月よみ

月に乗ってお引越しました♪ベストタイミングをつかんで人生を好転させるコツとは。

皆さん、こんにちは。
月よみヨッシーです。7月3日新月に、お引越しました。
物件を「これ!」と決めてから鍵の受け渡しまで、約10日でした。引っ越そうと思って、物件を探していたわけではないのですが、
ある日、何かスイッチが入り、ツキ動かされてしまったという印象です。

ですから、鍵を受け取ったものの、まだ荷物のお引越しが完了していません。笑

今回の記事では、「月に乗ってお引越し」の体験談をお届けします。

皆さんも月を暮らしに取り入れて、人生を好転させるツキをキャッチしてくださいね。

ベストタイミングでツキをキャッチする

今回の「物件」の決め手は、二つでした。
・月が見えること。
・ある神社の近く。半年くらい前から、この二つが心に湧いてきて、
新月ノートに何度か書いたり、イメージをしたりしていました。いつ引っ越すのか、どんな家に住みたいのかなど具体的なことは何も決めていなくて、
漠然と「月が見えるおうちがいいな。そろそろ今のお家を引越したいな」と
感じているだけでした。

だから、今回の新居を見つけるまで、「物件」を探したことは一度もありませんでした。

さて、月よみでは、

新月には願い
満月には感謝
上弦の月は引き寄せ・出会い
下弦の月は手放し・断捨離

と、4つの月の形(月相)のメッセージをお伝えしています。

皆さんに毎回お伝えしているのですが、
月よみヨッシーは、毎回取り組んでいるわけではありません。(ここだけの話)

新月のお願いも、毎回きちんと書き出していません。(;゚Д゚)

月よみ師として、それでいいのか‼と、
お叱りを受けそうですが…。

ただ一つ、私が心掛けていることは
きちんと…ではなくても、
「月のサイクルを意識して暮らすこと」

手帳やカレンダーを見て、
「今日は新月だなぁ」

ふと空を見上げて、月を見つけたら
「そろそろ満月になるね」

普段の暮らしの中で、お月さまや暦のことを意識しています。
明日の天気はどうかな?と気にするような感覚です。

ただ、それだけなのですが、しだいに
手に入れたいモノ・コト・ヒトをベストタイミングでキャッチできたり
あるいは、
今の自分にとって不要なモノ・コト・ヒトを手放し上手になれたり
月に乗ってツキを呼ぶ「ムーンサーファーの達人」へと
変身できました。

ツキ動かされる直感を信じる

漠然と「月の見えるお家に引っ越したい」と感じていた私。
最近、新月ノートもきちんと書いていなかった私。そんな私のもとに、ある日、「家を探したい。」と
心の声が訴えてきました。それも、真夜中0時に突然に…。

翌日、仕事があるにもかかわらず、
スマホでネット検索しつづけること、二時間。

もう飽きてきた(笑)その時、
ある物件を見た瞬間、「私の家‼︎」と叫んでしまいました。

根拠のない自信と確信がありました。

翌日、出勤前に仲介業者の開店に合わせて飛び込み訪問しました。
ほかの物件を探すこともなく、その場で即決。
その後、10日間ほどで、審査、契約、鍵受け取りという一連の手続きが絶妙なタイミングで流れました。私が勢いよく動いたのには、理由があります。
それは…。

いつもいい引き寄せだとは限らない。すべては、自分のマインド次第。

今から数か月前、同居する息子に嫌悪感を抱いた時期がありました。

「もう嫌!一緒に暮らしたくない」
そんな感情が沸き起こりました。

きっとこの時も、私にとって引っ越しをするタイミングだったのかもしれません。

でも、私は、この時、物件探しのアクションを起こしませんでした。
意図的に動かなかったのです。

「今、一緒に住みたくない。嫌だ!と感じる自分がいるんだな」
という思いをただ感じることに徹しました。

なぜ意図的に動かなかったのか?
それは、負の感情がある時に動くと、負の感情の混ざった引き寄せが生じることを
知っていたからです。知っていた…というより、身をもって体験していたからです。一見、ステキに見える引き寄せや出会いであっても、
自分の感情がよくない状態であるならば、
同じような状態のエネルギーの引き寄せや出会いになるからです。

今から数年前、あるオーナーのお仕事が舞い込んできました。
わぁ~、やってみたいと夢を膨らませながら、お話を進めていたのですが、
どこからか違和感を感じ、最終的に破談になりました。

このお仕事が舞い込んだ時、
私のマインドには、お金に対する不安、
お相手には、体調に関する不安、
がありました。

その二人の不安のエネルギーが共鳴して、ある日、出会うわけです。

何もかもぴったりとピースがはまり、「引き寄せ~すごい‼︎」と浮かれるのですが、
その水面下では、不安エネルギーが渦巻いていたのです。

もし、その事業を引き継いだとしても、好転させることは難しかったでしょう。

そんな実体験の学びから
良いエネルギーの時に動くことを心がけています。

話を数か月前に戻しますね。
「嫌」と感じていた感情をひたすら眺めました。

その感情が通り過ぎるのを待ったり
どうしてその感情が沸くのかを検証したり
その感情に良し悪しをつけるのではなく
ただ、嫌なんだね。と自分に話しかけました。

次第に
その感情を超えていくというのか、
その感情が昇華するような境地になりました。

「嫌」という感情を
味わいきったとでもいうのでしょうか?

同居していた息子とは、わだかまりが無くなりました。
「あれ、もう嫌じゃない」

そう気づいたとき、突如として心の声が、物件探しを求めてきたのです。

だから、心の声に従い、動きました。

そこから、根拠なき自信と確信で、
とんとん拍子にツキ進むことができたのです。

私の新居への願いは、
・月が見えること
・ある神社の近く
の二つでした。

新居は、
夜中に息子と一緒に互いのスマホで探しながら、見つけた物件でした。

月の出から、月の入りまで月をゆっくり眺めることができ、
玄関を開けると、眼前に神社の鳥居があります。

まさに願ったとおりの住まいとの出会いでした。

幸せエネルギーでの出会いは、
私たち家族、そして周りの人たちも
幸せにしていくのだと確信しています。

ぜひ、みなさんも月を意識する月よみライフを始めてみてくださいね。

月に乗ってツキを呼ぶ
自分の人生を豊かに創り上げていきましょう♪

このお引越しの詳しいお話は、
7月20日、27日(土)12時30分~放送
月よみヨッシーの「月に乗ってツキを呼ぶ」のラジオ番組でもお伝えします。
視聴方法など、こちらのブログでお伝えしています。
月よみ子育て~ココロの笑顔~

ライタープロフィール

月よみヨッシー(松友喜美) 月よみ師®
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。
多くの人たちに接し、ココロに響く会話術、ストレスフリーの人間関係を体得する。

現在、マザースマイル代表。
塾講師、家庭教師として、毎週100人以上の小中高生の受験指導を行う。

同時に、コーチングの資格を取得し、自らの子育てと教育現場の経験を活かし 悩めるママをサポート。
月よみから子どもの個性・才能を読み解き、月よみ教育コーチとしてママと子どもの笑顔を引き出す。

ゆめのたねラジオ放送局 東日本チャンネル
月よみヨッシーの「月に乗って月を呼ぶ」
毎週土曜日12時30分から放送。
Return Top