月よみ

1日たった3分!2020年の出逢い力をアップさせる牡牛座ツボパワー

1日たった3分! 月から読み解くツボの力で気・血・水の流れをよくしてカラダとココロを元気にします! 鍼灸マッサージ師・月よみ師Ⓡ加枝です。

明けまして、おめでとうございます。2020年が始まり5日目です。

お正月、皆様はどう過ごされましたか?

明日からお仕事! という方もいらっしゃるかもしれませんね。

5日目……お正月モードから空気がちょっと変わった、そんな気がしたアナタ! まさに牡牛座の影響をバッチリ受けています! 牡牛座は五感を大事にしている星座です。そんな牡牛座に月が入っています。

今日は、「2020年、ありのままの魅力で出逢い力をアップする!」牡牛座のツボを紹介させていただきます。

ツボの力で出逢い力!? そうなんです! 牡牛座ツボパワーは、ありのままの魅力を引き出して、輝かせてくれますよ。

ありのままの自分?

とはいっても、「ありのまま」って……どんな自分なんでしょう?

「ありのまま、そのまま」よく言われる言葉ですが、すぐに「これがありのままの私!」そう答えるって、ちょっと難しいのではないでしょうか。

そんな時にこそ、こちらをまずご確認ください。

月は、プライベート・本音・感情・無意識の自我・子供などをあらわしていて、努力しないでも発揮できる要素、つまりもともと持っている傾向や性格、リラックスして力を抜いたときのその人を表しています。

そう、月から観えるのは「ありのまま」の自分なんです。

牡牛座の月の力を借りて、「ありのままの自分」を五感で味わうことで、自分を深く知り、愛し、自己肯定感が得られます。
そうすると、あなたの魅力が自然と周りに広がり、その魅力に惹かれる人が現れる。
ありのままの魅力が出逢いの力をアップさせてくれるのです。

今日の月・牡牛座の性質

2020年1月3日牡羊座上弦の月

↓満月(+)期:引き寄せ・出逢い期

2020年1月11日 蟹座満月

2020年1月5日、月は上弦の月から満月に向かう「引き寄せ・出逢い」の時期です。

そして、月は1月5日~7日11時ころまで牡牛座です。

牡牛座が対応する体の部位は、顎部、首全体(耳鼻咽喉)、鼻、喉、甲状腺などです。

これらのパーツに負担をかけない過ごし方や、この部位に対して気持ちのいいことをするとよいとされています。

また、東洋医学で牡牛座は「肺」と関係があります。
肺の作用は呼吸により外気をカラダの隅々に運び、隅々から不要な気を吐き出すこと。また、脾と胃で消化された栄養を気の力で全身に運ぶこと。カラダの水を気の力で巡らせること。鼻、ノド、皮膚、産毛、など皮膚呼吸も司っています。

そして、先ほども取り上げましたが、牡牛座は「五感」で味わう星座です。

「五感」とは視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚。美しさ・心地よさ・気持ちよさ・芳しさ・美味しさが基準になります。
この五感で味わい、満たすことが、牡牛座の性質「豊かさ」に繋がります。

さあ、それでは3分でできるツボエクササイズのスタートです!!

ありのままの魅力を引き出す牡牛座のツボ

今日選んだツボは「太淵(たいえん)」と「足三里(あしさんり)

写真をご覧ください。


太淵は手首の脈を測る所です。

ここに触れ、まず脈のリズムを感じてみてください。ゆっくり呼吸を繰り返し、リズムを指の腹で感じてみる。これを片方ずつ、両方で1分ずつ。

その後、足三里。これは胃のルートのツボですが、「気」を巡らせる力になるツボです。

肺の作用を助けてくれます。膝の下、脛(すね)の外側にあります
両手でそこに触れて1分。ゆっくりと呼吸し吐きながら「愛してるよ~」とカラダに伝えてあげてください。
実は色々な言葉がけをカラダに対して試してみましたが、一番簡単で効果を感じられたのが「愛してるよ~」でした。

このツボエクササイズを5日~7日までしていただきながら、美しさ・心地よさ・気持ちよさ・芳しさ・美味しさを基準に五感をフルに使ってみることを強くおススメします!! 2020年、あなたの出逢い力がアップすること間違いなしです。

月から読むツボはカラダの神様と交信できるツールです。ぜひお試しください!!

ではまた、月よみツボよみで、お会いしましょう。加枝でした。

ライタープロフィール

加枝 月よみ師®
長野県八ヶ岳と浅間山の間、八千穂に生まれ育つ。鍼灸マッサージ師23年。
「鍼の良さをもっと知ってほしい」「鍼をゴミにしたくない」「私も刺されるのはイヤ!」そんな思いから、新しい刺さない鍼を特許出願中。
刺さない鍼についてはこちら
⇒https://yachihonomori.wixsite.com/harikyu/blank

東洋医学の魅力を伝えながら、多くのお年寄りと関わらせていただく中で沢山の「お別れ」も経験。妊娠をきっかけに「死ぬために生まれてくる? では、どう生きる? どう死ぬ?」を考え続けました。

多くの出会いと学びの中で、感情と臓器、心と身体、大きな宇宙と人体という小さな宇宙のつながりに気づき、「月」を知ることでそれら全てが更に尊い存在だと実感。

月から観える心と身体を、小さい頃からみんなで大切に育む! 刺さない鍼を活用しながら、大自然の中で子供達と実践しています。
ブログ:https://profile.ameba.jp/ameba/moritomichi
Return Top