月よみ

イメージングで宇宙といち早く仲良しになるチャーーーンス!

初めまして月よみ師®のIseko ☆伊勢です。

私は、現役の看護師でありながら、プライベートな時間に、自分自身のお楽しみと社会貢献活動を目指して、月よみ師®兼イメージトレーナーとして活動しています。今月から執筆担当をすることになりました。

私は、月よみ師養成講座に参加して、月について学び、日常にセルフケアを取り入れることで、ツキを呼び込み、カラダとココロが整いました。
プラス、Happyを引き寄せ、次々に願いを叶えています。

皆さんが、月について、イメージングについての知識と理解が得られるよう、わかりやすく簡単にお伝えしていきます。私の経験と知識が誰かの何かの気づきになるといいなと思います。

11月28日の新月から、12月4日の15:58上弦の月まで、新月(+)期と言い、真っ暗な新月から、月が反射して半月(上弦)を迎えるまでの時期をいいます。
この時期は、イメージングをするにあたって、特に最適な期間であると考えています。

月の4つのタームについて、詳しくはこちらの記事を

私が、イメージングを何故おススメするのか?
それは、いつでもどこでもできるし、とても簡単で、なんてたってタダ!

イメージングとは?

自分の姿や自分の欲しいものを手に入れている姿を強くイメージすることで、その状態を引き寄せることができます。

【イメージングのポイント】
☆具体的に
☆五感をフルに使う
☆肯定後を使う
☆叶ったことを前提にした表現
☆ハートがワクワクときめく内容(あなたが本当に望んでいること)
☆楽しんで、ノリノリでフンフン♪鼻歌でも歌いながら。

12月1日5:13に月は、水瓶座に移動しました。
改革革命を意味する水瓶座は、新しい流れを作り出すのが大得意! スピーディーな展開が望めます。

12星座の中で唯一、「宇宙」を意味する水瓶座。
宇宙のサインを取りこぼしなくキャッチしたい、スピーディーにシンクロを引き寄せたいという願いも有効です。

【水瓶座のキーワード】
☆宇宙と調和
☆意識改革
☆日常も仕事も人生も好転

同日の宿曜は、室。
家族との関係がテーマとなります。
まず自分自身と家族や周囲の人々、物への感謝を込めてからイメージングに入るとなお有効です。

日常のすべての当たり前は、当たり前ではない。
大切な人と今を共にできること、同じ時を刻むこと、空気間を味わうこと。
五感を使ってのコミュニケーションを図れることへの幸せや有難さに気づけることで、感謝が生まれ、その感謝は倍になる。他者がいるからこそ、感謝ができる。

イメージングしてみよう!

さあ! 水瓶座と室宿の得意とするところに、あなたが願うこと、叶えたいことをイメージングしていきましょう。

たとえば、
遠距離恋愛の私と彼、距離も会えない時間も超えて絆は益々深まった。
私は、この証明を宇宙からの大胆でスピーディーなサインとして受け取ります。
私は、月よみを勉強して、益々宇宙と仲良し、まさに相思相愛!
私は、宇宙と調和して生きている幸せを実感している。
私は、宇宙からのサインを取りこぼしなく受け取ります。など

日々の星座や宿については、

または月よみアプリでご確認いただけます。

ね、簡単なのです!
このように月のリズムに沿って、その日の星座や宿を意識して生活していく、イメージングをすると、宇宙とシンクロして、ツキを呼び込み、願いを叶えるための引き寄せの波が起こります。

その日に気づいたシンクロをメモして情報取りをしていくと、変化や宇宙とのシンクロは益々深まっていきます。
シンクロによって、あなたの特徴サインもわかります。
月よみセルフケアも是非取り入れてみて下さい。

最後になりましたが、みるみるうちにあなたのカラダとココロが整い、あなたの日常と人生にバランスが取れ、Happyにより豊かに輝き始めますように!

あなたの日常や人生が笑顔で溢れるよういつも願っています。
愛と感謝を込めて、最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
また、お会いできるのを楽しみにしております。

ライタープロフィール

吉岡 伊勢子 月よみ師®
現役の臨床看護師、尾崎里美認定イメージトレーナー12期生、おのころ心平認定月よみ師4期生、この3本柱で活躍中。
0歳から女手ひとつで育てられた私。2016年10月最愛の母を亡くし、同時に看護師の仕事にも追われ、疲弊していく一方のおひとりさま女子でした。そんな時イメージングに出会い、ワークライフバランスを取り戻し、次々にHappyを引き寄せられるように。さらに 月よみによるセルフケアで、ツキを呼び込み、カラダとココロのバランスも整えることができるようになりました。
人生は40歳から! 自分を信じてみたい、Happyを求める方々に全力2倍増しでお伝えします。一緒にHappyになりましょう!
Return Top