月よみ

私は私を生かせているかな? 自分の本音と繋がる5分間!

こんにちは。
月よみ師®リフレクソロジストの丸 サチコです。
東京生まれの東京育ち。姉弟の2人を育てるお母さんセラピストです!

今月から月よみwebで「月とリフレクソロジーについて」の執筆をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

月とリフレクソロジーが表現する本音とは?

さてさて。
皆さんは一人静かに月を眺めて、ぼーーっと過ごすことはありますか?

私は子供の頃から日課のように月を眺めて、ぼーーっとしていました。

穏やかな月あかりを見ていると、じわじわと涙があふれてきたり、「もう疲れたよー」と弱音がこぼれたり。
(やたらと気を張っている子供だったんですよ~)

しばらく眺めていると「いいの。いいの。疲れたって言ってもいいんだよ~」と優しいお母さんから慰められているような気分になるのです。

そして、20年前。初めてリフレクソロジーという「足裏セラピー」を受けた時。
全く同じ感覚になりました。
「大丈夫。私は私の感じるままでいい。」

月とリフレクソロジーは似ています。

月は自ら輝きません。太陽の光を受け止めて反射させ、穏やかに輝きます。

リフレクソロジーはReflex(反射)ology(学)と言って、人間の全身が足裏(または手のひらなど)に反射投影されていると考える療法です。
目に見えている「その人」が、普段人から見えない足裏に反射されて映しだされているのです。


月も足裏も「本音」を表現しています。
太陽は「社会性」 月は「本音」
身体は「着飾る」けれど、足裏は「素のまま」
どちらもつつましく、でもしっかりとそこに「ある」のです。
飾らない本音を表現しているのです。

本音は本根。
あなたの根っこ。

根っこのシンプルな声を受け取るのに
月とリフレクソロジーは最適な組み合わせなんです!

なぜなら・・
満ち欠けを繰り返す月は、その月相により私達の身体の特定の部位に影響を与えているのです。

その影響を受けている部位を、足裏の反射区で捉え、意識をむけていくことで・・

より、本音(根)にアクセスしやすくなるのです!

頭上の月から受けるエネルギーを
地に触れている足裏から感じる・・

思考のスピードをぐーーっと落として(←ここ大事)
自分の本音(根)の原始的な欲求を感じてみましょう!

「私を生かす!」月相16~20 満月から欠けていく時

月相は、新月を0として、新月から一日たったら月相1と数えます。
今日は月相16。満月から2日経ち、徐々に月が欠けていく最中です。

今あなたは心身共にどんな調子でしょうか?

私は満月を過ぎると、少しずつ体重が減りよく動けるようになります!
スポーツを愛する私としては、かなり調子ずく時期であります!

この満月から下弦の月(月が半分まで小さくなった時)の間は、私達にどんな影響があるのでしょう?

この時期は「心臓」に月からのエネルギーが入りやすい時期です。
「心臓」は胸の中央から左寄りに位置し、私達を生かす臓器です。

「私を生かす」

この時期は、私を生かしてくれている心臓に意識をむけて生活すると、月のパワーを味方につけて、よりパワーアップしますよ!!
ってことです。

身体的には心臓の機能を使い果たすこと。
心拍数を上げる・・つまり身体を動かすことが大事です。

身体動かすと「生きてる!」って感じしますよね。
体感あってからの……実感!
ウォーキングでも簡単な運動でもいいので、いつもより意識して心拍数あげていきましょう!

そして、ここからがリフレクソロジーの出番です!
日中、ちょっと心拍数を意識して動いた後は……。

夜。月をぼんやりながめつつ5分間(もう少し時間が必要な方は延長で)。
足裏の心臓の反射区に親指を当て、ゆっくり深呼吸してみてください。

心臓の反射区はこちら↓
(心臓の反射区は左足にしかありません。またポイントは探すのが難しいのでゾーンで示しています。)

「私は、私を生かしているかな?」
「私は、私らしく生きているかな?」
「私は、私を大切にしているかな?」

心臓の反射区をとおして、自分に聞いてみてください。

なにかひらめいたり、頭に浮かぶことがあるかもしれません。
どんなことでも受け止めて、聞いてあげてください。

私も自分の心臓反射区にきいてみました。
「今、私は、私を生かしているかな?」

答えは・・
「息苦しい~」 「もっとスペースが欲しいよ~」

……はい。

やりたいことが多すぎて、予定詰込み過ぎてます……。
息つまるくらい、いっぱいいっぱいだったね….。

私にはもっと「スペース(時間、空間ともに)」が必要で、そのスペースがあるから私らしいアイデアが浮かぶのです。

さて、皆さんにはどんな答えがひらめくでしょう?!
(月が見えない夜でも夜空の見えるところで行うのがおすすめですよ)

また次回、「月とリフレクソロジー」でご自分との対話の時間をご一緒したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします 。

ライタープロフィール

丸サチコ 月よみ師®
東京生まれの東京育ち。夫、大学生の娘、中学生の息子、26歳の黒猫と暮らしています。

第一子を出産後、自然療法に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得後、インストラクターとして勤務。メンタルケアスペシャリスト、霊気マスター、などの資格も取得、都内でサロンを経営。

第2子妊娠した時に一度仕事から離れ、息子を自宅で出産。その後介護福祉士として介護の仕事に従事するも、50才を過ぎ今後の自分の生き方を考え、セラピストの道に戻ることを決意。

現在は月よみ師としての学びとこれまでの経験を生かして、

役割で生きる女性たちが「個としての輝きを取り戻すこと」をテーマに活動中です。
Return Top