月よみ

「私が私を知る、はじめの一歩」

こんにちは。
月よみ師のちemiです。

早いもので、8月も終盤ですね。この暑い夏の、皆様の思い出はどんな思い出ですか?
楽しいことを計画したり、楽しかったことを思いだしたり…
まだまだ、残暑も続きますが、お身体お大事にお過ごしくださいませ。

月と星座と太陽と私

今月と来月の記事では、「月相・月星座・太陽星座」についてお伝えしたいと思います。

自分の生まれた日から紐解く、自分という存在への理解を深められたら、今より生きやすくなると私は思っています。

私自身も自分のことが分らず、人間関係や人とのコミュニケーションにおいて、自分の心の浮き沈みに左右されてしまうことがありました。

そんなとき、自分の内面を知るきっかけになったのが、月でした。

「私って、こんな資質や要素を持って生まれてきたんだな~」と受け入れられた時から、少しづつ、自分の内側が緩んでいくような感覚がありました。

また、自分の輝きに出会えるきっかけになると、感じてもいます。

そんな月の魅力を、今月と来月に渡ってお伝えしたいと思います。

月と私

自分が生まれた瞬間の月の時期と形には、意味があるんです。
月の始まりを新月として、新月から新月までの月の満ち欠けを朔望月(さくぼうつき)と言います。
また、月の周期の中では「新月期生まれ」「満月期生まれ」があり、
新月生まれの中には、「新月(+)期生まれ」「新月(-)期生まれ」
満月生まれの中に、「満月(+)期生まれ」「満月(-)期生まれ」があります。
そして、月の満ち欠けには月の形があります。これを月相(げっそう)と言います。
月相は、0~27まで28の月相があり、それぞれに特徴があります。

※あなたのお誕生日から、自分のタイプをお調べください。

https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

今月は「新月期生まれ」「満月期生まれ」の特徴をお伝えします。

「新月期生まれ」→下弦の月から上弦の月の期間に生まれた人。「新月人」と呼びます。
新月の日は、地球から見て太陽と月が同じ方向にあります。太陽の光が届かない新月は、夜空には見えません。
「確かに存在するのに、目には見えない」このことから、新月は「精神」を表すとされています。
ゆえに新月人は「精神」を中心に置き、影の力を働かせるイマジネーション先行の人です。
「新月人の力→イメージングの力」です。

「満月期生まれ」→上弦の月から下弦の月の期間に生まれた人。「満月人」と呼びます。
満月の日は、地球をはさんで太陽と月が対極に位置します。太陽の光を前面に受け取るのが満月。
「確かに存在し、目に見えるもの」このことから、満月は「現実、現象化するもの」を象徴するとされています。ゆえに満月人は「物質」を中心に置き、現実先行の人です。
「満月人の力→行動力」です。

そして、「新月」は心の思い、内なる思い、求める願望、イメージから、「願い」の時となり、「満月」は現実、現象化、形、行動力、成就した姿から「感謝」の時となります。

「新月には、願いを~・満月には、感謝を~」

この習慣は、大切にしてほしいと思います。

次に、「新月人」と「満月人」を各2つの時期で分けます。
「新月人(+)」→新月の瞬間以後~上弦の瞬間までの期間に生まれた人。
「新月人-)」→下弦の瞬間以後~新月の瞬間までの期間に生まれた人。
「満月人(+)」→上弦の瞬間以後~満月の瞬間までの期間に生まれた人。
「満月人(-)」→満月の瞬間以後~下弦の瞬間までの期間に生まれた人。

「新月人(+)」の人
子供のような純粋さと驚き、発見を人生の核とします。人生の面白さを発見し、自分なりの「正しさ」を持っています。アイデアとクリエイティブさが武器。「精神」が成長するこの期間には、「開拓者」が多く生まれています。一方、独断性と自己中心性が、既成概念や他人の固定観念との葛藤を生み出します。また、好調・不調がはっきりしていて、スタートダッシュは抜群であるものの、ゴールにたどり着くまでに、疲れ果ててしまうことがよくあります。自己評価、他者評価によって、気分の浮き沈みが激しくなります。

「キーワード」
突破力、アイデア、発見、独自性、開拓者、生み出すパワー、言葉の力、人と同じことでは満足しない、オリジナリティ、感性、デザイン、フォルム、美術、音楽性、スピリチュリティ(直観力、チャネリング)

「影響を受ける身体の部位→肺・呼吸」肺がもたらす才能
才能1、見えないものを感じる力
才能2、自己表現力がある
才能3、情報収集力がある
才能4、分析能力に優れている
才能5、いい意味で自分を中心に考えられ、発想が自由
才能6、森や海など自然との調和力を持っている。
☆肺を意識し、呼吸機能を使い切る。←月やせポイント

「有名人」
織田信長、松下幸之助、本田宗一郎、スティーブジョブズ、ベートーヴェン、山中伸弥…他

「新月人(-)」の人
人と違った視点を持ち、全体を見渡せる視野の広さがあります。やわらかさの中にも芯の強さを持っています。人間関係を調整する能力を磨けば、リーダーとして大きな力を発揮する逸材です。「精神」の新月に向かうベクトルを持つので、物質的欲求よりも、楽しさや精神的充足感を選びます。この期間生まれの人は、子供のころと大人になってからの印象が違う人が多く、また、子供のころのトラウマがひっかかったまま、十分に才能を発揮できない人もいます。そのような場合は、つい夢見がちになり、浮いてしまうこともあるかもしれません。
「キーワード」
調和力、交渉力、状況適用力、落ち着き、冷静、優先順位、長期展望、次代継承、業界の大物、大器晩成、晩年、尊敬を得る、伝統、スピリチュリティ(霊的世界)

「影響を受ける身体の部位→腎臓」腎臓がもたらす才能
才能1、まずは99%まで、今の自分の状況を認めることができる
才能2、適切に手放すことができる
才能3、身の回りの整理整頓がいつでもできている
才能4、対立や興奮した人を上手に落ち着かせることができる
才能5、先人の経験を上手に活用することができる
才能6、長い目で状況を俯瞰することができる
才能7、子供や後輩、部下の成長を見守ることができる
☆デトックス、排泄機能を使い切る←月やせポイント

「有名人」
安倍晋三、ビートたけし、チャーチル、バラク・オバマ、エジソン、ダーウィン、モーツァルト、バッハ…他

「満月人(+)」の人
「満月」へと向かうベクトルを持つので、物事を完成させる、成果を実らせる才能を持っています。システム化し、アイデアを活用できるものへと、実現化します。動きながら考え、多くの人に新しい発見と情報をもたらします。ただ、おせっかいになったり、価値観の押し付けになってしまうことがあるので、注意しましょう。競争相手がいると、やたらと燃えます。動くには、目標設定が大切です。目標なき行動によって、空回り、エネルギーの浪費に陥ると、ぐったりと疲れてしまいます。「満月前後」には、調子に乗りすぎてしまうことも。

「キーワード」
満ちていくパワー、行動力、出会いの力、形にする力、完成される力、システム化、計画性、集める力、資産、財産、お金、引き寄せ、シンクロ、人脈、つながる力、睡眠不足に弱い

「影響を受ける身体の部位→肝臓」肝臓がもたらす才能
才能1、仕事を一手に引き受ける
才能2、豊富な経験と適切な判断力を持ち、責任感が強い
才能3、エネルギッシュで行動的ある
才能4、効率性、計画性を重視する(その分、怒りやすい)
才能5、冷静に指揮をとる
才能6、プレッシャーに強く、上昇志向の持ち主
☆食べ方に注意して(よく噛んで食べる)、消化機能を使い切る←月やせポイント

「有名人」ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、ガウディ、ネルソン・マンデラ…他

「満月人(-)」の人
「根拠なき自信」の持ち主。「満月」(結実)後のエネルギーに満ちたこの期間生まれは、生まれながらにして満たされた感覚を持っています。宇宙を貫く法則が好きで、科学者や天才も多いです。物事の良い面を捉えようとし、人を魅了する力があり、人気者です。自分の得てきた経験や知識を多くの人に広めることができ、どんな分野でも先生として、活躍できる素質を持っています。ただ、次のビジョンがはっきりしていなかったり、相手から求められているイメージとの間に食い違いが生じると、大きな葛藤を生みます。人との距離感が課題です。

「キーワード」
中心、愛、根拠なき自信、満たされている、スター、自己肯定力、承認欲求、感謝されたい、理論、法則、原則、共有、貢献する力、社会還元、慈善活動

「影響を受ける身体の部位→心臓・血液循環」心臓がもたらす才能
才能1、両極を見極め、自分のポジションを決める
才能2、自分の特別さを自覚している
才能3、協同する力を持っている
才能4、相手のリズムと同調する共鳴・共感力を持っている
才能5、これまでの自分の体験を、今に活かす
才能6、全体のため、みんなのため、信用に答えようとする
才能7、末端までしっかり目が行き届く
☆血液循環・心臓を労わりながら、運動機能を使い切る。←月やせポイント

「有名人」ニュートン、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ビンチ、マイケル・ジャクソン…他

来月は、月相と星座についてお届けします。

いつも、ありがとうございます。

今日も、お幸せにお過ごしください。

ライタープロフィール

ちemi 月よみ師®
東京都足立区生まれ
s42・5・5
月相24
月星座 魚座 水
太陽星座 牡牛座 地

亡くなった人を送る仕事をしています。
生活の力を上げるためにと22年前に始めた仕事でしたが、その後独立する先輩と共に会社を立ち上げて、設立19年・現在に至ります。
様々なことを経験しながら会社を営み、全ては人との出会いに尽きると実感。

2014年病気になったことをきっかけに、身体と心は繋がっているということを教えていただき、自分自身と向き合うことの重要性に気がつく。
月から学び、ありがとう曼荼羅に学び、ハンドケアセラピーを学び。
その中で月に習うことで、自分で自分を知り整えていくことの大切さを日々感じています。
Return Top