月よみ

身も心も健康体に!自然と自分をチューニングする方法

こんにちは。
自然が大好き!な、ナチュラルセラピスト、
月よみ師の赤居実花です。

さて、皆さんは、木や花の声が聞こえますか?
いやいや、そんなこと、できるわけがない!
おとぎ話の森の中じゃあるまいし……

そんな声が、あちらこちらから聞こえてきました(笑)
私が20年前、若葉マークを胸につけて森に入りだした頃、森の師匠に言われた言葉
「森に入ると、木が話しかけてくるよ」

いくら、自然が好きです!と言っても、
「いやいや、いやいや、それは無い!」そう思っていました。
でも今は、「森の中って、結構にぎやか!」と感じる私になっています。

そう!木が日本語で話しかけてくることはないのですが、木や森の声を「感じる」ことができるようになってきたように思います。

自然に触れると、健康になる

自然の中で、自然に触れていると、元気になります。
なぜでしょう?

それは、自然が、あなたの「恒常性」を正常にしてくれるから。

「恒常性」とは、生きる上での基本機能 血圧、脈拍、体温、ホルモンの分泌、消化吸収など、あらゆる機能を常に一定に保とうとする人間の機能です。
寒い日や暑い日に、外気と同じ体温になったら、大変ですよね。
いえ..…死んでしまいます。

でも常に一定に保とうとする機能は、ちょっとしたことで、乱れるのです。
心身的なストレス、〜すぎる天気、暴飲暴食、睡眠不足、などなど。

これを正常に戻すように力を貸してくれるのが、”自然”です。
土、草、木、花、風、太陽、川や海の水、まだまだいっぱい!

自然の近くにいるだけで、こちらが何も考えなくても「正常」に近づけようと自然は働いてくれているのですが、
私たちが心から「感じる」ことで、さらにパワーアップします。

「感じる」ヒントは、チューニング

では、「感じる」にはどうすればいいのでしょう?
わかりやすく例えると、何かと『チューニングする』というとイメージです。

ではチューニングってなんだ?

チューニング(tuning)
[名](スル)
1 ラジオやテレビをある周波数に同調させること。
2 楽器を調律すること。また、合奏前に楽器の音合わせをすること。
3 機械などを調整すること。チューン。
出典 小学館デジタル大辞泉より

もともと、人間は「同調」する動物です。

例えば、
元気な人の近くにいるだけで、パワーもらった!
好きな音楽を聴くと心が落ち着く。
お気に入りのカフェに行くと、仕事がはかどる。

反対もあります。。。
忙しくてイラついてる時に限って、子供が泣き止まない。
喧嘩した状態で料理作ったら、まずい…
これは、良いも悪いも「気を合わせている」「同調している」ということ。

自分の感度を上げて、チューニングする

自分が、イライラの周波数を出していると、それにあった周波数の人が寄ってくる。
これ、なんとかの法則って言われていますね。

自然とチューニングして、自分の心も体も「乱れない」ようにしていると、どんなことを引き寄せられるか…もうおわかりですね。

チューニングの感度を上げるとっておきの方法があります。

それは、「五感を使う」ということ。

さあ皆さん、「五感」言えますか?(笑)
見る(視覚)
聞く(聴覚)
嗅ぐ(臭覚)
味わう(味覚)
触る(触覚)

この感覚をフルに使ってください。
そうすることで、眠っていた「感じる」センサーが、目覚めるのです。

日常のチューニング感度を上げる方法は、
前回私の書いた、「一日一自然」でも例を上げてお話ししています。

月のパワーとチューニング

五感を使って、自分のセンサーを目覚めさせたら、「見えないもの」「遠くで触れないもの」などにもチューニングすることができるようになります。
これが、「感じる」ということ。

自然の一部である月を感じてみましょう。
形を刻々と変え、視覚から入ることができる月は、自然と自分をチューニングするためのわかりやすいアイテムかもしれません。

月と自分をチューニングするには、
月を見て、視覚から、体に入る月のパワーを感じてみる。

他の生き物は、今、どのように月の影響を受けているかな?と想像してみる。
など、空想や想像の脳みそを働かせるのも良いと思います。

森に行くと、満月には、木全体に水分が満ち足ります。
反対に新月の時は、水分を上にあげずに、根っこに蓄えます。
これは、月の引力と、木のエネルギーの使い方の関係です。

満月前後に森に行くと、木がザザザっーと水を吸い上げる音が!!

しま……せん!
実は、木が水を吸い上げる速度は、実際は1時間に10〜20センチと言われていますので、
ざっーとは聞こえないんですが、上にエネルギーがいっているのね、というイメージです。

反対に、新月前後は、水が下に下がります。
木のそばで寝転がっていると、下にエネルギーをためてるのね、と感じるようになります。
人間が、休憩(睡眠)と活動を繰り返すのと同じですね。

もし森に行くことがあったら、ぜひ木に触れていただいて、月と木のエネルギーを感じてみてください。


実のなるものは、満月で一番熟します。
新月や満月で、タネを蒔いたものは生育状態が違ってきます。

生き物を飼っている人は、月の満ち欠けと「生まれる」時期を観察する。
庭のお花の開花は新月が多い?満月が多い?
身近なことから月の満ち欠けを「感じて」自然とチューニングしてください。

自然と「気を合わせ」て、どんどん健康になってくると、素の自分、自然な自分が戻ってきます。
自然を感じて、身も心も健康に!

そして、自分に素直に、キラキラ輝いた人生になりますように!

ライタープロフィール

赤居実花 月よみ師®
ナチュラルセラピスト

兵庫県出身
和歌山在住26年

ホメオパシー、ハーブ、フラワーエッセンス、心理カウンセリング、エネルギーワークなど、自然のもので人を健康に導く自然療法家として活動中。
「自然」が大好きで、自然に親しむ野外活動を始めて20年。
森の中で、皆を元気にする森林療法を始めて10年。
ホメオパスになって4年。
動植物などの「自然なもの」を使って、また自然の中で人を元気にします。
「自然に戻れば、身も心も健康になる!健康になると、自分らしく生きられる!」をモットーに活動を展開。
今後は「月の自然」も感じながら、皆が自分らしく生きられるよう、人を体も心も丸ごとコンサルしていきます。
Return Top