月よみ

【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法~おとめ座編~

こんにちは。月よみ師®️インナーチャイルドセラピストのです。

前回の記事の中で月星座とインナーチャイルドとの関係を書かせていただきました。
前記事:【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法〜やぎ座編~ 

今回はそのシリーズの2回目になります。

月星座は幼少期の無邪気な自分自身を表します。
おとなになっても無邪気なままの自分がずっと心の奥にいるのです
これこそがインナーチャイルド(内なる子ども)です。

月星座を知ることは自分自身を知ること。
自分のインナーチャイルド、子ども心、駄々っ子な自分を理解し癒すことが、心を癒すことにも繋がります。

ご自分の月星座は、生まれた時の月の位置から調べることができます。
自分の月星座を調べる→https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

今日の月は?

今現在、月はおとめ座にあります。
おとめ座の月は『12星座の薬箱』とも呼ばれ、治癒や癒しの力を持っています。

12月に入り、私の住む地域は一気に気温が下がりました。
空気が乾燥し、風邪やインフルエンザなども流行し始めています。
そんな中、今宵のおとめ座の月の治癒力で、一時的にでも症状が緩和される方もいらっしゃるかもしれません。

今日はそんな癒しのパワーの元に生まれた月星座おとめ座のインナーチャイルドに触れていきます。

月星座おとめ座のインナーチャイルド

月星座おとめ座の方々はまさに『癒し』の力を持っています。
さらにその癒しの力を惜しげもなく人に捧げるのも大きな特徴です

そしてとても極め細やか。何事にも一生懸命ストイックに取り組みます。
きれい好きで片付け上手でもあります。

そんな素敵な個性をお持ちの月星座おとめ座。
何でもきっちりこなしたい完璧主義な性格が時には自分を苦しめてしまうこともあるようです。
特に思い通りにいかない場面ではストレスがたまり、批判的な感情が生まれやすくなります。

『何であの人はやってくれないの』

『せっかく綺麗に片付けたのに、何でこんなに散らかすの』

『もっとしっかりしてよ』

周囲に対してそんな感情が生まれたとき、月星座おとめ座のインナーチャイルドはこんな感じ。

『疲れたよー』

『自分の時間がほしい』

『いっぱいいっぱいだよー』

実は、おとめ座の本音は、
落ち着く環境で自分の好きなことに思う存分没頭したい、自分の時間を大切にしたい、なのです。

もちろん普段は人のために動くことを惜しまないおとめ座ですが、心身ともに疲れた時、自分が落ち着く環境に身を置いていたいという気持ちが顔を出します。

そのためキャパオーバーになると批判的になったり、攻撃的になったりしてしまうのです。

月星座を抱き締める

12星座の中で一番しっかり者な月星座おとめ座。子どもの頃から人に頼られることも多かったのではないでしょうか
幼い頃から甘えるのが苦手だった方も多いはず。
でもどんなにしっかり者でも疲れる時はありますよね。時には甘えたい時だってあるはずです。

今日はいつも頑張っているおとめ座の心を甘えさせてあげましょう

まず深呼吸をして、胸に手を当ててみてください。

そして自分の中のおとめ座の心をぎゅっと抱き締めてあげてください。

『疲れたよね』
『休みたいよね』
『普段がんばってるもんね』
『たまには自分のことだけ考えてもいいんだよ』
など、労ったり、誉めたりしてあげてみてください。

『いいこ、いいこ』
と頭を撫でたりするのもおすすめです。

時には、お気に入りの環境で好きなことに没頭する時間を作り、自分をめいっぱい甘やかせてあげてもいいですね。

おとめ座のインナーチャイルドを感じて癒すことができたなら、きっとあなたの本来持っている癒しのパワーで周りの人たちも癒されることでしょう。

お読みいただきありがとうございます。今後も12星座別インナーチャイルドの特徴と癒し方をお伝えしていきます。

ライタープロフィール

有花 月よみ師®
1985年11月26日生まれ。栃木県足利市出身。
歯科衛生士として5年働いた後、出産を機に専業主婦へ。
長女の食べ物アレルギーが発覚。そこから食に関心を持ち、自然育児サークルに参加。
その後、新たに自然育児サークルを立ち上げ運営に携わる。

出産後、歯科衛生士として復帰。市の乳幼児検診で1才から3才までの公衆衛生に携わる。
自分の子育ての経験とたくさんの親子との関わりの中、子育てが少しでも楽になる方法を模索している時に占星術に出会い、月星座が子育てに役立つと確信し月よみを学ぶ。
現在は、群馬県館林市で子育て占星術のセッションやワークショップを随時開催。
今後は月よみ師としてさらに子育て占星術を広めたい。
Return Top