月よみ

<近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.24>月星座うお座の親×月星座おひつじ座の子~月星座ふたご座の子まで場合

令和となってから初めてのお正月。
皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

この時期私が一番困っていたことは、子供たちの書初めでした。
子供たちも、なかなか手を付けることが難しかったらしく、ぎりぎりになって、「ママ助けて~」とやってくるので、丸一日書初めに付き合って特訓したこともあります。
私は自由、そのままのあなたが一番!と考える月星座みずがめ座なのですが、それでもほかの天体でまじめなやぎ座が効いているので、どうしても「ちゃんとしたものを提出しなくては!」と思ってしまうのですね。

でも、今月お話しする月星座うお座の親は、そんなこともおおらかに受け止める広い度量を持っています。
(あら!私月星座うお座なのに、そんなに度量が広くないけど?と思った方は、他の天体の力が強いのかもしれません。もっとご自分のことを知りたい方は、鑑定を受けることをお勧めします!)

それでは、今月の月星座で見る親子関係アドバイスです!

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.10月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.11月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.12月星座おとめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.13月星座てんびん座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.14月星座てんびん座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.15月星座さそり座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.16月星座さそり座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで

Vol.17月星座いて座の親×月星座おひつじ座の子~月星座とめ座の子まで
Vol.18月星座いて座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで場合
Vol.19月星座やぎ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで場合
Vol.20月星座やぎ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで場合
Vol.21月星座みずがめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで場合
Vol.22月星座みずがめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座いて座の子まで
Vol.23月星座みずがめ座の親×月星座やぎ座の子~月星座うお座の子まで
をご紹介いたしました。

今回は
<Vol.24月星座うお座の親×月星座おひつじ座の子~月星座ふたご座の子まで場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから 

確認できましたか?

それではまずは、月星座うお座の親の特徴から!

月星座うお座の親の特徴 

*世話好き
*愛情ぶかい・思いやりがある
*おっとりしている。
*他人の意見を受け入れる(振り回されやすい)
*心配性
*子供の自由を認めない
*所有欲が強い


では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を!

うお座の親×おひつじ座の子

おひつじ座の子は元気が良すぎて、親の星座との組み合わせによっては、親が疲れ果ててしまう場合があります。
でも、うお座の親の場合は、おっとりしているので、おひつじ座の子の元気の良さも
「子供らしくていいわね」と。ゆったり受け止めることができます。

うお座の親は、どちらかというと浮世離れして、ふわふわしているタイプがおおいといわれています。
それに対して、おひつじ座の子は、おっちょこちょいで、フライング気味ではあるものの、正義感の強さ。守ってあげなくては!と思う気持ちは12星座の中で1,2を争います。
おっとりしている親とそんな親を守りたい!と思う正義感にあふれた子供という、見ていてほほえましい親子となるでしょう。

おひつじ座の子は、いつもエネルギーが有り余っています。このエネルギーを良い方向に向けることができると、とても素晴らしい大人になるでしょう。
うお座の親は、なんでも「いいよ。いいよ」と子供の望むことを受け止めたくて仕方がありませんが、ここは注意!
おひつじ座の子の望むことが、本当にその子のためになるのか、それが良い方向に向いているのか、そこをきっちり見極めてGOサインを出してください。
おひつじ座の子はしつけが必要な星座なのです。

また、おひつじ座の子は小さい時は、愛情をとても必要としています。べたべたとべったりしてくるかもしれません。このように頼られることはうお座の親にはとっても嬉しいこと。親となった喜びをかみしめることができるでしょう。
ところが、おひつじ座の子は大きくなってくると、手のひらを返したように、べたべたすることがなくなります。どちらかというと、親を避け始めたりすることもあるかもしれません。
うお座の親は寂しくて、手放すことが難しいかもしれませんが、そこはしっかりと、子離れをして、おひつじ座の子の自立を見守ってあげてください。

おひつじ座の子はどの星座よりも自立することが必要です。自立することで、一人の立派な大人となっていくのです。
しっかりと自立できたおひつじ座の子は、後で、親の元にちゃんと帰ってきますよ。

うお座の親×おうし座の子

うお座の親の特徴として、惜しみなく愛を与える。しつけに悪い印象を持っているというものがあります。
おうし座の子供はとても欲求がはっきりしています。

「あれがしたい。これがしたい。」「これが食べたい。」「今はやりたくない。」など、ストレートに自分の希望や欲望を伝えてきます。
親としては、わかりやすくて、ある意味とても育てやすいのですが、欲求を受け入れすぎていないか注意しましょう。

おうし座の子の要求ははっきりしているうえに、際限がないので、親がしっかりコントロールをしないと、我慢ができない子になってしまいます。

うお座の親はとても心配症。
「うちの子、小食で困るの」と心配しているお母さんのお話をよく聞きますが、実はおうし座の子の「お菓子がもっと食べたい!」という欲求に負けて、お菓子を与えすぎてごはんが食べれないということもよくあります。

また、おうし座の子はとても頑固で、自分だけの場所や自分のペースが絶対必要です。
自分を取り戻すために一人になる時間や、場所が必要なのです。それに理解を示さず、かまいすぎてしまうと、ますます頑固になったり、人を寄せ付けなくなってきます。

うお座の親はそういったおうし座の子の心に敏感で、そっと寄り添い、必要以上にかまわないで見守るということができます。
なので、見ていておうし座の子が自分の時間を必要としていそうだったら、他の友達や兄弟、家族たちに「放っておいてあげて」と伝えて、防波堤になってあげましょう。

自分のペースを守れないで、子供時代を過ごしたおうし座の子は、他者を遠ざけるタイプの大人に。
自分のペースを守れて、幸せな子供時代を過ごしたおうし座の子は他人と積極的にかかわり、困った人がいたら助けてあげる大人に成長します。

うお座の親×ふたご座の子

思ったことをすぱすぱっと言えるふたご座の子。
頭の回転がとても速く、口も達者で自分の意見を言える。そんなふたご座の子は、他人の意見をおもんばかって、自分の意見がなかなか言えない、うお座の親から見たらうらやましくて仕方ない存在です。

ふたご座の子は、考えるよりも先にしゃべりだしてしまうので、口が過ぎて失敗することもしばしば。そして、興味のままに際限なく動き回ったりもします。

うお座の親はそんなふたご座の子を見て、「理解できるのは私だけ。とことんつきあってあげたい。」と思うことが多いようです。

その子の資質をすべて否定することなく、受け入れるというのはうお座の親の素晴らしい部分です。ですが、受け入れすぎてわがままに甘やかしすぎていませんか?

ふたご座の子は上手に成長すると、自分でコントロールして、独学で様々なことが学べるタイプの大人になります。
でも、それは小さい時に自制するという訓練を積み重ねてきたから。

あなたのお子さんはいかがですか?なんにでも、興味をもって、積極的に行動するのはよいこと。と丸ごとそのまま受け入れていませんか?

ふたご座の子どもには小さいうちから、自制する。自分で自分の欲求をコントロールするということがとても必要です。

このコントロールの方法も、悪いことをしたら、叱る。というのではなく、どうしてそうなったのか?その時、どうすればよかったのか?一つ一つ考えていくという作業がとても大切になります。

ふたご座の子供を下手に押さえつけると、表面を取り繕うことばかり覚える子供となり、せっかくのポテンシャルが無駄になります。
自制心を学んだふたご座の子は、自ら熱中できるものを親や先生に支持をされなくても成果を出す素晴らしい大人に成長するでしょう。

いかがでしたでしょうか?

次回は月星座うお座の親と月星座かに座の子~月星座おとめ座の子までをおおくりいたします。
親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

<ツキを読む月よみ師®IKI>
インスタは @iki_munaykiで検索をしてください

ホームページはこちら!
https://www.munay-iki.com/

アメブロもやってます!
https://ameblo.jp/ikis-moon

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
竹本宿曜占星術師範
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top