月よみ

バラで美意識の芽を育てよう!
~月星座てんびん座の特性とおすすめのバラ~

こんにちは。月よみ師®の祐紀です。

私の記事では、月星座ごとのあなたの美意識にフィットする、花壇でも鉢でも育てやすく、丈夫で美しいおすすめのバラをご提案しております。

前回はやぎ座についてお伝えしました。
前回の記事はこちら

今回はてんびん座にぴったりのバラをお伝えしたいと思います。

お気に入りのバラの一株を育て、向き合うことは、私たちの美意識を育て、内面にすばらしい変化と気づきをもたらしてくれます。

ヴィーナスの誕生とバラの関係

さて、あなたは、
絵画「ヴィーナスの誕生」をご覧になったことがありますか?ルネッサンス期の画家であるボッティチェリの作品で、ギリシャ神話の一説を描いた絵画として有名です。

この絵の中央には、ホタテの貝殻に乗り、海の泡から誕生したヴィーナスが描かれています。
左側に描かれている空飛ぶ男女は西風のゼフュロスとその妻フローラです。仲睦まじい2人が吹き出す暖かい息によって、ヴィーナスは陸地へと漂って行きます。
右側には、陸地に立つ季節の女神ホーラが、ヴィーナスを出迎え、美しい衣装を着せかけようとしているところが描かれています。ここで注目していただきたいのは左側です。

花の女神フローラが夫であるゼフュロスとともにまき散らしているたくさんの白い花が描かれています。
絵画の登場人物の存在感と臨場感に圧倒されて見落としがちですが、実はこの花々、バラなのです。

ギリシャ神話では、ヴィーナスが海から生まれた瞬間、大地が「自分も神々と同じように美しいものを創造できるのだ!」とバラを生み出したとされています。

神が創った女神ヴィーナスは愛と美と性の女神です。
その誕生と同時に大地が創ったヴィーナスの聖花であるバラは、愛と美と女性性が具現化したものであり、象徴であるとされてきました。

また、この絵画に描かれているバラは、当時フィレンツェに自生していた5弁の花びらを持つ原種の白バラがモデルであると言われています。

この原種ばらの花びらの数である「5」という数字は、金星と関係が深いとされています。
古代メソポタミアでは、バラは五芒星☆の象徴とされましたし、金星は8年周期で黄道上に美しい五芒星を描くといわれています。
また、五芒星のすべての線は、安定的で美しい比率とされる黄金比の関係にあり、それゆえ美と完全性、聖なる女神の象徴とされてきました。
さらに女神崇拝においては、5弁のバラは、女性の一生(誕生、初潮、出産、閉経、死)を表わすともされています。

金星は英語でVenus、ヴィーナスと呼びます。
太古の昔から金星と美と女性とバラは切っても切れない関係性があったのですね。

金星に守られたてんびん座の美意識をくすぐるキーワード

占星術では、それぞれの星座に守護星と言われる惑星があります。
惑星それぞれに特色があり、担当する星座を守ってくれていると考えます。今日の月星座であるてんびん座を担当する守護星は金星です。
始めにお話しした通り、金星=Venusは愛と美の星であり、そんな金星を守護星に持つ月星座てんびん座の方は、生まれながらにして美意識の高い方が多いのが特徴です。そんなてんびん座を表わすキーワードは・・・
つながる 共有する
公正、公平 平和主義
協力的
客観的
バランス感覚に優れる
エレガントで聡明
スタイリッシュ
社交的で思いやりある
美しい
穏か

芸術や自然界にある調和的な美しさをこよなく愛します。自分を取り巻く世界を美しくしたいという気持ちに満ちあふれています。

他者に対しては「みんな違ってみんないい」が大前提です。誠実さと愛情をもって他者を観察し、ちょうどよい距離感で人間関係のバランスを保ちます。

礼儀正しく、穏かで、独自の価値基準を持っています。理性的な判断力の持ち主です。

全てにおいてトータルコーディネートが得意です。
例えば、ファッションにおいて、テイストの違うアイテムを組み合わせて、独自のスタイルを作り上げる洗練されたセンスの持ち主です。

 月星座てんびん座のあなたへのおすすめバラはクロード・モネ(Claud Monet)


出典 はなはなショップ<花色>   黄色・ピンク絞り
<咲き方> カップ咲き~ロゼット咲き
<花径>  8センチ・大輪
<香り>  強香(ローズ、フランボワーズ、アニス、リーフの香りのミックス)
<花期>  四季咲き
<樹形>  コンパクト(1.0m×0.8m)

フランスの種苗メーカー、デルバール社の苗です。日本国内で育てられた苗が販売されているので、安心です。
とても珍しい斑入りのロゼット咲きです。
非常に強く丈夫で、育てやすく、初心者の方に特におすすめです。植木鉢にも最適です。

色はピンクのベースに黄色の斑が入ります。
特に春は発色がよく、どちらの色も主張が激しいです。

黄色の持つ「行動力、集中力、やる気」とピンクの持つ「優しさ、愛情、幸せ感」をエレガントな咲き方(ロゼット咲き)が上手くまとめています。
風になびく姿は、まるでバナナ&ストロベリーアイスクリームか無邪気なマドモアゼルのドレスのようです!

きっとてんびん座のあなたのおしゃれ感覚をぐっと刺激してくれるでしょう。

香りは、ローズ系の中にスパイシーさとフルーティーな甘さとリーフの爽やかさがミックスされています。
複雑な香りに思われがちですが、それぞれの香りが絶妙なバランスで引き立てあった強い香りです。
きっとバランス感覚の優れたてんびん座のあなたを感動させてくれる香りだと思います。

名前の由来は、言わずと知れた印象派の巨匠、クロード・モネからです。
睡蓮の絵で有名なモネですが、生涯花を愛し、特にバラには並々ならぬこだわりを持っていたと言われています。
「光の画家」とも呼ばれるモネは、影に補色を用いるという手法で、それまでの主流だった「影=暗い」という概念を覆しました。
また、日本の浮世絵を愛し、作品へのインスピレーションを得たことでも有名です。

「光と影」「和と洋」という異なる性質の「美」を調和させ、独自の世界観を表現するというモネの生き方は、「それぞれの良さをバランスを取って調和させ、美しさをコーディネートする」というてんびん座の美意識を満たし、生きる原動力を与えてくれるでしょう。

バラの植え方アドバイス(関東以西の場合)

バラが初めての方には、大苗(しっかりと地植えで育てて秋に掘り上げた苗)がおすすめです。どっしりと重く、枝がしまっているものがベストです。
葉がついている場合は色の鮮やかさもチェックポイントです。
大苗の植え付けは、真冬を避けた秋から春までの間です。<準備するもの>
*苗
*植木鉢(バラ苗よりも1~2まわり大きめのもの)
*バラ専用培養土
*鉢底ネット、 鉢底石
*有機質肥料(バラ専用のものも売られています)<植木鉢の場合>
1.鉢底の穴を鉢底ネットで覆い、鉢底石を敷き詰める。
2.鉢の1/2ほど培養土を入れる。
3.苗をポットから出し、根についた土は崩さず、苗を鉢の中心に置く。
4.鉢のふちから下2~3センチのところまで土を入れる。
5.たっぷりと水をやる。(鉢底から水が流れ出てくるまで)
6.水やりで沈んだ分の土を足す。
7.10日程たったら、有機質肥料を根元に置く。
水やりは、土の表面が乾いたら行います。

<地植えにする場合>
1.庭に穴を掘り、穴底の土を少し耕して肥料を入れて混ぜる。
2.苗をポットから出し、根についた土は崩さず、苗を鉢の中心に置く。
3.掘り起こした土と培養土を混ぜて植え穴に戻す。
水やりは、植え付け後一週間程度は毎日行います。

植え方は、YouTubeなどで動画も見れますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

ライタープロフィール

浅川祐紀 月よみ師®
兵庫県生まれ。水辺が美しい田園地域で育つ。
大学卒業後、商社に就職。結婚を機に退職し主婦に。  
  
夫の転勤に伴い、多くの引っ越しを経験。
特にヨーロッパで暮らした6年間に様々な国籍の人と交流し、価値観は違っても「笑顔」という共通言語があることを実感する。

月を最初に意識したのは幼少期。満月が暗闇を明るく照らしてくれる安心感に気づく。
40代に入り、精神的に不安定な時期を過ごす中、自分の「子ども」の部分を癒す大切さに気づき、月よみ師に。
「自分のココロに正直に生きる」がモットー。
月が未来をクリエイトするヒントをくれるということを伝えていきたい。

趣味は、バラ育て、ウォーキング、スキー 和歌からハードロックまで歌が大好き。
Return Top