月よみ

『あなたらしく』ある2020年の過ごし方は「月」の使い方が鍵となる

明けましておめでとうございます。
2020年、大きくエネルギーがシフトします。オリンピックイヤーでもある
この年の最初にご挨拶できますこと、本当に光栄です。どうぞ2020年が皆さまにとって幸多き一年でありますこと、
月よみ師一同お祈り申し上げます。

改めまして、月よみ師 陽菜(ひな)ヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

天空には、2020年のスタートにふさわしいエネルギーに満ちています。
そのエネルギーをいかに活用し、『あなたらしく』今年を過ごしていくかの方法について、
お話を進めて参りましょう。

大きなエネルギーシフトとは?

2020年、天空ではとても大きな動きがあります。
参考記事
2020年に向けて「やぎ座エネルギーをチャージせよ」やぎ座のひとつ手前の星座はいて座です。
2019年は、「いて座の年」でもありました。木星がそこにいたからです。

拡大、増幅の星である木星は、いて座の支配星です。
木星にとっては、12年振りに実家に帰ったも同然。

心の自由を得て、実に伸び伸びと振る舞い、英気を養う1年でもありました。
影響はわたしたち、個人にも及びます。

それまでの自分をさらに超えていく体験をなさった方も多かったのではないでしょうか。
未知なるものへの飽くなき探究心に、旺盛なエネルギーが注ぎ込まれていました。

特徴的なのは、その探究心は利己的なものではなく、大きく広い視点を持っていることです。自分一人の幸せ探しではなく、広く社会に還元されるべく学ぶ「真理」の追求。

そしてついに木星が2019年12月3日に“実家”いて座に別れを告げ、
次なるエリアのやぎ座に入りました。

ついにと言うのは、やぎ座のエリアには、すでに土星と冥王星が入っていて、
まるで待ち構えているかのような配置にある事を指しています。
木星、土星、冥王星は星座の帯の周回周期が長いです。

ひとつの星座の滞在期間は、木星で1年、土星は2〜3年、
冥王星に至っては12年から32年と桁外れ。
他に天王星と海王星も加えた周期の大きい星たちは、
世の中の風潮や流行など社会的影響をリードしていく惑星として扱われます。


やぎ座のストーリーを語る時、原型となるメソポタミアの神「エンキ」に行き当たります。
エンキは生命と回復を司り、時間を超越することができました。
この引用から、やぎ座には伝統文化や受け継いできたものを新たに伝えていく
お役目も出てきます。

また、あらゆるシーンで適切な能力を発揮し、問題を解決しようとします。
権力をも恐れません。転じて権力主義と言われることもありますが、
目標を達成することに貪欲なのです。

土星のこの貪欲さも、本来は利己的なものではなく、
成果をみんなで分かち合うためのものであり、
そのための組織作りを行うことに力を注ぎます。

2019年熱心に真理の探究を続けてきた木星が、理想を現実化し、
さらにブラッシュアップしようとする土星と冥王星と協力体制に入ります。

これらの社会的な影響を個人であるわたしたちに媒介するのが「月」の役割です。

「月」の働き

月は個人の心のうちを表す天体です。
わたしたちの存在そのものと言えるのが「地球」。その周りを月は回っています。
お役目は、12の星座のエネルギーを帯びた惑星たちのメッセージを、
わたしたちに伝える事。地球は、わたしたちの体を表現し、月は心を表すので、心と体を結びつけ、
心の安らぎをもたらしてくれます。

月が安定していると、つまり自分の心が心地よい状態でいられると、
天空模様の星たちからの恩恵も受け取りやすくなってきます。

ご自身の「月」はご存知ですか?

こちらでお調べくださいね。

[あなたの月の星座は]に表示されるものがそれです。
[あなたの月相は]とは月の形のこと。
ここにも安定化への情報がありますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

他力本願も取り入れてみる

2020年は「理想を現実化する」ことにフォーカスが当たります。
ご自身の生活の中でそれを望むなら、「月」の安定が不可欠だというお話をしてきました。大きな星たちから注がれるやぎ座の力を借りるには、神社やお寺のお参りもおすすめです。

やぎ座は新しい組織作りも行いますが、伝統文化を継承する力も持っています。
ずっと大切にされてきた神社やお寺を訪れることで、深い意識とつながりやすくなります。


わたしには、自分自身を整えるのに、神社へのお参りが欠かせません。
なかなか足を運べない、と言うお声を聴き、
撮りためた写真を使って、お届けしてみようと思い立ちました。

「月よみ師お出かけチャンネル」

わたし自身を振り返ってみますと、「真理への探究とそれを具体的な形にする」という
流れに乗っていました。
知らずに天空模様の恩恵を受けての行動に現れているとビックリしつつ、
自分の「月」が満ちてきているのも感じています。

なかなかに骨の折れる作業の連続ですが、これもやぎ座・土星からの鍛錬の指令。
そう想うと楽しく取り組めます。

皆さまは、2020年には、何をどんなふうに形にしたいでしょう。
自分の月(心)が喜ぶのはどんな事柄でしょう。
ぜひお正月にゆっくりと時間をとって、想いを巡らせて見てくださいね。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top