月よみ

今まさに目標設定見直しの時! てんびん座エネルギーで2020年を最高の波に乗せよう!

みなさん、こんにちは。
月よみ師、美構造メソッドインストラクターのAyamiです。

わたしは、自身の病気や経験から学んだことをもとに、心と身体のつながり、月や星がわたしたちに与えている影響、そしてそれらを活かしながらHAPPYに生活する方法をお伝えしています。

今月も、月を介して星座が心や身体に与える影響と、月のエネルギーの活用法などをお届けしていきます。

(前記事
蟹座編:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/16/post-13606/
牡羊座編:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/07/post-13827/

天秤座の下弦の月は、目標再確認にもってこいのタイミング!

2020年が始まり2週間経ちましたが、みなさん、今年はどんなスタートでしたでしょうか?

前回記事でも少しお話したとおり、2020年は天空の星が目まぐるしく動き回り、
*自分らしく
*自由に
*軽やかに
がキーワードになる時代に向けて、社会や個人の変容を促される一年になります!

個人の生活については、本来の自分の在り方・やりたいこととズレていること、自分や周囲と調和的でない物事は、ますます進展しづらくなったり、淘汰される流れです。

わたしは、「この星の動きに合わせて変革の年にするぞ!」っと、ここぞとばかりに気合いを入れて目標を立てました!

新年の目標って、こんな感じでついつい気合を入れて決めてしまいがちですが、みなさんは、目標が大きすぎてなかなか手をつけられなかったり、毎日続けようと思っていても習慣化する前にやめてしまったりすることってありませんか?

せっかく立てた目標も絵に描いた餅になってしまうこと……私も過去にありました。

今年こそはそんなことがないように、そして2020年の変容の波に乗っていけるように!

実は今、月がサポートしてくれるタイミングが訪れています。

月は、本日1月16日のAM0時44分から1月18日AM3時21分まで、「天秤座」に滞在しています。
そして、1月17日(PM9:53)には天秤座下弦の月を迎えます。

天秤座は、バランスをとったり物事を調整することが得意な星座。
一方、下弦の月には、”手放し”の意味があり、新月から始まったサイクルの中での問題の見直し、調整するのに適した時期です。

つまり、
今回の天秤座の下弦の月は、年始に立てた目標や方針の再確認にもってこいのタイミング!

もっと言うと、
この機会に不要な思い込みの手放しやこれからの課題の見直しがうまくできたら、 自分の世界がどんどん広がって、 心地よく2020年を前進しながらステップアップできる波に乗れますよ!
というチャンスなのです。

天秤座の月から読み解く、具体的な確認ポイントは?

では、実際にどんな点を確認すればいいのか。天秤座の月を読み解いていきましょう。

「調和・バランス」を象徴する天秤座。キーワードは、”I balance”

牡羊座から乙女座までの星座は”個人”の領域を表していましたが、天秤座からは、”他者・社会性”の領域に入っていきます。

社会的なスタートに位置する天秤座は、とっても社交的で知性にあふれていて、人やもの、環境との調和を目指し、公平性を重んじる性質です。

調和やバランスをとることを強く意識するがゆえに、ジャッジをしてしまったり、自己主張ができず我慢してしまうことも……。

天秤座に対応している身体のパーツは、上半身と下半身を繋いで身体のバランスをとる腰部と、老廃物を排泄したり、体内の水分や成分調整を行う腎臓などにあたります。

まさに、バランサー、調整役! といった感じ。

そんな天秤座の月が伝える、目標や方針の再確認ポイントは
*自分が安心、楽しいものであるか
*自分の気持ちと行動の方向性が一致しているか
やりたいことの実現のために適切なバランスでエネルギーを注いでいるか
*自分中心的、もしくは他者の軸に傾きすぎていないか
感じてみることです。

「感じる」っていうとなんだか漠然としていてよくわからないですよね。
そんな時に活用していただきたいのが身体感覚なんです。

わたしの記事では、
感情=身体感覚
とお伝えしていますが、
2020年の目標や方針を改めて見つめてみる時も、自分の身体の内側の感覚がどんな感じなのか、ぜひ意識してみてください。

すぐできるチェック方法は”呼吸”。
目標や方針を具体的にイメージしてゆっくり呼吸する。

ここでなんとなく息が吸いづらかったり、違和感があったら、自分が本当にやりたいこととズレてしまっているのかも。

ゆったり呼吸ができて、ホッとする感じやワクワクした感じがしたら迷いなく
GO!

ですね。

天秤座には物事を中立に見るエネルギーがあるので、高いところから全体を俯瞰するようなイメージを持ちやすい時期です。

自分の思考と身体の反応を、中立な視点からただただ感じてみる…

大事なことは全て身体の内側から感覚というサインで教えてくれます。

頭で考えた具体的な目標や行動の向こうにある、これから自分が本当に大事にしていきたい価値観や、在り方が見えてくるかもしれません。

 2020年は変容の1年! 天秤座下弦の月は手放しのチャンス

目標の見直しができたら、次は手放しです。

「○○しなければならない」「△△するのが常識だ」「□□さんは××だ。」
このような決めつけてしまう思考は、これからの軽やかな時代には不要です。
下弦の月の手放すエネルギーを利用してポイっとしてしまいましょう♪


手放すのはとってもカンタン。

「わたしは『○○しなければならない』と決めつけているんだ~」と、自分の中で認めてあげるだけ。

そこに意識を向けるだけで安心して身体が緩むので、そのタイミングで「○○でなくてもいいよ~」と自分に伝えてあげればOK。

それ以外の選択肢もあるし、それは自分で選べるんだ、ということに気づきます。

今現在、太陽が位置しているのは山羊座。

山羊座には、冥王星・土星・木星などのエネルギーが大きな星々が一堂に会していて、
地に足をつけながら着実に成長していくためのとても力強いエネルギーを、天秤座の月にたくさん注いでいます。

わたしたちが本当に大事にしたい価値観や在り方に基づいて、純粋な気持ちで前進する時、
2020年は必ず大きなステップアップの年になります!

まだ、目標決めてないよ~という方も大丈夫。
1月25日の新月までは、不要なものの手放しに適した期間になるので、ぜひ今の気持ちを整理してみくださいね。

お読みいただきありがとうございました。
それでは、また次回。

ライタープロフィール

Ayami 月よみ師®
月よみ師®️
美構造®️開脚システムインストラクター

不動産業・金融業でハードに働く生活をしていたが、
女性疾患、不眠、メンタル不調などを経験。

自分自身とのコミュニケーションができていなかったことに絶望し、
心と身体のセルフケアを始める。

自身を癒す過程で、心と身体は深く繋がっていて、
相互に影響しあっていることを実感。

また、月のサイクルや星が意識・体調に大きく関わって
いることを知り、月よみ星よみを学ぶ。

現在は、意識と身体感覚の両方のアプローチから、
心と身体の柔軟性を高めるセッションを行っている。

唯一無二の私たち。
自分の本質と繋がり、最高にHAPPYな人生を生きる
サポートをいたします。

好きなこと:
美術館に行くこと、月や星を眺めること、おいしいとご飯とお酒
Return Top