月よみ

あなたと共に過ごしているカラダの臓器を意識する~腎臓~

月よみ師® Junkoです。
今月から月よみWebの執筆をさせていただきます。

月のパワーを意識した生活をし、より健康に、より美しくなるために、月と臓器の関係性をどんなふうに意識すると良いのか、そのコツをお伝えしていきたいと思います。

今年も残すところあと1ヵ月強
2019年、みなさまにはどのような年でしたか。

日本という国にうまれたわたしにとって、2019年は『令和』という新しい元号を迎えたことが大きな出来事のひとつでした。

歴史の教科書でしか触れたことのなかった上皇という言葉も、たくさん目にすることとなり、日本という国をあらためて見つめる機会も多くあったように感じています。


そして迎えるオリンピックイヤーとなる2020年。
女性の2人に1人が50歳以上を迎えるといわれており、健康について考える機会が、ますます増えると思っています。

ひとことで健康と言っても、病気ではないとか、弱っていないということではありません。
イギリスの医師フーバー(Huber)は、
健康を「適応してセルフマネジメントをする力」として見ることを提案しました。

これは、健康を「状態」とするのではなく、それが個人や社会で変化するものであり、健康を「力」として捉え直したものです。

セルフマネジメントとは、
もし困難に直面しても、自分でうまく対処できることを意味します。

職場における仕事のリズムは、まだまだ20世紀型の男性テストステロンリズム、
本来、女性のカラダは、エストロゲンとプロゲステロンの交叉曲線リズム。

現代の職場における仕事のリズムに適応してセルフマネジメントをするために、『月』を意識することは、本来カラダに備わっているはずの太陰暦(月)のリズムを取り戻し、現代女性のカラダとココロのサポートとなると考えています。

今回は月の磁力が及ぼす影響を4つのフェーズに分けてとらえ、カラダの臓器との関係性をご紹介いたします。

4つのフェーズに関してはこちらの記事をご参考にしてください。

月は現在、11月20日6時20分の下弦の月から1週間かけて、その姿を消している途中ですので、新月に向かう新月(-)期となっています。

この月がどんどん欠けていくときに意識して欲しいカラダの臓器は『腎臓』です。

腎臓の役割は血液をろ過して、不純物を尿として排泄するために送り出す臓器ですので、月が欠けていくエネルギーは、腎臓の捨てる(排泄)機能と相似するのです。

「いるものといらないものを、選択する」
といっても、尿は尿細管というところで、99%は再吸収されますので、実際に捨てるのは1%だけ。

つまり
「99%まで、今の自分の状況を認めること」を意識していただきたいと思います。

わたしは仕事で多くの方にお逢いする機会をいただきました。
お話する中で感じているのは、家族構成やライフサイクルに関係なく、とてもお忙しい方が多いということです。

男性テストステロン型社会の特性のひとつとして、早さが求められ、次から次へとめまぐるしく新しいことが現れ出やすい日常です。そのリズム、日々の喧騒を終始感じていると、残念ながら女性のカラダは病気を誘発しやすいのです。

足を止め、手を止め、この時期に降り注ぐ月のエネルギーを意識して、今のあなたの状況を認めること。

すっごい大満足! ではないかもしれません。それでも、いまのあなたをあなたが認めてください。

あなたの腎臓を意識することは、あなた自身という『バウンダリー(=境界線)』を認識することにつながります。

そして、自分自身を意識する中で、もうあなたにとって不要となっているものに気がつく機会ができ、「手放すこと」を見つけるかもしれません。

更に効果的なのは、あなたの過ごされている住空間を整え、断捨離をしてみること。


また、東洋医学は「腎」について多く語っています。
腎臓の位置は両肘を背中で合わせた辺りにあります。

腎臓は普通、対になって左右対称になっていますが、これは両親を現すと考えられており、両親からの遺伝的な作用も腎のはたらきと見なします。

東洋医学では、7歳までの子供は、 親からもらった「腎気」で過ごすとされており、7歳を超えると呼吸と消化器系が発達し、上手に「気」を練ることが できるようになると考えます。

ですから、7歳までは父親、母親のカラダからもらった「気の貯金」でわたしたちは生きてきたということになります。

「七五三」という慣習や、7歳になる年に小学校にあがるのも、 一人前のカラダになるのが7歳からという考え方が影響していると言われています。

そして、その両親も、そのまた両親も、それぞれ親からの「腎気」を受け継いでいます。

つまり、私たちの腎臓には、 脈々と受け継がれてきた先祖の気が宿っているのです。

あなたの腎臓をケアすること、それは、あなたの身近な先祖供養につながると考えます。

そっと背中に手を当て、あなたを見守っている人がたくさんいることを、欠けていく月を見ながらふと感じていただく時間をつくってみてください。

腎臓を通して、あなたをいつも見守ってくれている存在がいることを感じていただけたら、とてもうれしく思います。

ライタープロフィール

Junko 月よみ師®
総合病院勤続23年 看護師

救命救急センターから一般外来へ移動したある日
突如出逢った1人の患者さん

その方との出逢いから
『健康』とは何か? を改めて問うわたしの旅が始まりました。

体と心はつながっていて
「体」だけでなく眼に見えない「心」や「気・霊性」を含めた視点
さらに、社会環境や自然環境まで含めた統合的・体系的な知識を用いて見つめる『健康』

特に女性は、月のリズムと身体を同調させることで
人生という旅が、健やかになれるという結論に至り「月よみ師」となりました。

人と信頼関係を築き、深くつながる、
自分を大事にするための『バウンダリー』を大切にしています。

趣味はスポーツ観戦 
好きなことは 温泉めぐり お散歩
Return Top