月よみ

子どもは親を成長させるためにやって来る?~「火」の気質の子どもたち~

こんにちは、月よみ師Tsewang克子です。
(Tsewangはラダックnameで生きる力)子どもは親とは別な人格を持った存在である。

頭ではわかっていても、子育てをしていると何でそんなことを言うの!何でそんなことをやっちゃうの!
そんな思いに駆られること度々ですね。

さて、今日お伝えするのは、前回からの続き、子どもと心地よい関係を築くための月星座活用法です。
月星座のもつ性質を知ることで、子どもをより理解することができ、親子関係がスムーズになります。

前回の記事はこちら

今回は活用法その3「月星座から読み解く気質別アプローチ法」をお伝えします。
効果的な親としての対応にも触れながら、子どもの潜在的な才能を引き出す方法も合わせてお伝えします。

12星座の性質を知る!その3・・4つの性質に秘められた特徴

まず、12星座はその性質から、火・地・風・水の4つのグループに分類することが出来ます。

「火」のグループ➡牡羊座・獅子座・射手座
「地」のグループ➡牡牛座・乙女座、山羊座
「風」のグループ➡双子座・天秤座・水瓶座
「水」のグループ➡蟹座・蠍座・魚座

それぞれのグループにはこのような性質があります。

「火」情熱、動機、衝動、上昇する、突破する、燃える、溶かす…
「土」慎重、計画性、現実的、中心性、変化に対する抵抗、形にする、固める…
「風」自由、移動、コミュニケーション、知性、思考力、深入りしない…
「水」共感、柔軟性、感受性、涙もろい、情緒、芸術、感情、深入りする…

そして、更にルドルフ・シュタイナーの4つの気質と重ねてみると、より深く子どもの持っている気質を知ることができます。

「火」の性質・・・胆汁質 赤色を好む(割り算的な性質)
「土」の性質・・・憂鬱質 藍色・紫色を好む(引き算的な性質)
「風」の性質・・・多血質 黄色を好む(掛け算的な性質)
「水」の性質・・・粘液質 緑色を好む(足し算的な性質)


これら4つのグループの中から、今日は「火」の気質の子どもについてお伝えします。

エネルギッシュで行動力がある、正義感あふれる胆汁質の子ども

胆汁質の子どもを持つお母さんから「どうしてうちの子はこんなに乱暴なのかしら」「お友達にもっと優しく出来たら良いのに」…そんな声を聞くことが多くあります。

子供らしい「熱」を持っていて、少々怒りっぽく、些細なことで周りと衝突を起こすことも多く、融通が利かないタイプとも言える胆汁質の子ども。その中にある「火」の要素を、乱暴、強すぎると受け取っておられているのだと思います。

シュタイナーは、「胆汁質の子どもの教育において最も大切なことは、子どもの中にある強い力をのびのび引き出すことです。また、人生にはたくさんの困難があることを、子どもに気付かせることが大切です」と言っています。

胆汁質の子どもはリーダーシップがあり、チャレンジ精神も旺盛で、『達成感』を得ることを常に望んでいます。

胆汁質の子どもにとって『尊敬できる人物がいる』ことが最も教育的な効果が高いので、親は一貫性のある態度で接することが重要です。

火の性質は、頭ごなしに叱ると子供の短所があらわになることを覚えておきましょう。一方的にることはせず、子どもの行動をなるべく制限しないことです。子供の意見を「聞く」姿勢が大切ですね。

逆に情熱をもって本気で子どもを褒めると長所を伸ばすことが出来ます。

胆汁質の子どもには「難問」が必要です。常に少しハードルの高い挑戦的課題を与えることでぐんぐん成長します。そして逆に簡単な課題を与えて難なくクリアしてしまうと自信過剰になってしまいます。

やっていいこと、悪いことの区別をはっきりルール化し、破ったときには厳しく対応しましょう。忠告するタイミングは、出来事の後から間違った行為を思い出させて話し合いをするのが効果的です。

チャレンジ精神を喚起するような偉人や創業者物語を聞かせるのもよいでしょう。

火の性質の反抗期は強烈かもしれませんが、親は冷静に態度を一貫して臨み、上からではなく対等な大人として接することが大切です。

胆汁質の性質を引き出してくれた母の存在

私は4人兄弟の末っ子として育ちました。社交的で明るく、穏やかでのんびり屋の粘液質の母に育てられた胆汁質の子どもでした。

私が通っていた保育園に障がいをもった男の子がいたのですが、いじめられることが多かったその子をいつも体を張って守っていた記憶があります。

母は、私の性格が強すぎると感じ胆汁質の私のエネルギーを、弱い立場の友達を助けることに向けるよう導いたと言っていました

55年前、母はシュタイナーの4つの気質も月星座の4つのグループのことも知りませんでしたが、母の対応は胆汁質の子どもの強い力をのびのび引き出した一つの例だったのかもしれませんんね。

次回は「風」の気質の子どもについてお伝えします。

ライタープロフィール

Tsewang克子 月よみ師®
東京都生まれ。
月よみ師
量子場師

長女8歳、次女5歳の時に熊、鹿、キツネの暮らす北海道南富良野町の山の中に移住。
その後、
ー自然と寄り添って生きられる、心のこもった美しく暖かい場所ー
そんないえづくりをする光風林の皆さんと家族4人、古い家を自然住宅に改築。

一方で「未来の子どもたちのために新しい教育の場をつくろう!」との想いで親として約10年、NPO法人のシュタイナー学校を作ることに関わってきた。

今後は、親のいない子どもたち、
親がいても苦しいさを感じている子どもたちの
心のひだまりとなる空間を作ることを夢に活動予定。

叶わない夢はない。叶うまでやればいいだけ!
Return Top