月よみ

感じれば感じるほど愛しくなる、月の揺らぎと私たちのココロ・カラダ

こんにちは。
月よみ師®️のみほです。

おひつじ座にいるお月さまは、本日13時37分におうし座へと移ります。

月は、新月をスタートに満ちていく期間と、満月の瞬間をピークに欠けていく期間を、およそ1ヵ月弱でくり返していますね。

存在そのものは変わらないのに、私たちの目に写る姿は一日一日変化していく。
昨日とは同じではない。
あしたは、今日ともまた違う姿。
そして、また新月を迎えて、私たちにもまたチャンスを与えてくれる。

あたり前のことだけれど、こうやって天空のお月さまを思う度に、こころが穏やかに、そして優しい色あいで染み渡っていく気分になります。

いまは、30日のおとめ座新月に向けて少しずつ少しずつ欠けているとき。

今日は月のリズムに視点をおきながら、月の神秘をともに感じて参りましょう。

欠けていく月とともに、このタイミングで思う私の愛しいカラダ

先日、「MMA未来患者学2019」に参加してきました。
何か病気がわかったとき、患者として、また患者の家族として、どんなふうに病気と向きあうことが大切なのか、お医者さんにかかったらいいのか。
医療者と患者側の双方でつくる、未来の医療現場を考えるイベントです。

盛りだくさんのプログラムのなかに、女性医療や女性の健康などがありました。
先生方が共通して話されていたのは、女性ホルモンの大切さ。
そして、私たち女性自身が正しい情報を知っておくこと、自分の変化に気づくこと。

女性ホルモンの変動は、大きく2つの見方があります。
ひとつは、年代で大きく変化するリズム。
もうひとつは、月経周期で見たときに2種類のホルモンが織り成すリズム。
どちらのホルモン変動も男性ホルモンとは異なり、曲線を描いて、一定ではないということ。

お話を聞きながら、女性のカラダを改めて考えたとき、一番に思い浮かんだのは「月のリズム、月の揺らぎ」でした。
月の周期と月経との関係、妊娠~出産など生命の誕生、月が私たちにも深く影響しているので当然といえば当然ですね。

女性のリズムも、移り変わっていくもので一定ではない。
お肌や筋肉、骨、自律神経など、ココロとカラダに与える影響。

何かトラブルや心配事が起こらないと、自分のカラダに意識を向けることって、日常のなかではなかなかできていなかったりするものです。

いままでと何か変化はないですか?
無理してやっていることはない?
言いたいことをちゃんと言えている?・・・
欠けていく月に思いを馳せながら、あなた自身のココロやカラダ、生活習慣にもぜひ問いかけてみてください。

私の心臓が嬉しく思うことは、存在を感じること。感謝すること

満月から下弦の月まで月が欠けていくこの時期は、月よみでは『満月(-)マイナス期』。
この満月(-)期に、月のエネルギーを受けやすいカラダの臓器は「心臓」です。

心臓は、握りこぶし大の大きさで、心筋という筋肉でできています。

心臓から送り出される血液が出ていくときの血管って、どのくらいの太さだと思いますか?
そして、1回の収縮で、どのくらいの量の血液が出ていくと思いますか?

なんと、血管は500円玉の大きさがあるんです。
握りこぶし大の心臓から500円玉サイズの血管って、驚きますね。
1回の収縮では約40~50ccの量の血液が送り出され、それも24時間休むことなく全身に栄養と酸素が届けられています。

そんな心臓のことを思うと、感謝せずにはいられませんね。
心臓自身も、感謝が一番嬉しい臓器だそう。
そこで、あさってまでの満月(-)期に行うセルフケアがこちらです。

満月(-)期の月よみエクササイズは、『心臓の鼓動を1分間感じる』というもの。
胸の中心から少し左側の一番ドクンドクンとするところに手を当てて、1分間目をつぶって鼓動に意識を集中します。
自分の鼓動と自分の意識を同調させます。
眠りにつくまでに、胸の鼓動を感じてみましょうね。

また、お月さまは満ち欠けのリズムと併せて、この地球との距離が近づいたり遠ざかったりする「遠近リズム」も併せ持っています。
その遠近差は最大でなんと約5万キロ。

次のおとめ座新月は、今年の新月のうちで地球に最も近い位置で迎える新月、スーパーニュームーンです。
その姿は目には見えないけれど、とてもとても大きなエネルギーが降り注ぐことでしょう。

特に、下弦の月を迎えたあとの1週間で、地球にぐんぐん近づいてくるので、感じるものが大きいかも。

お月さまからのエネルギーを上手に自分のものにするためにも、今日から下弦の月までの3日間、まずはカラダを整える時間を意識してみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

みほ 月よみ師®
健康に暮らすための病気の予防活動に従事したくて、看護師経験の後に町の保健師として18年勤める。
あかちゃんから高齢者の方まで住民さんの健康支援に携わる。

その過程で自身の体調を崩したことから、ココロとカラダのつながりを強く実感。
月と太陽を意識した生活を送るなかで自分らしさや元気を取り戻し、これから私らしく生きていくには?と考えるように。
もっと月のことを知りたくなり、月よみを学ぶ。

「私を知り、私らしく心のままに」
誰もがそんなキモチで日々過ごせることを目標に活動中。

熊本県在住。月星座おとめ座。
人懐こいシーズー、緑豊かな自然、スポーツ観戦(特に野球。地元を愛するタカガール)が好き。
Return Top