月よみ

月のリズムを感じる生活で、心と体を整理する「満月前後編」

こんにちは。
自然大好き!ナチュラルセラピスト
月よみ師の赤居実花です。

今回は、月の満ち欠けは、いつも見ているけど、実際どのように生活したらいいの?
という方に、具体的な方法をお伝えしたいと思います。

実は私、この1ヶ月忙しすぎて、
時々空を見上げて、きれーだな〜!と月は眺めていましたが、
「リズム」を全く気にしない日々を過ごしてしまいました。
ということで、
今回は、私自身もリズムを感じて生活するきっかけにしたいと思っています

さて、本日11/9の月はどんな状態でしょうか。
新月から12日目 11/4の上弦の月から5日目(満月まであと3日)
17日間の「秋の土用」が終わり11/8は二十四節気の「立冬」です。
季節はいよいよ「冬」に入ります。

月の満ち欠けは、呼吸と一緒

月は、新月から満月になり、また、新月へと29.5日で巡って行きます。
月の引力で、地球の海面や土までも、ググッと引っ張られる満月。
満月を過ぎると、引っ張る力が緩んでいきます。
私は、この流れは、地球と月が一緒に「呼吸しているみたい」だなといつも思います。

大きく息を吸って、また吐いて、吸って、吐いてを繰り返す。
ゆっくりしたリズムを図で表してみると、大きな波せんになるでしょうか?

1日の太陽の動き、また新月の部分を冬とするなら、
季節の流れも同じような波線で移り変わって行きます。
「今」「今日」は月や季節はどの位置にいるでしょう?

今日11/9は満月まで、あと3日ということは、満月に向かっていく、
満月前後のあたり、と言うことですね。

リズムは一定ではない”ゆらぎ”がある

春夏秋冬と一年の気温の移ろいも。
朝が来て、夜になりの太陽の動きも。
吸って吐いての呼吸も。
起きる&眠るのリズムも、寄せては返す海の波も同じようなリズムで動いています。

この同じリズムが、人も自然の一部だなと感じますが、
このリズム、全く同じ間隔で波打っているわけではないのです。
実は、多少の「ゆらぎ」があるのです。

この「ゆらぎ」が自然である証拠。
月の動きも、地球の周りを全く同じ距離で移動しているわけではありません。
近づいたり、離れたり、しながら満ちたり欠けたりしています。

一定ではない「ゆらぎがある」リズムで、自然は動いている。
ということを忘れずに、月の動きも感じてください。

次は、具体的な過ごし方をご紹介します。

満月前後の過ごし方

<満ちていく月>
「自信を持って積極的に行動する」
日に日に満ちていく月は、「活力」の象徴です。
満ちてゆく月のごとく、体も心も満たされていくときです。
気持ちが前向きになり、集中力も高まって行きます。
会いたい人と会い、行きたいところに行く。そんな積極的な行動が血となり肉となります。

美容と健康のテーマは、『体力づくり』
体にいい食事をとる、隙間時間に筋トレをするなど、
理想のボディをイメージして取り組むのがポイント。
化粧水の重ねづけや、シートマスクなど保湿ケアを徹底するのも良いかも。

<満月>
「一歩引いてやり方を見直す」
まん丸の形をした満月は、「豊かさ」の象徴です。
満月は、月の満ち欠け周期の折り返し点。
新月の日に始めたことなどが、実を結ぶ一方、欲が出てきて行きすぎてしまうことも。
満月の時は、根拠なき自信がある時なんです。
現在の状況を冷静に受け止めて、必要ならば行動や方法の見直しをしましょう。

美容と健康のテーマは、『癒し』です。
積極的なアプローチはお休みして、月に一度のスペシャルデーで、リラックスを心がけましょう。
満月の日は、気分が高揚しやすいので、暴飲暴食に気をつけて、早めに帰宅し、ゆっくりバスタイムがいいかも。

満月にお財布を整理する

満月に向かって、お財布を振ると、中身が「満ちる」と言うお話を聞いたことがあります。
簡単にできて、即実行!できますね。

しかし、財布をお金で満たすには、「空きスペース」を作っておくことが大切です。
レシートいっぱい、クレジットカードやポイントカードで、お財布がパンパンになっていませんか?
これじゃあ、いくら振っても、中に入る余地がない!
レシートを整理し、使わないカード類を財布から出しましょう。
お家の中の断捨離と一緒ですね。

まず、全部出して見る。現金も全てです。
レシート、期限切れや集めていないポイントカード、めったに使わないクレジットカードなど、今必要のないものを整理しましょう。
多過ぎる小銭は貯金箱へ…

次に備える

満月のパワーは、下弦の月から新月に向かって、緩やかに移り変わって行きます。
満月からの4〜5日はまだまだ、満月気分を味わいながら、
次のサイクルに向けて、準備に取り掛かりましょう。
欠けて行く月は、「排出」「調整」「吟味」「休息」がキーワードです。

満月以降は、「整理」「捨てる」「手放す」ことを意識して過ごしましょう。
”古い下着を捨てる”なんて言うのもいい機会かも。

『新月前後の過ごし方』は、次回にお伝えできればと思います。
今回は、景山えりかさんの「月 整活」の本を参考にさせていただきました。
月のリズムでの暮らしかた、とてもわかりやすく、書かれています。

今の季節、森ではたくさんの種類の「きのこ」が出てきます。
天然のきのこは、よく知っている人と行って「同定(鑑定)」してもらわないと危険なものもありますが、市販のものは、気にせずどんどんご賞味あれ!
シイタケ、シメジ、舞茸、などなど、きのこは、免疫力アップに疲労回復、脂肪代謝を促進し、風邪予防に抗がん作用まであります。

季節を感じ、月を眺めながら、美味しいきのこ料理を楽しむ。
そして、自然のリズムを感じ、自分も移ろいでいることを感じながら、
是非、今の季節を楽しんでください。

ライタープロフィール

赤居実花 月よみ師®
ナチュラルセラピスト

兵庫県出身
和歌山在住26年

ホメオパシー、ハーブ、フラワーエッセンス、心理カウンセリング、エネルギーワークなど、自然のもので人を健康に導く自然療法家として活動中。
「自然」が大好きで、自然に親しむ野外活動を始めて20年。
森の中で、皆を元気にする森林療法を始めて10年。
ホメオパスになって4年。
動植物などの「自然なもの」を使って、また自然の中で人を元気にします。
「自然に戻れば、身も心も健康になる!健康になると、自分らしく生きられる!」をモットーに活動を展開。
今後は「月の自然」も感じながら、皆が自分らしく生きられるよう、人を体も心も丸ごとコンサルしていきます。
Return Top