月よみ

悩みが尽きない子育て。心を軽くする3ステップ

皆さん、こんにちは。
月よみヨッシーです。

どーして、子育てって大変なのでしょうね。

かつて 我が子が不登校だった頃、
毎日、本当に悩み苦しむ子育てでした。

でも、月よみを学び活用していくうちに
それまでのように悩まなくなりました。

楽しめているかといわれると、
正直そうでもないけれど。

でも、心は、断然軽やかになったことは、たしかです!

今回の記事では、子育ての悩みやつらさを減らす3ステップを
お伝えしたいと思います。

ところで、
皆さんは、「正解圧力・同調圧力」という言葉をご存知ですか?
私は先日初めて聞きました。

例えば、
上司から部下へ「君もそう思うよね。」
先輩から部下へ「今までずっとこのやり方だから守ってね。」
先生から生徒へ「やりなさいって言ったよね。」
そして、
親から子どもへ「何回言ったら分かるの!」「言うこと聞きなさい。」
など、

皆さんも、今までにこのような会話を耳にしたこと、
あるいは、思い当たることがありませんか?

現在、毎週100人以上の子どもたちを受験指導している私は、

先生として生徒を
このような「同調圧力」的な対話をしていないだろうかと
振り返るよい機会になりました。

では、「同調」を念頭に置きながら、進めてまいりましょう。

【ステップ1】悩みを知る。自分との同調を求めて過ぎていませんか?
【ステップ2】悩める子育ての解決の糸口。それは月よみでした。
【ステップ3】ココロを軽くするために意識したい3つの言葉。

【ステップ1】悩みを知る。自分との同調を求めて過ぎていませんか?

10連休だった今年のGW、皆さんはどのように過ごされましたか?

長い休みで非日常体験した後、いつもの生活ペースに戻るためには、
エイッと頑張るエネルギーが必要でしたね。
それは、大人も子どもも同じ。

先日、数年前のGW明けに書いた記事を見つけました。
不登校の我が子を何とかしようと奮闘していた頃を振り返る内容です。

【連休最後の夜】
息子が学校を行き渋っていた頃
私は連休最後の夜がイヤでイヤで
たまりませんでした。

息子との会話
息子の表情や雰囲気から

彼は明日 学校に行く気がない

ことが感じ取れるから…

楽しく過ごした連休の思い出は薄れていき…

次第に気が重くなり
家の雰囲気もドヨーンとしてくる

私の出勤時間までに

どうやって彼のテンション上げればよいのだろう。
どのように彼を説得すればよいのだろう。

私が何をすれば息子は学校に行くだろうか?

連休最後の夜は
そんなことを
グルグルと考える時間でした。

(以上 記事の転載です。)

また、
ゆめのたね放送局「月よみヨッシーの月に乗ってツキを呼ぶ」の2018年9月放送回です。
不登校だった当時の様子を一人語りしています。
是非、聴いてみてくださいね。
番組の再生はこちらです。

当時の私は、不登校という問題に直面した時に
「学校は子どもが行くべきところ」

「学校は親が行かせるべきところ」
という世間の価値観や「正解圧力」に飲まれていたのだと思います。

だから、親として
「学校は、当然行くべきところ‼」という価値観の元で、
学校に行かせるという正解を子どもに押しつけていたのですね。

子どもの気持ちを聞くこともなく…。
子どもの気持ちに寄り添うことなく…。

ラジオ番組でも、語りましたが、
私は、今でも「学校は行くべきところだ。」という考えを持っています。

でも、それは、あくまでも私の考えであり、私の生き方なのです。

自分の考えの同調することを求めすぎていたことに気付きました。

子どもが子どもの意志で人生を歩んでいくためには、
目の前の我が子をどのように育めばよいのか?

ここに視点を移すことができたとき、
しだいに、不登校は問題・悩みとして捉えなくなっていきました。

何度も言っていた「部屋を片づけなさい。」という回数が減っていきました。
(決して片づけるようになったという意味ではありませんが…)

イライラしたり涙することよりも、
笑顔で子どもと楽しく会話することが増えていきました♪

【ステップ2】悩める子育てを解決する糸口。それは、月よみでした

早速、生年月日、出征時間が必要になりますが、
あなたと月の関係を調べるからご自身や子どもの月の情報を調べてみましょう。

月よみで何が分かるの?
はい!一人ひとりの才能・個性を読み解くことができます。

えっ――-怪しい!そんなことで・・・解決につながるの?
ですよね。私も初めはそう思いました(笑)

月の形や月星座、そして月の位置(宿曜)から
どうして個性が分かるのだろうって。

それは、月が地球の周りを回っていますことに関係します。

月の満ち欠けが、潮の満ち引きや女性の生理周期に影響を及ぼしていることを
ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

月から発するエネルギーが
地球やそこに存在するあらゆるモノ・コト・ヒトに
影響を及ぼしているのです。

ですから、私たち一人ひとり生まれた瞬間の
・月の形(月相)
・月星座
・月の位置(宿曜)
これらが個性や才能と結びついているといわれても不思議ではないでしょう。

月と地球が密接な関係ということを感じていただけたかと思います
つまり、月と地球は、同調しているともいえますね。

あれっ?同じ「同調」という言葉なのに
冒頭の「同調圧力」の「同調」とくらべて、響きが違いませんか?

なぜそう感じるのでしょう。

それは、月と地球が程よい距離感を保ち、
お互いの個性を尊重し合い存在を認めているからではないでしょうか?

親子関係も月と地球のような関係になると
良好になりそうですね。

先ほど、怪しくてスルーしてしまった方は、どうぞ月よみの世界へ
生年月日、出生時間が必要になりますが、
あなたと月の関係を調べるから、ご自身や子どもの月の情報を調べてみましょう。

まずは、自分の個性を知る。
そして、次に、
子どもの個性を見る。

どんな違いがあるのかを眺める。

私が悩める子育てだったのは、
我が子が持って生まれた変えられない個性や才能を
何とか自分や世間に同調させようと
悪戦苦闘していたからなのです。

月よみを知り活用することで、
その子らしさを伸ばすためにどう育むか?と
考える子育てに変わっていったのです。

変えられないものを必死に変えようとするエネルギーが
悩みやつらさとなって表れているのだとしたら…。

そのエネルギーを減らしていくことで
私のココロは、軽くなっていきました。

月よみを活用する一例は、過去記事でご紹介していますので
併せて、ご覧ください。
月が導く子どもの才能。引き出すための言葉を磨く3ステップ

【ステップ3】ココロを軽くしていくために意識したい3つの言葉。

ココロを軽くしていくためには、
今回の記事でなんども登場した「同調」がキーワードだと思います。

親と子どもが程よい距離感を保ち、互いの個性を尊重し合い存在を認めていくことが
悩める子育てから抜け出す秘訣です。

しかし、個性の違いを認めることって、初めはとても違和感がありました。
だって、今までずっと指摘してきたことですし、
自分にとっては気にいらないこともあるわけですから。

ですから、
まずは、その違いにイライラしそうになる時は、
「そっかぁ、ここが違うところなんだ」と一呼吸置くことを意識しました。

そして、
「何回言ったら分かるの!」「いい加減、言うこと聞きなさい。」と言うかわりに

・あなたは、そうしたい(思う)んだね。
・あなたはどうしたい?
・どのようにしたらいいと思う?

という言葉を投げかけることを意識していきました。

もちろん、毎回うまく対話が進むわけではないけれど、
感情の揺れは激減していきました。

今日からいつもの言葉を意識して
子育ての視点を変えてみませんか?

この記事を目に留めてくださった今日一日だけでも
まずは、試してみてくださいね。

月よみヨッシーのブログでは、ツキ呼ぶお月さまメッセージや子育て応援メッセージをお伝えしています。

ライタープロフィール

月よみヨッシー(松友喜美) 月よみ師®
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。
多くの人たちに接し、ココロに響く会話術、ストレスフリーの人間関係を体得する。

現在、マザースマイル代表。
塾講師、家庭教師として、毎週100人以上の小中高生の受験指導を行う。

同時に、コーチングの資格を取得し、自らの子育てと教育現場の経験を活かし 悩めるママをサポート。
月よみから子どもの個性・才能を読み解き、月よみ教育コーチとしてママと子どもの笑顔を引き出す。

ゆめのたねラジオ放送局 東日本チャンネル
月よみヨッシーの「月に乗って月を呼ぶ」
毎週土曜日12時30分から放送。
Return Top