月よみ

残り5日間でやってみて。2020年の新しい時代へ楽にシフトする方法は、コレ!

こんにちは。月よみ師加藤香里です。

今年も残すところあとわずか。今日は仕事納め、という方も多いのではないでしょうか。

「大掃除中です~」そんな声も聞こえてきそう(笑)

年末でお忙しいとは思いますが、2019年がどんな年だったのか、一緒に振り返ってみませんか。
そして2020年がどんな年になるのか、どんな年にしていきたいのか、そんなことを考える時間を少しでいいので設けていただけるとうれしいです。

今日は2019年、2020年に対して私が今気づいていること、感じていることを皆さんとシェアしていきたいと思います。

2019年はこんな年。キーワードは、「変化」「スピード」「受け入れる」

ところでみなさん、今年の干支、覚えています?
・・・そう、亥年。十二支最後の干支です。
今年はまさに亥のごとく猛スピードで駆け抜けた一年ではなかったでしょうか。

例えば災害。
「え?また?」という具合に次から次へと起こった地震、大雨、台風。
しかも今までの常識が当てはまらないような光景に目を疑いませんでした?

そうそう、働き方改革も始まりましたね。
終身雇用体制も崩れ、従来のいい高校を出て、いい大学に行き、いい会社に就職できれば生涯安泰。そんな風潮も崩壊していると感じます。

大学生の就職支援に携わっている私から見ると、彼らが重要視しているのは、給料よりも休日や福利厚生、やりがいなど。
どちらかと言えば付加価値的な、目に見えない部分に価値を見出すようになってきているのです。

そして、一番強く感じているのは、

「自分の内面に隠してきた感情の浮上と浄化の一年だった」

ということ。

「やけに感情が揺さぶられる・・・」

そう感じていたのは私だけではなかったと思います。


『内面で向き合わなかった問題はいずれ運命として出会うことになる』

これは、スイスの精神科医・心理学者であるカール・グスタフ・ユングの言葉ですが、まさに運命の1年だったと感じています。

私の場合、離婚して10年。
当時消化し切れなかった感情を全てココロの奥底に封じ込めて人生の再スタートを切ったわけですが、気がつけば子どもの手が離れる年になりました。
それを待っていたかのように噴き出した感情の数々。

月のリズムや宇宙からの気づきのエネルギーである「真氣光」を利用しながら、何とか手放すよう努力しましたが、次々と現れる感情の壁にぶち当たり、11月後半ごろからは、魂が半分抜け出しているような状態になってしまいました(笑)

2020年のキーワードは「本当の自分で生きること」

「なんで今ごろこんな苦しまなきゃいけないの?・・・」

ぼんやりと月を眺めながら何度も問いかけていました。

私に届いた答えはこれです。(送り主は月なのか、宇宙なのか・・・)

「新しい時代の波に乗るための準備ですよ」

2020年は、干支で言えば「子年」。
まさにスタート、新しい時代の幕開けです。

自分の能力を生かす、本当の自分で生きる、本当にやりたいことをやる、そんな人が増えてくるでしょう。
もっと言えば、自分のココロに正直に生きていかないと、生きづらくなるかも知れません。

そんな時代の波に乗っていくためには古いものや新しい時代にそぐわない物を手放す必要があります。
だから、「内面で向き合わなかった問題と向き合う」のは「今が最適」だった、というワケです。

魂が抜けかけるほどの状況になって、自分の感情を手放すためには、「自分を癒すこと」「自分を満たしていくこと」も必要なのだということにようやく気づきました。
それも、「年内にね~」というメッセージのオマケ付きで、ですよ。もぅ~タイミング凄すぎ(笑)

今年起きた数々の災害は、私たちに「このままで、いいの?」と問いかけ、終身雇用制度の崩壊は、「いつまでも同じではない。常に変化しているんだよ」ということを教えてくれました。

まさに今、私たちは「生き方を問われている」のではないでしょうか。

そこで、ご提案なのですが・・・。

今年の残りの5日間、自分がやりたかったけど、我慢していたこと、おもいきってやってみませんか?
自分が幸せになることは、周りを幸せにすることにつながりますから。


小さなことでいいのです。

例えば、
・ぼーっとする時間をあえて取ってみる。
・伝えたかったことを伝える。
・食べたかったものを食べる。
・欲しかった物を、思い切って買う。
・行きたかった所へ行ってみる。

など、自分の気持ちが少しでも軽くなったり、うれしく感じることならなんでもOK。

1年間頑張った自分へのご褒美として、新しい時代の波に乗るための先行投資としていかがでしょう?

気分よく過ごすことは、自分の波動を整え、本当の自分で生きていくことへの第一歩になるはずです。

私もまだまだ現在進行形の身です。
仲間がいると心強い♪
さあ、ご一緒に新しい時代の波に乗りましょう!

今年も記事をお読みくださりありがとうございました。
主に、宇宙からの気づきのエネルギー(真氣光)についてお話させていただきました。
目には見えない(見えにくい?)ので、「信じられない」こともあると思いますが、幸せになるヒントがたくさんあります。

宇宙のエネルギーは年々強くなってきています。
月のエネルギーも例外ではないと思っています。
望めば本当の自分で生きていくことに力を貸してくれるでしょう。

来年も経験談等を交えながら、「幸せになれるご提案」をさせていただきますね。
どうぞ良いお年をお迎えください。
~2020年もあなたの魂がますます光り輝きますように~

ライタープロフィール

KAORI 月よみ師®
愛知県名古屋市在住。氣光師。

学生の頃より自分の病気の手術回避方法を模索する中で「氣」と出会う。

離婚を機に高次元からの気づきのエネルギー「真氣光」の中継を習得し、考え方や価値観が大きく変わる。
意識すること、気づくことで、人生が豊かになることを実感し、さらなる幸せへの道を探求中。

現在は大学生の就職支援に携わり、一人一人の良さを引き出すことに力を注ぐ。
自分の直感を頼りに、閃きで行動する1男1女の母。
Return Top