月よみ

いつも私たちに届けてくれる。今日は、うお座の包み込むような優しい満月パワーを感じきろう!

昨日は旧暦の8月15日、中秋の名月でした。
みなさん、お月見はされましたか。
満ち満ちていく月の美しさを、見上げた夜空からきっと感じられたことと思います。

こんにちは。
月よみ師®️のみほです。
肌を通りすぎていく風も、すっかり秋らしいものに変わってきましたね。

そして、今日はうお座の満月。
13時33分にその瞬間を迎えます。
おとといから月はうお座に移っており、昨日から今日と続くうお座の月のイベントにしっとりと癒される思いです。

今年の3月7日に現れた、うお座の新月。
地球から見ると月と太陽が重なり、その両方からうお座のエネルギーを私たちは受け取っていました。
この半年、あなたの周りやあなた自身に、どのような変化がありましたか。
新月のお願いごとを月に放っていた方は、その願いが叶っていたり願いに近づいていたり感じているでしょうか。
今日のうお座満月は、3月にイメージした願いが、いろいろな人や出来事との出逢いを通して必要なものを受けとり、形作られてきたことへの感謝を捧げるタイミングです。

または、2週間前のおとめ座新月に放った願いを、感謝の気持ちで受けとるときでもあります。
スーパームーンでしたので、この2週間で大きな揺さぶりを受けた方もおられるかもしれませんね。

そんな今日の満月、月よみweb読者のみなさんそれぞれにスペシャルな1日にしていきましょう。
そのためのエッセンスを受け取ってもらえると嬉しいです。

美の女神と愛の神が教えてくれること~うお座からのメッセージ

いま、おひさまが滞在するおとめ座とお月さまが滞在するうお座って、揃って「浄化」を最も得意とする星座です。
特に、月のうお座は感性やインスピレーション、想像力、感情的なものなどの目には見えないものを担当。
あなたがあなたらしく生きるために、何か妨げとなっている感情や思い込みがあるとしたら、今日の最強の浄化パワーを使わない手はありません。
あなたに相応しくない要らない感情は一斉に流してしまって、自分自身を大切に思う気持ちを感じきりましょう。

ところで、うお座の形ってご存じですか?
うお座のシンボルマークの由来にもなっています。
うお座は、2匹の魚の尻尾がリボンで結ばれている姿を表しています。

その2匹の魚とは美の女神アフロディーテとその息子愛の神エロスで、ふたりは魚に姿を変えて川に飛び込むのですが、お互いが離れないようにリボンで結んだという物語からきているんですよ。
(すごく簡単にまとめてしまいました。ぜひ一度、神話を読んでみてくださいね)
そして、お互い違う方向へ逃げようとするんです。
そこから、自分のなかに別々の方向性があって混乱や葛藤を生じさせるとも言われます。
例えば、いろいろアイデアが浮かんで多様で複雑さがあるが故に迷いやすい。
ただ、ひとつの方向を決めて目指すととてもパワフルな力を発揮することができるので、もし、何か自分のなかに迷いがあったならばどうするかを決めていくことを今日の満月は後押ししてくれるはずです。

また、うお座は「水」のエレメントなので、水にまつわる場所もラッキースポットです。
この1週間を頑張ったごほうびに、温泉にでも浸かりながら夜空を眺められたら、この上なくこころも身体もリラックスできますね。
もちろん、家での入浴タイムをお気に入りのキャンドルやバスソルトを使うなどして満喫できれば、癒し効果はバッチリです。

今年一番○○な満月!包み込むような優しいエネルギーで、より素直な私になる

今回の満月は、今年巡ってくる満月のなかで地球から最も離れた場所で迎える満月なんです。
今年最も小さく見える満月。
12星座最後のうお座が、これまで歩んできた他の星座を振り返り締めくくるように、これからの新しいサイクルを見渡すように。
今夜のお月さまは、遠く離れた場所から私たちを包み込むようにそのエネルギーを注いでくれることでしょう。

また、満月のときは人とのコミュニケーション能力が高まるときです。
大切な周りの人々やなかまと、喜びを分かち合う気持ちがぐんと高まります。
外食店などが賑わうのが、満月の日だと聞いたこともあります。
私自身の満月の日を振り返ってみても、しばらくぶりに会う友人との食事会や大好きなスポーツ観戦日、楽しみに参加したセミナー受講日などが多いことに気づきます。

月のリズムからみて人や宇宙との調和、一体感が感じられやすいときで、自然とそのような流れにあるのですね。
おもしろいものです。

そして、今日の月は、知性やことば、コミュニケーションを意味する第3ハウスにあるので、特に感謝の気持ちをことばに表して伝えることが大事になりそうですね。

思ってはいても普段はなかなか口に出せないあの人に「いつもありがとうね。」と素直にことばにできたら、気恥ずかしさよりも嬉しさであなたも満たされると思います。

あなたにもありませんか? 満月に沸きおこる不思議な感情

みなさんは、満月で思い出すエピソードって何かありますか。

私は昨年のお正月に見た満月が、いまでも一番に思い出されます。
それは、2018年で最接近する満月、スーパーフルムーンでした。
近くて大きくて、目に飛び込んでくるまん丸のお月さまがあまりにも優しくて、時間も忘れて眺めていました。

年始でしたので、前年を振り返って感謝の気持ちをご先祖さまに伝えていたからかもしれません。
新年早々の満月がスーパームーンで、「これから始まる1年は、感謝の気持ちを素直に表現することを意識していこう」と誓いをたてたからかもしれません。
これからの自分を真剣に考えて、その直前の年末、仕事において大きな決断をしたときでもありました。
そして、月よみをもっと深く学ぼうと決めたタイミングでもあったからかもしれません。

とにかく、なにも考えずにただただ月を眺めていて、ふと我に返ったときに感じたことは
「あ~、早く月に帰りたい」というもの。
自宅の裏手に竹林があるので、まるでかぐや姫にでもなったかのような感覚でした。
初めて私のなかに沸いてきたなんとも言えない感情に、自分でもとても驚いたことを思い出します。

あの日から、いまの時代に生まれてきた意味や私たちが住む地球のこと、他の天体と織り成す宙模様などを、より意識して過ごすようになったような気がします。
満月のパワーがそれだけ大きな影響をもたらしたのだと、神秘的な月の魅力にますます引き込まれた出来事でした。

地球から遠い場所にある今夜の満月。
「新月には願いを、満月には感謝を」

今月は、満天の星が見えるというよりも曇り空の日々が多いですが。
たとえ、満月を見上げることができなくても、今夜の満月パワーは分け隔てなく私たちのもとに届きますから。
感謝の思いを夜空に放ちながら、遠慮せずに月のパワーをたっぷりと受け取り、今宵も素敵な時間を過ごしましょうね。

ライタープロフィール

みほ 月よみ師®
健康に暮らすための病気の予防活動に従事したくて、看護師経験の後に町の保健師として18年勤める。
あかちゃんから高齢者の方まで住民さんの健康支援に携わる。

その過程で自身の体調を崩したことから、ココロとカラダのつながりを強く実感。
月と太陽を意識した生活を送るなかで自分らしさや元気を取り戻し、これから私らしく生きていくには?と考えるように。
もっと月のことを知りたくなり、月よみを学ぶ。

「私を知り、私らしく心のままに」
誰もがそんなキモチで日々過ごせることを目標に活動中。

熊本県在住。月星座おとめ座。
人懐こいシーズー、緑豊かな自然、スポーツ観戦(特に野球。地元を愛するタカガール)が好き。
Return Top