月よみ

誰でもできる!「月星座×シンギングボウル」で1分音瞑想〜シンギングボウルって何? チャクラとは?〜

1分間目を瞑ってシンギングボウルの音を聴いてみる……。
その時に、どんな「イメージ」「感情」などが浮かぶのか、
自分自身の「今」と繋がってみよう!

こんにちは。月よみ師のヨネです。
今月から月よみwebの執筆をさせていただきます。
大好きな月とチャクラとシンギングボウルについてお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

そもそもシンギングボウルって何?

シンギングボウルとは、約3,000年前からネパール仏教やチベット密教に伝わる法具。
別名「ドニパトロ」と呼ばれ、日本語に訳すと金属の合金。

原料は7つの天体(太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星)に対応した金属で、はるか大昔から宇宙を創造してつくられています。
(※当時は天王星、海王星、冥王星が発見されていなかったので、含まれていない)

また、”シンギングボウルの特徴は「波動」「浄化」そして「倍音」と呼ばれる音色です。
シンギングボウルの振動は、非常にはっきりしたもので、血液や体液といった人体の70%以上 を占める水分(魂)に波動を与えます。

また7つのボウルが各チャクラを調整するように働きかけるので、私たちが本来 持っている「元気」を呼び起こします。
https://takashisingingbowl.amebaownd.com/pages/485538/page_201605280010より引用)

シンギングボウルは、その波動や音によって、心身へのヒーリング効果、そしてチャクラ調整をお こなってくれるとても素敵なものなのです!


ところでチャクラとは?
サンスクリット語で「車輪」という意味があります。。
チャクラとは、身体の中にあるエネルギースポット・パワースポットのようなもの。
目には見えないけれど、チャクラが弱まっていると、心や身体に不調を生じてしまうことも……。

月と惑星、チャクラについて

占星術の世界では、12星座には次のように守護星(支配星とも言われる)があります。
そして、先ほど述べたチャクラと12星座にも対応関係があると言われています。

おひつじ座 火星 第3チャクラ
おうし座 金星 第5チャクラ
ふたご座 水星 第6チャクラ
かに座 月 第7チャクラ
しし座 太陽 第4チャクラ
おとめ座 水星 第6チャクラ
てんびん座 金星 第5チャクラ
さそり座 火星 第3チャクラ
いて座 木星 第2チャクラ
やぎ座 土星 第1チャクラ
みずがめ座 土星  第1チャクラ
うお座 木星 第2チャクラ

 詳細はこちら

私がシンギングボウル、そして月のことを勉強して、
「シンギングボウルは宇宙を創造して7つの天体に照らし合わせて作られていて、その音で私たちの体内にあるチャクラの調整をしてくれている。」
「星座には守護星があり、それぞれ対応するチャクラがある。」

この2つのことに気づき、
「あれ、星座とシンギングボウルってつながっている?!」
星座→守護星→チャクラ←シンギングボウル
全部つながっている*ことがわかったん*です!

 月星座から守護星、チャクラを知り、対応する音で1分間瞑想をしてみよう

シンギングボウルをお伝えしている私としては、これを活かさない手はない!
ということで次回から、シンギングボウルを使っての「1分間音瞑想」をお届けしていきます。やることはとても簡単です。
月星座別の守護星、チャクラの解説、さらにチャクラに対応したシンギングボウルの音階を鳴らしていきます。
それを1分、目を瞑って聞くだけ!瞑想をすることで色々なメリットがあります。

・リフレッシュ効果
・ストレス解消
・集中力の向上
・気持ちが落ち着く
・ありのままの自分を受け入れられる
などなど。他にもたくさんあります!

自分の月星座(生まれた時の月の位置を元に、その向こう側にいた星座)や、その日に滞在している月星座(その日の月の位置を元に、その向こう側にいる星座)を調べ、それに対応した音を聴いて気持ちを落ち着かせ、リフレッシュしていきます。

月星座は、「その人の本質」「感受性」「感情」「心の安定」「自分らしさ」「ありのままの自分」を表すので、ゆったりと自分に向き合うことができる瞑想は本当にお勧めです!

ぜひこの投稿を読んだことをきっかけに月を感じながらの音瞑想、楽しんでいただけたらと思います。

最後に少しだけ、シンギングボウルの音をお楽しみください。

ライタープロフィール

ヨネ 月よみ師®
神奈川県横浜市出身。千葉県鎌ケ谷市在住。
ヨガインストラクター、シンギングボウルサウンドセラピスト。
高校卒業後、公務員になり14年間勤務後、当時の仕事と、本当にやりたいこととのギャップを感じ、一念発起。
2017年8月からヨガインストラクターに転身。
現在は大手ヨガスタジオで月50本前後のレッスンを提供するほか、月に2回、シンギングボウル瞑想会を開催中。

最近ハマっているのが陰ヨガ。1つのポーズを数分ホールドし、じっくりと身体の奥深くをほぐし、心身をリフレッシュさせていきます。ポーズを決める中で、月の満ち欠けや月星座の体のテーマと合わせ、より「月のリズム」と合うレッスンづくりを実践中。 
月のリズムに合わせた体のケア方法などをお届けします!
Return Top