月よみ

これだけで毎日ツキがアップする!未来の時間を輝かせる月よみ手帳活用術

こんにちは。月よみ師®️のみほです。

もうすぐ梅雨が明けると、いよいよ夏本番。
みなさんは、この夏どんなふうに過ごす計画をたてておられるのでしょう。
これからの予定を考えるとワクワクしてきますね。

そんな日々のスケジュール管理、どのようにされていますか。
スマホでしているよって方も、今の時代は少なくないかもしれませんね。

私はというとアナログ人間なので、手帳に書き書きする派です。
今日は、もっと月のことを知って感じていきたいと思っておられる月よみビギナーのあなたへ。
すぐに始められる月よみ手帳活用術をお伝えしたいと思います。
月末にこれをするだけで、ツキがアップすること間違いなしです。

普段使いの手帳に月よみプラスで、毎日がパワーアップ

月と仲よくなる最初の一歩は、日頃から身近に感じて日常に取り入れることです。
そのひとつが、普段使いの手帳を活用すること。
仕事でもプライベートでも、毎日開いてみるものだから自然と近くに感じられますね。手帳の月間カレンダーのページに、私は毎月の終わりに次のように書き込んで月を感じています。

1 .月の4つのフェーズを落としこむ

まずは、「新月」と「満月」。
そして、そのあいだの「上弦の月」「下弦の月」をチェックして書き込みます。
ちょうどその瞬間を迎える時間と、位置する月の星座も忘れずに。
好きな色のマーカーを使うと引き立ちますよ。

(例) 7月9日「19:55 てんびん座 上弦の月」
7月17日「6:38 やぎ座 満月」

ここで役立つのは、こちらの満月・新月年間スケジュール。

これで、その月全体を 4つのフェーズでキャッチして意識化できます。

月を意識し出すようになって、私が最初に始めたことです。
最初は新月と満月からのスタートでしたが、上弦と下弦の月も加わりました。
「今は満ちてきているときだなぁ」って月の満ち欠けをよりイメージしやすくなり、空を見上げる楽しみも増えました。

2.毎日の月星座を落としこむ

次に、毎日の月星座をチェックします。
月星座とは?

月が次の星座に移動する日は、入座する星座と時刻も書き込みます。
その時刻になる前は、ひとつ前の星座という捉え方です。
(例) 7月12日「さそり座」
7月13日「0:05 いて座」

ここでは、こちらの月よみカレンダーが便利です。

月星座というものを知ってからは、その日の月星座もメモするようになりました。
色とりどりのペンで書き込んでいくと、気分もあがります。

作業に少し時間は要しますが。
もうすでに予定が入っている日などは「この日の月星座は◯◯座だな~」と確認もできて、楽しみも増えますよ。
その月星座にふさわしい振る舞いやファッションなどを取り入れることで、ツキがアップしていくのですから。
毎日のパワーアップに、取り入れない手はありませんよね。

例えば、今日と明日の月星座はさそり座です。
さそり座は、深める、集中力、大きな変革・変容などをあわせ持つ、ミステリアスでパワフルな星座。
前から気になっていたことを深掘りするなど、何かひとつでも意識して過ごすといいですね。
さそり座を詳しく知りたい方は、以前の書きました記事をどうぞ。

月のリズムに合わせたさらなる手帳活用法

月よみ手帳活用術の、次のステップです。

月よみ師®️やまさき郁代さんの
「ツキを呼び込む月よみ手帳習慣」です。
4つのフェーズごとに月のパワーを借りて行います。

ちょうど今は、17日のやぎ座満月へ向かう上弦の月ターム。
出逢いや引き寄せの期間ですね。
たった1冊の手帳習慣+月のリズムで、出会いの「ツキ」をもう逃さない!月よみ手帳習慣【上弦の月ver.】

この時期は、新しく出会った人、もの、初めて行った場所などを手帳にメモしておくといいですね。
今日1日を振り返って書き出してみると、そこには何らかの私の感情が伴っているはず。
その感情も併せて心に留めると、私が私を客観視できます。

あなたも、今日の「新しく出逢った◯◯」を書き出してみませんか。
今日のひとつの小さな点がこれから先の点と結びついて、何か大きな気づきや出来事につながることでしょう。

手帳を選ぶときって、これから1年のお付きあいなので迷いに迷ってお気に入りの一冊を選びますよね。
もともと月を意識して作られている手帳もありますが、あなたがときめいた今の手帳を存分活用してみてください。そして、仕事のことから家族のイベント、あなた自身の予定など、これから先の未来の時間が一目で分かる大事な一冊です。

あなたのお気に入りの手帳に月をプラスして、あなたの未来の時間が、さらに輝きを増していきますように。

ライタープロフィール

みほ 月よみ師®
健康に暮らすための病気の予防活動に従事したくて、看護師経験の後に町の保健師として18年勤める。
あかちゃんから高齢者の方まで住民さんの健康支援に携わる。

その過程で自身の体調を崩したことから、ココロとカラダのつながりを強く実感。
月と太陽を意識した生活を送るなかで自分らしさや元気を取り戻し、これから私らしく生きていくには?と考えるように。
もっと月のことを知りたくなり、月よみを学ぶ。

「私を知り、私らしく心のままに」
誰もがそんなキモチで日々過ごせることを目標に活動中。

熊本県在住。月星座おとめ座。
人懐こいシーズー、緑豊かな自然、スポーツ観戦(特に野球。地元を愛するタカガール)が好き。
Return Top