月よみ

あなたも続くようになる! ツキを呼び込むための月を活かした習慣をサポートしてくれるバッチフラワーレメディは?

ツキを呼ぶための月を活かした習慣。

きっと、このページを見てくださっている方なら、既にいくつか実践されている方が多いことかと思います。

そしてもしかすると、うまく続かない、なんて思っている方もいらっしゃるのかも。

そんなあなたをサポートしてくれるバッチフラワーレメディを、今日は月よみ師®であり、バッチフラワーレメディのティーチャーでもある、私、やまさき郁代がお伝えいたします。

いい習慣だと思うのに、なかなか続かない…

以前に、私が執筆させていただいた

「ツキを呼び込む月よみ手帳習慣」

読んでいただけましたか?

まだの方はこちらからご覧くださいね。

ところでこの記事について、実は先日、私の主催する「サロン月の花香」

に来ていただいたお客様にこう言われました。

「いい習慣だな、とは思うのだけど、なかなか続かないんです…」

なるほど。

私も内容によっては三日坊主になりがちなところがあるので、よくわかります。

そんな時にはバッチフラワーレメディにサポートしてもらいましょう。

続かない理由、あなたはどのパターン?

なかなか続かない理由は、きっと、人により様々。

いくつかのパターンをあげてみますね。

まずは、いつも三日坊主を繰り返してしまう方。

自分自身で嫌になってしまうこともあるかもしれませんが大丈夫。あなただけではありません。

そんな時にはチェストナットバッドに助けてもらいましょう。

チェストナットバッドは、同じようなパターンを繰り返してしまうことに悩む人の強い味方。

繰り返してしまう三日坊主から抜け出す手助けをしてくれるでしょう。

やってみたいと思いながらも、つい億劫で重い腰が上がらないという方。

そんな方にはホーンビームがいいでしょう。

ホーンビームをとると、やりたい、もしくはやらなくては、と思っていることをやりこなすだけのエネルギーが湧いてきます。

ほら、もう新しいノートを買いにいきたくなったでしょう?

忙しくてやりたくても出来ない! という方にはインパチェンスを。

せかせかと気持ちが急いてしまう方の味方となってくれるインパチェンス。

これをとれば、不要な焦りから解放され、手帳習慣に取り組む余裕が蘇ります。

すると、手帳を書くのには大した時間がかからないということにも気づくことが出来るでしょう。

そして、書くと決めたらきっちり書かないと気が済まず、それが大変でだんだんと続かなくなってきてしまう方。

そんな方にはロックウォーターを。

完璧主義になりがちな気持ちを和らげてくれるロックウォーターのエネルギーで、もっと楽な気持ちで取り組めるようになります。

気楽にやることで、長続き出来るようになるでしょう。

いかがでしたか?

あなたに当てはまるパターンはあったでしょうか?

いずれのパターンの方も、まずは続かない自分を責めないこと。

そして、少しずつでも取り組んでいくと、きっと、月との付き合い方がうまくいくようになってくるかと思います。

バッチフラワーレメディの力も借りながら、

「ツキを呼び込む月よみ手帳習慣」、

ぜひ、あなたの生活に取り入れてみてくださいね。

★フラワーレメディについては、こちらで基本の知識や、トリートメントボトルの作り方を動画で説明しています。
月の満ち欠けに合わせたレメディの選び方もありますよ。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、「サロン月の花香(はなか)」を主催。
アロマセラピー、バッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、公認ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドン、千葉、と、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期を迎えた息子たちと残り少なくなってしまった子育ての日々を楽しむ。

好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。

転居を機に始めたガーデニングはまだまだ初心者。猫の額ほどの庭をイングリッシュガーデンにすることを夢みている。

ブログ:千葉・船橋 バッチフラワーレメディ、英国式アロマセラピー&月よみで女性の幸せをつくる サロン月の花香(はなか)
Return Top