かする旅行で、毎晩カラダのケアをすることも大切ですが、まずは旅行へ行く前に、疲れにくいカラダ作りをしておくと、旅行の楽しさも倍増します♪

まずは今日からふくらはぎのケアをしておきましょう。

① 行く先々で階段があれば迷わず階段を使う。
② 立っている時は、気がついたらカカトの上げ下げをする。
③ 座っている時も寝転がっている時も、片方の膝で片方のふくらはぎをほぐす。
④ デスクワーク中、立ち仕事中、待ち合わせ中、湯船の中で足首をまわす。

通勤中、お仕事中、家事をやりながら、お風呂に入りながら…ながらで出来ることが多いですね。
改めて場を整えてから、気持ちを落ち着かせてから…だと、億劫になるので、ながらで出来ることはどんどんやってしまいましょう!

10連休、疲れを溜めないためのセルフケア

そして下弦から満月に向かうこの期間は、月がだんだんと姿を消していくことから、住空間の整理整頓、断捨離、カラダではデトックス、腎臓のケアなどに適しています。

旅行から帰ってきて汚い部屋だと、一気に現実・日常に戻ってしまいます。
ですが綺麗な空間に戻って来られると、旅行の楽しさの余韻に浸りながら、ゴールデンウィーク明けのお仕事の活力も湧いてきます。

その為には、住空間の断捨離をしておきましょう!

部屋が散らかっていると、思考や感情もパンクしやすくなりますし、カラダも滞りが出てきます。
下弦の月から満月までは、月のエネルギーが腎臓に入りやすいと言われています。

腎臓が疲れるとむくみの原因にもなり、ふくらはぎがパンパンに張ってしまい、旅行どころじゃなくなります。

特に排水溝などは念入りにしておくと良いですよ。

掃除がセルフケア?という感じですが、掃除を真剣にやることは瞑想にもつながります。
ココロのセルフケアです。

部屋を掃除してスッキリした状態で旅行に出かけ、帰ってきたら非日常の余韻を楽しみつつ仕事に戻る。
気持ちに余裕があると、仕事もはかどります。

新しい時代の幕開けを、心身ともにスッキリした状態で迎える準備を今日から始めて、どうぞ楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね!

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top