月よみ

2020年山羊座木星期はウィッシュリスト100で着実に夢を実現する

月よみWebにご訪問くださりありがとうございます。
ibマッピングコミュニケーター、
月よみ師®︎の みつき しほです。

早いもので2019年は今日を含めてあと2日。
2020年がすぐそこにやってきます。

今年は、あなたにとってどんな1年でしたか?
そして、来年はどんな1年にしたいですか?

先日12月26日に今年最後の新月を迎えました。
新月 といえば、「願い」 生み出す力。予感。イメージ。

その新月からの1週間は、
真っ暗な新月から月が反射して半月(上弦)を迎えるまでの時期になります。

三日月から五日の月である今は、基礎。計画。知性 というメッセージがあります。


また2019年12月3日から2020年12月19日まで木星は山羊座に入りました。
この1年間は山羊座的なムードが高まるのです。

山羊座と言えば、
●目標達成能力、計画性
●コツコツと時間をかけて成し遂げる
●自分が決めたことを守る
●目に見える実績や成果の残そうと努力する
といった強みを持っています。

2019年とは空気は一変して、
2020年は着実に夢を実現するアクションが向いていそうです。

その着実に夢を実現するアクションとして、
ウィッシュリスト100を書き出してみるのはいかがでしょうか?


ウィッシュリスト100とは、
自分の”願い(Wish)”を箇条書きにして100個書き出してみることです。
2020年に叶えたい夢や願いを1から番号を振って100まで書き出します。

書き出してみるとぼんやり思っていた願いが明確になります。
視覚化されて改めて自分の願いを認識すると行動も変わってくるはずです。

コツコツと着実に夢見向かう山羊座木星期にピッタリなアクションです。
きっと強く後押ししてくれることでしょう。

とはいっても、シンプルですが100出すのはなかなか手強そう。
そんなときに、おすすめなのがムーンリズムマッピングです。
ムーンリズムマッピングとは……コチラ

今回はウィッシュリストを書き出す前段階の
願いを具体的に出していくためのツールとしておすすめします。
ずは、大きめの紙と鉛筆のご用意を。
そして、下の写真のように
真ん中に○を書き、”2020年テーマ”と書き入れます。

その中央の○から放射上、紙を四等分したときの中央にそれぞれ○を書いて、
その中に春、夏、秋、冬と季節を書き入れます。

その丸のまわりに◯を3つ書きます。
その中には冬の周りは12月、1月、2月。春から夏も同じように書き入れます。

そして、その月の横にまた○を書き、新月の日と月星座を書き入れます。
※下記の写真を参考にしてください。見づらくてごめんなさい。


そうすると、2020年の新月リストが1枚のシートの中に入りました。
つぎに季節ごと、月ごとの行事などを書き入れながら、
浮かんできた願いを叶えたい時期の近くに書き入れていきましょう。

そのときに近くにある新月と月星座を意識してみてください。
新月の月星座の得意分野を絡めた願いであればあるほど月のサポートが期待できます。

月星座の得意分野については、月よみWeb内のコチラの記事を参考にしてください。

書き出したら、ウィッシュリスト100を仕上げてみてくださいね。
そして、やりたいことが明確になってきたら、
シートの真ん中に2020年のメインテーマを書いてみてください。

今回は、少し複雑なシートになっていますが、
このシートは1年間を一目で見渡すことができるので、
ウィッシュリスト100の前段階のツールと紹介しましたが、
書けば書くほど、このシートだけでも価値はあるのではないかと思います。

それでは、良いお年をお迎えください。
また来年も月よみWebをよろしくお願いいたします。

月のこと、ibマッピング、
ひとり息子との日常をブログで書いてます。
良かったら遊びに来てください。
https://ameblo.jp/aloha8610/

ライタープロフィール

みつき しほ 月よみ師®
花と蝶好きな
小学生男子の母

長年待ち望んだ子育てに喜びを感じるも、予測不能なことが頻発する日々に自分を見失う事も。
そんな私が大きく舵を切ったのが、
親子で参加した
「お子さんの本当のココロの声
聞こえていますか」(おのころ心平氏 講演)

ここからibマッピングを学び、自然治癒力学校を通じて月よみを知る。

また、月の絵本に惹かれる息子の姿から、月を見ると安心し“私は月側にいる”と思い込んだ幼少期の記憶が甦ったことをきっかけに、月を学び、月よみ師に。


現在は息子との月夜散歩が楽しみ。
女性として母としても只今成長中。

月よみ&インナーチャイルドカード、ibマッピングで女性に笑顔を届けるため活動中。
Return Top