月よみ

毎日の「good and new」で新月には、飾ることのない本当の自分の願い事を!

こんにちは。月よみ師®️の葉子です。
7月に入り傘が手放せない毎日ですね。先日、梅雨空の合間に空をみあげてみたら、何層にもなった雲の合間から、ぽっかりと天の先の先まで見渡せるように青空が高く広がっていて
まるで天と地を結ぶはしごがかかっているよう!って思いました。
雨雲の上にも、透き通る空がいつもそこにあるのですね。

かに座新月で、自分の基盤を整える

明日はかに座で迎える新月。
しかも南太平洋~チリ、アルゼンチンでは、皆既日食がみられるという日食付きのとてもパワフルな新月です。
また、かに座の守護星は、月でもあり、まさにホームで迎える特別な新月となります。

2019年後半のスタートの今、こんなタイミングだからこそ、明日の新月の願い事 そして満月への感謝は、しっかり言葉にして、月に届けたいですね。

かに座のキーワードは、家庭、家族、基盤、女性性、自分の気持ち、安定… など
明日の新月は、自分の基盤を整えるチャンスです!

*自分の大事にしたいことは何か?
*自分の家族とどんな関係でどうありたいか?
*どんな場所で、どんな人たちと、どんな風に自分を輝かせたいか

ぜひ自分自身の言葉で、新月の願いごとをノートに書き出してみましょう。
かに座新月の願い事は、月よみ師®️文海(Ayami)さんのこちらをご参考に。
傷を癒して基盤を整える星座、かに座新月で叶える願い

願いごとには、下準備を!

さぁ、願いごとをリストアップ、といざ言葉にしようとしてみたら
本当の望みって?

あれれ、いつのまにか主語が自分じゃなくなっている…
なんだかしっくりこないなぁ…
はたと手が止まってしまったりすることも、あるかもしれません。

母や妻、娘でもある自分、そして仕事の場での自分、その時々の役割を生きるうちに、どれが本当の私なのか、何が本当の望みなのかわからなくなってしまう…

そんな方は、月よみ師®️やまさき郁代さんのこちらの記事をご参考にしてみてください。
叶えたい願いがある方へ。より想いに近づける“新月の願いごとリスト”の作り方月よみ手帳習慣【新月の月ver.】

そう、より自分の想いに近づいて、本当の自分にフィットした願いごとを言葉にするためには、日頃からちょっとした気づきや感じたことを、手帳やスマホのメモに記録しておくと良いようですね。

特に記録していないよ〜という方、
撮りためた写真などはありませんか。
もしくはスケジュール帳などをみながら、2019年の始まりから今までを振り返ってみることをおすすめします。

そして気づいたことや、わきあがってくる想いを自由に言葉に書きとめて、改めて見つめてみましょう。
そのなかに忘れていた自分、本当の望みを発見することができるかもしれません。

今日の良きこと、新しいこと(good and new)をメモしてみる

私は、日々の慌ただしさの中で、まず周りのことを優先してしまい、気づくと自分が置いてきぼりになっていることがよくありました

私の本当の望みって何だろう…
新月の願いごとを前に、リストアップの手が止まってしまったのは、この私です。

今は、自分の想いを大事にするためにも、 今日の良いこと、新しいこと(good and new)を、毎日スマホにメモするようにしています。
冒頭の、天と地のはしごも、電車の窓から見える空に感動してすかさずメモした景色です。
不思議なことに、良いこと、新しいことを記録し始めると、なんだか良いこと新しいことが以前よりも加速して起きている気がします。

そして時々そのメモを振り返ると、
あぁ自分はこういうことに、心動かされるんだなぁ、
こんなことに喜びを感じるんだなぁ、
あ、これは驚きだったよね、などと
毎日が彩り豊かに際立って、自分の想いをゆっくり味わうことができます。

そうして自分の想い、心の声をよく聴いていく時間を毎日少しずつでもとっていくと、自然に自分の本当の望みも溢れてくるんです。

明日の新月の願いごとには、すくいとった自分の心の声と再度向き合って、飾ることない自分の本当の望みを、ノートに紡ぎ出したいと思います。

誰にも遠慮せず、自由にありのままの自分の望みを天に届けて、あなたがあなたともっともっと仲良くなれますように。
あなたの望みが豊かに叶いますように。

ライタープロフィール

葉子 月よみ師®
大学では心理学専攻。
カウンセリング、箱庭療法、乳児期の母子関係など広く学ぶ。
温め続けたカウンセラーへの想いは、不動産会社への就職で一時封印し、営業職として多忙な会社員生活を送る。
その後、結婚を機に専業主婦の道へ。
妻、母となり、その枠組みの中で迷走を深め、常に悩みを抱え過ごす。 
子育ての悩みから思春期のバトル、家族や自身の病気の体験・・・
さまざまなお題に翻弄されつつ、今は遠回りの全ての体験こそギフトであったと実感する日々。
かつての自身のように、行く道に迷う方の足元を少しでも明るく照らせる人となるべく月よみ師に。

封印していていたカウンセラーへの想いを開放、サロン開業準備中。
Return Top