月よみ

月と”氣”のコラボで相乗効果?!幸せ度UPの種まき、してみませんか。

こんにちは。月よみ師加藤香里です。

暦の上ではすでに秋。暑さの中にも、空気から夏の終わりが近づいているように感じます。

「早く涼しくならないかな···」

そんな気持ちもありますが、せっかく日本に生まれてきたのですから、季節の小さな変化を味わいながら過ごすのもステキですよ。

ところで、今、幸せですか?

「···幸せだけど、もっと幸せになりたい。」
「現状を改善したい…!」

そんな思いを抱えて、この「月よみ」にたどり着いた方も多いのではないかと思います。

ようこそ「月よみ」の世界へ。
ご縁をいただきありがとうございます。

今日は、月のサイクルと”氣”のエネルギーを使って、より幸せになるための”種”をおすそ分けします。どうぞお持ち帰りくださいね。

種をまく場所、まずは”ココ”から。

今日は半分の月(下弦の月)が更に欠けて新月に向かう、「新月(-)期」にあたります。

「新月(-)期」はデトックス、断捨離期間。手放すこと、住空間を整えることを意識して過ごすと、月のエネルギーが入りやすくなります。

そこで今日は「住空間を整えること」、その中でも特に「玄関」をクローズアップしましょう。

「新月(-)期」については、こちらをご参考くださいね。
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/06/26/post-12598/

玄関とは今でこそ建物の出入り口ですが、昔は仏道の入り口として禅寺の門を指し、さらには寺社や武家屋敷の入り口という意味もありました。(「とっさの日本語便利帳」参照)

···随分と神聖な感じがします。風水でも玄関は運気を呼び込む重要な場所とされているのは納得。ココを快適な状態にしておかない手はありませんよね。

では、快適な状態にするにはどうするか。
まずは、”掃除”、これしかないでしょう!

「掃除かぁ・・・」

その気持ち、よーくわかります(笑)。案外おっくうだったりしますよね。

のちほどズボラな私の”プチエコ掃除法”もご紹介しますので、参考にしてみてください。

っと、その前に、「なんで掃除なのよ」というココロの片隅にひそんでいる疑問に、”氣”の観点からお答えしたいと思います。

きっと掃除がしたくなりますよ。

見えないところで私たちに影響を及す“氣”とは?

“氣”と聞くと、「なんだかあやしい・・」そう思われる方もいらっしゃると思いますので、まずは、氣とは何なのか、というところからお話します。

氣とは一種のエネルギーです。目には見えませんが、まるで空気のように全てのものや場所にたえず存在しています。

氣には色々な種類がありますが、大別すると「プラスの氣」と「マイナスの氣」に区分されます。

「プラスの氣」とは、明るい感じ。陽気、元気、活気などのイメージ。病気の改善や運気の上昇など、光ある方向へと導くエネルギーです。

反対に「マイナスの氣」とは、暗い感じ。病気、陰気、湿気などのイメージ。光を失わせるように導く働きのあるエネルギーです。

また、氣には同じものが集まる特徴があります。「プラスの氣」はプラスの氣を引き寄せ、「マイナスの氣」はマイナスの氣を引き寄せるという同調作用です。

もちろん、玄関にも氣は存在しています。掃除をすることで明るく快適な状態にして「プラスの氣」で満たしておくと、さらなる「プラスの氣」も引き寄せることができます。

逆に言えば、ゴミやたまったほこりをそのままにしておくと、その周りにいる「マイナスの氣」がさらなる「マイナスの氣」を引き寄せてきます。そうなると玄関の空気はどんよりとよどんでしまい、運気のアップも望めません。

想像してみてください。目のつり上がったばい菌のような存在が、玄関にうようよといる感じ。う~重い、嫌でしょ?

さぁ、さっそく家の玄関に“種“をまく準備に取りかかっていきますよ。

まずはお片付け。
ついつい置き忘れてそのままになっているものはありませんか。
要らないものは捨ててスッキリさせましょう。

次に掃除。
隅にたまっているゴミやほこり、汚れなどがあればキレイに取り除いてください。
履かなくなってしまいこんでいる靴があれば、思い切って捨ててしまうのもアリ、です。
余裕があれば靴を磨いておくこともいいですね。

最後に靴を揃えておきましょう。
靴が揃えてあると見た目にも美しいですし、プラスの氣で満たされている家には泥棒は入りづらいはず。防犯にもなりますよ。

◆◇ズボラなプチエコ掃除法◇◆

まずは穴のあいた靴下やクローゼットの中の着なくなった服を用意します。使いやすい大きさに切り、雑巾代わりに利用します。

靴はストッキングを使ってピカピカに磨きます。

使い終わったらゴミ箱へぽいっとするので、洗う手間もなく楽チンです。

今までお世話になった靴下や服にも第二の人生を送っていただけます。心置きなく使える上、クローゼットも玄関もすっきりするので一石二鳥、ですよ。

家の顔ともいうべき玄関は快適な状態にして、幸せが入ってこれるスペースを空けておきましょう。きっと「プラスの氣」が仲間を連れてきてくれ、目の前の現実が変わっていくはずです。

~今日もあなたの魂がますます光輝きますように~

ライタープロフィール

加藤香里 月よみ師®
1971年 愛知県名古屋市生まれ
苦手なもの 高い所 狭い所 スピード 病院
ストレス発散方法 目いっぱい料理を作ること

学生の頃より自分の病気の手術回避方法を模索する中で「氣」と出会う。
37歳の時の離婚をきっかけに考え方や価値観が大きく変わり、高次元からのエネルギーである「真氣光」の中継を習得。
以来「一見マイナスに見えることからもプラスになることを見つける」ことをモットーに毎日「いいとこ探し」を実践中。

現在は大学で就職支援に携わり、一人一人の良さを引き出すことに力を注ぐ。
自分の直感を頼りに、閃きで行動する1男1女の母。
Return Top