月よみ

あなたのその感情はどこから? 感受性豊かな蟹座に自分の心と身体を見つめよう

みなさん、こんにちは。
月よみ師、美構造メソッドインストラクターのAyamiです。

わたしは、自身の病気や経験から学んだことをもとに、心と身体のつながり、月や星がわたしたちに与える影響、そしてそれらを活かしながらHAPPYに生活する方法をお伝えしています。

今月から月よみwebの執筆をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

月星座と心と身体の関係性

星座は古くからわたしたちの身体のパーツに対応していると考えられてきました。
月は、背後に位置する星座のエネルギーを受けながら地球の周りを公転しています。
つまり月は、星座に対応するわたしたちの身体のパーツに、何らかの影響をあたえながら移動しているのです。

例えば、12星座の一番はじめの「おひつじ座」に対応するパーツは頭部ですが、その期間は「頭がぼんやりする」「ヒラメキが冴える」「目が疲れやすくなる」などの影響が出やすくなります。

普段みなさんに起こっている理由がわからない身体の不調や感情の浮き沈みも、実は月の影響を受けているのかもしれません。

月星座に対応するパーツを意識的にケアしたり休ませたり栄養を与えたりすることによって、より月と調和したライフスタイルを送れるようになります。

月を通して自分の心と身体をよく知ることで、「あなたらしさ」の輪郭がはっきりし、いきいきと生活できるようになります。

わたし自身も、月を意識してセルフケアを行うようになってから、心のモヤモヤや身体の疲労回復が早まり、リラックスできる時間が格段に増えました!

わたしの記事では、月星座に対応した心と身体の向き合い方と簡単なセルフケア方法をご紹介していきます。

月は「蟹座」に。自分の内側を見つめよう

本日11月16日のAM1時15分から11月18日AM6時56分まで、月は「蟹座」に滞在しています。

蟹座は、家族や安心してくつろげる場所、母性、心の内側などを象徴する星座。
情緒的で共感力が高く、気持ちのつながりをとても大切にします。
硬い甲羅で守られた内側に、溢れんばかりに豊かな感情や愛情を秘めています。

そして月も同じく、感情や内なる自己、母性を象徴する天体。

月星座が蟹座の時期は
*家族や仲間との時間を大切に過ごす、感謝をする
*安心してくつろげる空間を整える
*自分の内側を見つめ、やりたいことや我慢していることがないか振り返る
などを意識してみてくださいね。

また、蟹座は月のホームグラウンドでもあるので、月のエネルギーがたっくさん降り注いでいます。

それによって蟹座の特性である繊細な感受性が高まり、感情の振り幅が大きくなりやすい時期でもあります。
蟹座は相手のことを考えすぎてしまうこともあるので、自分の気持ちを抑圧しないように注意しましょう。

あなたのその感情の正体は?

ところで、
わたしたちは日々さまざまな感情を感じながら生活していますが、みなさんは感情の正体を知っていますか?

幸せを噛み締める時のじわぁっとしたあたたかさ
怒りに満ちている時のカッとなる衝動
悲しみが押し寄せている時のしめつけられる感じ
期待にあふれている時のドキドキ!ワクワク!

これらは身体の内側で感じる「感覚」ですよね?

そうなんです。
わたしたちの大切な感情は、頭で考えることではなく身体が「感覚」で教えてくれているものなのです。

つまり、感情=身体感覚です。

だから、身体の内側でどんな反応が起こっているか意識を向けてみてください。

ポジティブな感情もネガティブな感情も、今のあなたの状態を知るための大切なものです。
ジャッジせず、ただただ身体の中の感覚を感じてみましょう。

よくよく身体の中を観察してみると、頭の中で「これはこう!」と決めつけていたことがいつもと違って見えるかもしれません。

「わたし、あの時の出来事をすごっく悲しいと感じてたんだ…」とか。
「Aさんのこと嫌いだと思っていたけど、近くにいると頼りになるし、安心するなぁ」とか。

忙しくていつもは見落としがちな感情に、大きな気づきが眠っているかも。

みさなんも、ぜひ感情が出てきたときの身体感覚! 意識してみてください。

感情をたくさん感じよう! 蟹座にぴったりな簡単セルフケア

冒頭でお話しした星座に対応する身体のパーツ。

蟹座は胸部、胃、肝臓などがそれにあたります。
母性や豊かな愛情を表す胸部、繊細な感情を感じる(消化する)臓器が担当していますね。

今は、満月から新月に向かって月が欠けていく時期なので、デトックスやマッサージなどの「放出する・排出する・流す」などのケアを行うと効果が高まります。

そこで、今日は、この蟹座の時期にぴったりな、身体感覚を深める簡単セルフケアをお伝えします。

胸部全体の血流がよくなり、あたたかくなることで、自分の身体の内側に意識を向けやすくなり、「身体感覚が深まるってこういうことかな?」って感じてもらえると思います。

ぜひご家族や大事な仲間とやってみてくださいね。

☆簡単タオル体操
準備:フェイスタオルを一枚用意します。

①胸の前でタオルの両端を持ちます。

②タオルの両端を持ったまま、頭の上→背中の方にぐるっと回します。
なるべく肘を曲げないように注意しましょう。

③背中の限界のところでまできたら3回ゆっくり呼吸します。②③を何度か繰り返します。

④タオルを手から離し、胸を包むように両手をクロスさせて3回深呼吸します。
この時、両手の指を寄せて、甲にアーチを作るようにしましょう。


※ポイント
④が大事です!深呼吸しながら、身体の中の反応を観察してみましょう。
フェイスタオルで肘が曲がってしまう場合は、スポーツタオルなどの少し長さがあるものを使用するといいですね

*効果:
・胸部全体の血流が良くなり、内臓の動きが活発になる
・胸部と肩まわりの筋肉の緊張をゆるめて、リラックスできる
・深呼吸をすることで、自律神経のバランスが整えられる
・身体感覚が深まる

誰かにマッサージなどの施術をしてもらうことはとても気持ちがいいですが(わたしもマッサージを受けるの大好きです!)
セルフケアには単純にコリや冷えの防止だけでなく、自分自身に安心感を与える効果もあります。

みなさんも誰かに撫でてもらったり触ってもらったりしてホっとした経験ありますよね?
実は自分に対しても同じ効果があるんですね。

セルフケアは毎日簡単に行うことができますし、
自分の内側に意識を向けることで、心と身体の信頼関係を高めることにつながります。

セルフケアは、自分を癒し、愛することそのものです。
少しの時間で良いので、月星座が蟹座の間に自分の身体に触れて対話してみてください!

お読みいただきありがとうございました。

 

ライタープロフィール

Ayami 月よみ師®
月よみ師®️
美構造®️開脚システムインストラクター

不動産業・金融業でハードに働く生活をしていたが、
女性疾患、不眠、メンタル不調などを経験。

自分自身とのコミュニケーションができていなかったことに絶望し、
心と身体のセルフケアを始める。

自身を癒す過程で、心と身体は深く繋がっていて、
相互に影響しあっていることを実感。

また、月のサイクルや星が意識・体調に大きく関わって
いることを知り、月よみ星よみを学ぶ。

現在は、意識と身体感覚の両方のアプローチから、
心と身体の柔軟性を高めるセッションを行っている。

唯一無二の私たち。
自分の本質と繋がり、最高にHAPPYな人生を生きる
サポートをいたします。

好きなこと:
美術館に行くこと、月や星を眺めること、おいしいとご飯とお酒
Return Top