月よみ

魂は震えたがっている!
27宿曜別おすすめエンタ ~畢宿と觜宿~

こんにちは。
月よみ師®️でスピリチュアルヒーラーの、あこです。宿曜占星術の27宿へ向けた、おすすめエンターテイメント!
第2回は、畢宿(ひつしゅく)と觜宿(ししゅく)へ向けてのご紹介です!

ところで、なぜ「魂は震えたがる」のでしょう?

その理由は前回もお伝えしましたが、
ご存知の通り、魂の存在理由は「成長すること」で、それには震え=「体験」が必要であるから、ですね。

「魂が震える」を
エネルギー的に説明すると……この世のあらゆるものは振動を発しており、空気中にその「振動」=「エネルギー」が満ちていて、
それが共振し合うことでエネルギーが「共鳴」し、それにより感動が起こる(魂が震える)。

音楽や本、映画といったエンターテイメントは、この震えを起こさせる、とても便利で強力なツールというわけです。

10回の連載で、宿曜占星術の27宿、それぞれの持つエネルギーに共振を起こしやすい作品を選び、ご紹介してまいります!
ぜひご自身の宿、ご家族の宿を知って、参考にしてみてくださいね。

★自分の宿を調べるページはこちら

前回提案させていただいたのは、作品中で共鳴した言葉を書き留めておくこと。
書いて、見返すことで深く落とし込まれ、やがて自分自身の資質となっていく、
と言うお話しでした。

★前回の記事はこちら

今回は、畢宿と觜宿に共通する一つの資質に注目してみました。
それは、これだ! と思った事に向かって行く精神力の強さと執着心です。

とても素晴らしい資質ですが、「こだわり過ぎ」になってしまうと、視野が狭まり事態を膠着させてしまうことに。
そうなると、視点を変えるのも難しくなります。

今回ご紹介する本や映画、音楽は、 畢宿と觜宿の持っている資質を上手に引き出してくれるはずです。
どうぞたくさんの言葉と出会っていただき、魂を震えさせていただければと思います。

魂を震わせよう! 27宿曜別おすすめエンタ

●畢宿 ひつしゅく

☆音楽 「O Holy Night」ナット・キング・コール

共振ポイント・・包み込むような温もり 穏やかと強さの共存

もうすぐクリスマス、と言うのもありますが、畢宿のイメージを思い浮かべた時まっさきに頭の中に流れてきたのがこの曲でした。
12月になればどこかで流れている有名なこの曲に、じっくりと聴き入る人はどれくらいいるでしょう……。

人を丸ごと包み込む、包容力のある温かな声に聴き入れば、それは単なる「声」を超え、人の心を震わす響き(振動)そのものとなる
そこに、この曲が長く愛される理由がある気がします。

畢宿の穏やかさ、温かみ、ゆったりとした落ち着き、そして内面に持つ剛健な意志と粘り強さが、この曲の持つものとよく似ているのです。

『 聖なる夜、星々は光輝く
今夜は救い主の生まれた日
人々は長い間 罪と偽りの元にいた
主が来て 生きることに価値を見いだすまでは 』
https://youtu.be/ZRfLl5OEDy8

☆本 「星々の舟」村山由桂

共振ポイント・・・ひたむきで、揺るぎない愛と情熱

畢宿は温かみがあり女性的な人が多く、モテます。
行動はマイペースで堅実。自分の中の大切なものを断固守り通す強さも持ち合わせています。

星々の舟の「星々」とは、人々のこと。
家やコミュニティという「舟」に乗って、人生の海を渡っていく人々の、それぞれの輝きを描いています。
深い悲しみが、その輝きを澄み渡らせていくさまに胸打たれます。

皮膚感覚で敏感に相手をとらえ、駆け引きなどすることなく、ひたむきに愛を注ぎ続けることができる畢宿の特徴は、メインの登場人物である沙恵の生き方と重なります。

畢宿はまた、その信念の強さと誠実さによって、人々の舟となり導いていく力も持っています。

『 いいから、ほら
早く泣いちゃいな 』

☆映画 「ハンナ・アーレント」

共振ポイント・・・強い気持ち 信念を曲げない

穏やかで冷静沈着な畢宿ですが、内面には、こうと思ったらテコでも動かない強い意志や、相手が誰であろうと、強気の姿勢を崩さず向かっていく気の強さがあります。

自らも抑留体験を持つユダヤ人哲学者ハンナは、ナチ高官の裁判を傍聴し記事を書きますが、ナチ擁護と受け取られ、激しい批判を浴びます。

ハンナは言います。
『私が望むのは、考えることで人間が強くなること』

厳しい体験を持つからこその、身体感覚から生まれる真の思想で、大衆の「思考停止」に揺さぶりをかけていきます。

そして、本当の悪とは何かについて、生涯取り組み続けるのです。
自分の真実を決して譲らず、静かに、そして勇敢に。

畢宿の内なる勇敢さのベースには、人類への深い愛があるようです

『 私は逃げないわ。絶対にね 』

●觜宿 ししゅく

☆音楽 「明星」トータス松本

共振ポイント・・・「こうあるべき」からの解放

頭が良く、高い能力を持つ觜宿は、そのかしこさ、まじめさゆえに、細かい所まで気がまわり、神経を使いすぎる傾向があります。

正義感の高さから「こうあるべき」という、自分の物差しで判断しようとし過ぎれば、不安から頭痛につながったりもします。

トータス松本の歌は、半分ふざけているようで、凄く真剣に、ピュアに、真っ正直から人間の「まじめさ」に向き合って、それを歌で表現しています。
そして笑い飛ばします。

肩に力入ってないか?
眉間にシワ寄ってるよ!
笑おう!

そんな風に。

まじめさは觜宿の宝。
いつも真剣に生に取り組くむことができる力です。

たまにこんな歌で心を解き放ち、魂と融け合うことで、その知性は自由な翼を得ることでしょう。

『 何もかも間違いじゃない
何もかも無駄じゃない
たったひとつの輝きになれ
人はみな一度だけ生きる 』

https://youtu.be/F80UmwRu2tM

☆本 「西の魔女が死んだ」梨木香歩

共振ポイント・・・ピュアな心 言葉の魅力(魔力) 古い価値観に気付く

感性豊かで知的な觜宿は話術に優れ、言葉に説得力と魅力があります。

物語では、魔女である「おばあちゃん」と、学校へ行かないと決めた孫、まいが、二人で暮らしたひと月余りに交わされた会話の中に、沢山の魅力的な言葉を見つけることができます。

「魔女修行」の日々の中、おばあちゃんの柔らかな言葉は、慈雨となって、まいを再生へと導いていきます。

毎日が新しくてみずみずしい自然の暮らしを、物語で体験したら、きっと自分の中の古くなった価値観に気付くことができるでしょう

重すぎる「ものさし」や「ルール」に気付いたなら、そっと捨ててしまいましょう。

『 春になったら種から芽が出るように、それが光に向かって伸びていくように、魂は成長したがっているのです 』

☆映画 「マディソン群の橋」

共振ポイント・・・直観と理性 内に秘める情熱

觜宿は、恋愛に対してとても慎重です。好意を抱いても、相手の素性がはっきりしないうちは踏み込めず、理性によってブレーキをかけてしまいます。
決まった相手と長く交際し、結婚すれば家庭をしっかり運営します

一方で、新しいものが大好き。
感性豊かで、愛され上手でもあります。

まじめで聡明な主人公フランチェスカは、突如訪れた運命の出会いに激しく葛藤しつつも、その豊かな感性によってお互いの魂の繋がりをしっかりと受け止め、人生に新しい風を吹かせるのです。

守るべきものを守りながらも、情熱を生涯心に秘め続けた生き方に、觜宿の精神力の高さを感じさせます。

そして、パートナーシップにおける「成就」の形は、決してひとつでは無いことを、この映画は教えてくれます。

『 恐れずに 幸せを求めて。
人生は美しいものです 』

*次回は、参宿、井宿、鬼宿へ向けてのご紹介です!
どうぞお楽しみに!

ライタープロフィール

あこ 月よみ師®
月よみ師、ヒーラー。
藤沢市出身、横浜在住。
HSP(超敏感体質)でエンパス(非常に高い共感能力を持つ人のこと)。
幼少期よりあらゆるものに敏感すぎて、生きずらさと共に育つ。

10代後半から、顔面神経麻痺、自立神経失調症、うつ、重度不眠などを経験。
長年に渡り「自分を癒す方法」を探求、学ぶ中で、ヒーリングと出会う。
セッションでは、月よみ、数秘、リーディングにより、その人が本当に必要とする癒しを見つけていきます。
好きなもの、、絵、音楽、本、身体のこと、宇宙のこと、笑えるもの。
Return Top