月よみ

輝く未来を「今」創る下弦の月の使い方

こんにちは。

月よみ師・坂口博美です。
輝く人生を導き出す、月よみメッセージと月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

輝く人生を導き出すのに、あなたの持つ「月」がとても役立つことをご存知ですか?
月を読む?不思議に思われるかもしれませんが、見えない世界のことではありません。
特別な能力が必要なのでもありません。

ただ感じる意欲を持つ事。

特にこの9月の月を感じていただく事は、次のステージへの扉を開き、
2020年を輝かせるチャンスに満ちています。

月をどう使ったら未来は輝くのか、その秘訣をお話いたしましょう。

「月を知る」は「自分を知る」事

先日、進路に迷う女性から個人セッションのお申し出がありました。
ちょうど、うお座の満月の頃。遠方の方でしたので、WEBにて『月読み』と照らし合わせて進めます。すると突然、パンとスイッチが入ったような瞬間がありました。

その方の右上の方から強烈な白い光が現れ、それ以降お話の間中、その方を照らし続けているのです。ご本人は体温が上がり、全身に血が巡ったのがわかった、そう告げてくださいました。

ご本人の中に素晴らしい気づきが生まれ、それを後押しするかのように、
満月の光が届いたのかと思わざるを得ない瞬間でした。

月は自分の持つ天空模様のすべての言葉を集約し、わたしたちに届けてくれる、
いわば「わたしの心」です。
月を大切にすると、魂の歓びを生み出します。魂は、手も足も出ないから、この肉体を使って様々な体験をしたいのです。体験を通して感覚を知り、感情を味わう。それが成長、進化のエネルギーとなり、命の循環を繰り返していきます。

天と地を結ぶ9月は輝くわたしへの道開き。やり方は?

9月は天と地を結ぶ意味合いの強い月です。
想いと現実が結び合い、より高い次元での活躍への扉を開く時。
その扉を開くかどうかは、自分の根っことつながっているかどうかが大切になります。
「今、ここにある自分」
そう、心と体がつながっている事。ただそれだけを感じるのです。

どうやって?
ここからが月の使いところです。

今日24日は、すで新月に向かってさらに欠ける下弦期間に入っています。
今年の浄化の仕上げとして大チャンスの時なのです。

やり方です。
夜、一人になる時間を取って、空を眺めてみましょう。月が見つかればよし、雲などで邪魔されていても全然大丈夫です。月とつながっている、そんなイメージをして空を眺めてください。
もしかしたら言葉や映像などが、浮かんでくるかも知れませんね。
出来たらメモしておくことをお勧めします。

えっ?月をイメージして空を見るだけ?

そうです。それだけです。
夜じゃなくてお昼間がいいな、でしたらそれでもOKです。
下弦の時期にはお昼間にもお月さまは空にありますから。

月をイメージすることをお忘れなく。

8月。夏の最中には、獅子のエリアにたくさんの星が集結していました。
しし座の場所で、内なる志士を立てたのち、この9月にはそれをピュアに磨き上げる
浄化力が働いてきました。

さあ、季節は動きます。
よりきらびやかなエネルギーをまといます。自分側だけの世界だったところに、
他者を招き入れます。もしくは自分から新たなバランスをとり世界を広げようとする。
そんな10月を迎えます。

てんびん座の季節です。
ここからガラリと空気か変わりますよ。

天秤は左右が均等になりバランスをとるもの。拮抗が崩れると、どちらかに傾きっぱなしになります。傾きっぱなしというのは、てんびん座の美意識に反します。良いも悪いもない。人にはそれぞれの正しさ、大切にしたい想いがあり、それは全て尊重されるべきものとして、美しくここに存在する。

29日はてんびん座の新月。内なる志士によって、きちんと自分を表現してみよう、
対等感を持ったおつきあいをしていこう。
そう誓うことが重要な新月になります。

月を活かしたキレイエクササイズ

高まっている月の浄化力を活かした月読みキレイエクササイズは、
ぜひ、背中側にご注目ください。

写真のように背骨をグッと伸ばすようなストレッチがオススメです。

背骨は内臓につながる神経がたくさん通っています。
内側にこもった感情の溜まり場になります。
積極的に動かし、神経やエネルギーの流れをスムーズにしましょう。

背中には愛の星と言われる金星もリンクしてきます。
女子力アップにももってこいです。

さらに場所を選ばすとこでも行っていただけるエクササイズは、
動画の方でもご紹介しています。
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/08/02/post-12904/
簡単だから、やってみてくださいね。

月を使いましょう

月を使う、をまとめます。

☑️月とつながるイメージを持って空を眺めましょう
☑️浮かんだイメージをメモしましょう
☑️背中のストレッチ、ケアをこまめに

※星を知るについてはこちらもご参考に
https://ameblo.jp/pilates-h/entry-12524762894.html

どうぞ月よみ生活で素敵な時間を
創ってお過ごしくださいね。

ライタープロフィール

坂口博美 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top