月よみ

大晦日も月をヒントにアロマを選んで楽しい時を。おすすめはこのアロマ

今日は大晦日。
今日の夜はどのように、そして、誰と一緒にあなたは過ごしますか?

家族や親戚と?
恋人と?
仲のいいお友だちと?

そんな楽しい空間に今日の月から導き出したアロマを付け加えることで、もっともっと素敵な時間が過ごせる。
そんなことを、今日はIFPA認定アロマセラピストで月よみ師®のやまさき郁代がお伝えいたします。

大晦日の今日の月が与えてくれるエネルギーは?

いよいよ今日は大晦日です。

2019年最後の今日の月は、一体私たちにどんなエネルギーを降り注いでくれているのでしょうか。

ここで、「月よみアプリ」を開いてみましょう。

まだダウンロードされていない方は、
Google Playはこちら
App storeはこちら
から、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

では改めて、「月よみアプリ」を開いてみましょう。

今回は、月の画像の上に書かれている、月相に基づくキーワードに注目します。
月相4の今日のキーワードは
「コミュニケーション」

お正月を目前に控え、普段は離れて暮らしている家族やお友だちとも集まりやすくなっているこの時期。
普段から近くにいる人とも、いつもの平日より余裕のある今日は、よりゆっくりと時間を共に過ごせます。
今夜はそれらの大切な人々との予定が入っている方も多いでしょう。
コミュニケーションをとる楽しみを目いっぱい味わえます。

そんな今日にぴったりなエネルギーが、今日は月から私たちのもとに届いているのですね。

コミュニケーションを手助けしてくれるアロマ

久々に会う人とは、よりスムーズにコミュニケーションがとれるように。
普段から一緒にいる人とは、より深くコミュニケーションがとれるように。
月の力にプラスして、アロマの力も少し借りてみましょう。

お勧めは、パイン。
パイン、そう、松から抽出された精油です。
お正月を目前に控えた今日にぴったりですね。

「コミュニケーション能力」をキーワードにもつパインは、私たちが伝えたり受け取ったりすることをサポートしてくれるので、より充実した素敵な時間を過ごすことができるでしょう。
さらにパインには呼吸器系の感染症から遠ざける手助けをしてくれるという力があるので、この時期には頼もしいですね。

このパインを、みんなが集まるリビングに焚いたり、お出かけする場合にはティッシュに垂らしたりアロマペンダントを使うなどして持ち歩いてみましょう。
パインの爽やかな香りが、コミュニケーションの後押しをしてくれます。

また、パインは柑橘系の香りと合わせるのもお勧め。
中でも日本の冬の象徴ともいえる温州みかんの仲間のマンダリンの精油と合わせると、今の季節ならではの雰囲気を味わえます。
この冬の思い出の香りとなるのではないでしょうか。

今年も「月よみ -inner independence-」を読んでいただき、どうもありがとうございました。
2020年も、月の力を借りて、ますますあなたが輝ける一年となりますように。
どうぞ素敵なお正月をお過ごしください。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、「サロン月の花香(はなか)」を主催。
アロマセラピー、バッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、公認ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドン、千葉、と、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期を迎えた息子たちと残り少なくなってしまった子育ての日々を楽しむ。

好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。

転居を機に始めたガーデニングはまだまだ初心者。猫の額ほどの庭をイングリッシュガーデンにすることを夢みている。

ブログ:千葉・船橋 バッチフラワーレメディ、英国式アロマセラピー&月よみで女性の幸せをつくる サロン月の花香(はなか)
Return Top