月よみ

“ピンときたらやってみる!”にツキあり! おひつじ座 上弦の月にツキを呼び込むラッキーアクション。

皆さま、新年おめでとうございます! 月よみ師の笠原祥子です。
わたくしごとですが、昨年13年半の会社員生活を(無事に?!)卒業いたしまして、
現在は子育てをしながら、西洋占星術を使って、「自分にはどんな可能性が秘められているのか」また「今、どのようなエネルギーの下にあって、どう生きればそれを追い風にできるか?」ということを日々お伝えしております。

引き続き、占星術(星よみ)の視点を踏まえた“ツキを呼び込む方法”をお伝えして、皆さまの2020年をより美しく彩るお手伝いをしてまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年を“予祝(よしゅく)”してしまう?!

2020年がスタートして本日で3日目。
皆様は、もう今年の目標や抱負を決めていらっしゃいますか??

「もう決めたよ~」という方も、「実はまだ…」という方も、
最後にご提案するアドバイスも参考にしながら、2020年の目標をぜひ本日中に決めてしまってください!

というのも、実は、本日(1月3日)の宙(そら)模様を確認してみたところ…
年の始めになんともピッタリな星の巡りで、

本日(1月3日)の記事を書けるわたしはツイてる!!
そして、この投稿を読まれる方は、もっとツイてる!!!
そう確信しました(笑)

さて、具体的にどんなことになっているのか? の前に、
今年の目標を決める際、ぜひおすすめしたい方法を一つご紹介。

それが、“予祝(よしゅく)”です。

「2020年もこんなに素晴らしい一年でした!ありがとうございます!」と、
もう既に良い年になった前提で、“その時の満たされた気持ちを感じながら”先にお祝いしてしまおう!ということ。

本日のポジティブなエネルギーを追い風に、
2020年の目標達成を後押ししてくれること間違いなし!
ぜひお試しください。

“情熱の星”× 上弦の月 = 〇〇〇!!

今回、カギとなるのは、情熱と行動力の星「火星」。

1月3日、火星はさそり座からいて座へ移ります。
この動きはとてもパワフルで、わたしたちに“前向きなスタートダッシュ”の力を与えてくれます。


加えて、同じく1月3日は、おひつじ座で上弦の月を迎えます。
上弦の月は、満月に向かって“満ちゆく”途中の半月で、こちらも前向きな力にあふれています。

さらには、おひつじ座といて座は、性質の同じ「火のエネルギー」の星座なので、
2つのポジティブなエネルギーが掛け合わされて、相乗効果を生み出しているのです!

つまり、
「いて座の火星」×「おひつじ座の上弦の月」= 目標達成に向かって、アクセル全開!

この前向きなエネルギーを追い風に、2020年、情熱をもって取り組みたいことを宣言し、さっそく一歩を踏み出してしまいましょう。
見切り発車でOK! 大切なのは、心に灯るその情熱です。

ピンときたら、とりあえずやってみる!

最後に、火星×上弦の月から“ツキ”を呼び込むアドバイスをお伝えします。

◇友人や知人に「わたしの魅力って何?」と聞いてみる
→ これはおすすめです。家族や身内ではなく、第三者的な目線の方に聞くのがポイント!
自分ではなかなか気づけないこと、自分ではコンプレックスに感じていることが、他者から見たら魅力だった! といった発見があります。

◇対人関係(特にパートナーとの)では、自己主張より“譲歩”を意識
→ 怒りや不満がふつふつと沸いたら、相手とやりあうのではなく、「ノートに感情を書く!」「カラオケで熱唱する」「辛うまいもの(チゲとかいいですね)を食べる」これらがおすすめです。

◇汗をかく、体温、代謝を上げる
→ 速足ぎみでウォーキングするのもよいですし、ホットヨガやミストサウナなども◎
お風呂に粗塩(大さじ3)を入れてゆっくりと浸かるのもおすすめ。

◇日本の伝統的文化に触れるお出かけをする
→ 寺社仏閣や伝統的な建造物を訪れたり、太鼓や三味線などの音楽を聴く、歌舞伎を見るなどがおすすめ。
実際に出向くのはなかなか敷居が高いな〜という場合は、動画などをうまく活用してください。

2020年は、とても重要な節目となる年で、変化の流れもぐんぐん加速します。

「変化したくない」「このままがいい」と思っていたら、そのまま化石になってしまうので、要注意です笑

ではそのために何が必要か?というと、「ピンときたら、とりあえずやってみる」行動力。
「とりあえずお試し」の感覚で、試してみて合わなければ、また次を試せばOK。
これによって「自分に一番合うものを探す」のが2020年の最大のテーマです。

過去や当たり前にとらわれず、こだわらず、その場その場で、今の自分に最も合っていることを、その都度選びながらサクサク進みましょう。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
皆さまの2020年が、素晴らしき一年になりますよう、微力ながらお祈り申し上げます。

深謝。

ライタープロフィール

笠原祥子 月よみ師®
楽しく星をよみ、おいしくビールを飲む人。笠原祥子です。
36歳、シングルマザー。
生まれは岡山、現在は千葉に住んでいます。

2018年3月。
「西洋占星術」との出逢いをきっかけに、人生ジェットコースター。

“魂の青写真”と呼ばれるホロスコープが教えてくれる世界は、底なしに奥深くてお
もしろくて。

「星よみを通じて、わたしの今を輝かせたい!」そう強く感じるようになり、13年半
の会社員生活を2019年10月で卒業。

現在は、“好きなことを生業にする”という新たな人生の目標に向けて、勉強と発信の日々です。

ホロスコープは自分を信頼し、自分の価値を知ることのできる最適ツール!
まさに“宇宙からのギフト”です!

ホロスコープからのメッセージを読み解く楽しさを、一緒に体感しませんか?
Return Top