月よみ

【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法
~てんびん座編~

こんにちは。月よみ師®️インナーチャイルドセラピストのす。
月星座別のインナーチャイルドの癒し方を発信しています。

前記事
やぎ座編:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/28/post-13747/
おとめ座編:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/19/post-13899/

今回はそのシリーズの3回目になります。

月星座は幼少期の無邪気な自分自身を表します。
おとなになっても無邪気なままの自分がずっと心の奥にいるのです
これこそがインナーチャイルド(内なる子ども)です。

月星座を知ることは自分自身を知ること。
自分のインナーチャイルド、子ども心、駄々っ子な自分を理解し癒すことが、心を癒すことにも繋がります。

ご自分の月星座は、生まれた時の月の位置から調べることができます。
自分の月星座を調べる→https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/.

今日の月は?

今現在、空の月はてんびん座にあります。

てんびん座は愛と調和の星座です。

華やかで煌びやか、キラキラ輝く美しさの象徴。
そのため、てんびん座の月は普段より洗練された美しさを感じるかもしれません。
今回はそんな美しい月の元に生まれた月星座てんびん座のインナーチャイルドに触れていきます。

月星座てんびん座のインナーチャイルド

月星座てんびん座はまさに美しさの代表!
美的センス、バランス感覚、華やかで社交的、流行に敏感で世渡り上手、そんな素敵な個性を生まれながらに持っています。

誰もが羨むような月星座てんびん座。
それでも見えない部分ではたくさんの葛藤を抱えていたり、人間関係で悩んでいる人が多いのです。

そもそも月星座てんびん座が社交的で世渡り上手だと思われているのは、『空気を読む力』にとても長けているから、なのです。

さらにいつでも中立的にいることを望んでいて、揉め事が苦手な平和主義でもあります。

このふたつの思いが強くなりすぎてしまうと、人間関係のバランスを重視するあまり、自分の気持ちを押さえてしまうことがあります。

『本当はこう思うけど……』
『本心を言ったら揉めるよね』
『空気的にこっちだよね』

そんな考えが頭の中をぐるぐると。

そんな時の心の奥に隠れているインナーチャイルドの本音はこんな感じ。

『本心を伝えたいけど言えないよー』
『本当の気持ちを分かってもらいたいよ』
『孤独で寂しいよー』

てんびん座の抱えている傷の多くは、
本当の自分は受け止めてもらえないのではないか、という『孤独感』からきているのです。

月星座を抱き締める

てんびん座は12星座で一番、本音を隠すのが得意な星座です。
子どもの頃はとても聞き分けが良い子だったのではないでしょうか

周りの空気を敏感に察して行動していくうちに、自分自身も本当の心を見失ってしまうことも多いのです。

自分の本心が分からなくなり苦しくなってしまった時や孤独を感じて寂しくなった時、自分の中にあるてんびん座の心を感じてみてください。

本当の自分はどうしたいのかな?と。

時には周りに合わせるのではなく、思い切って自分の意見を言ってみてはいかがでしょうか。

友達と一緒に行くランチ、空気的には中華だけど・・・
「私はパスタが食べたいな」
と、伝えてみる。

そんなことも自分の心と向き合うことにつながります。

また、美の代表であるてんびん座。

心のリフレッシュには、美術館巡りなど美しい物に触れる時間を作ることもおススメです。

めいっぱいお洒落してショッピングを楽しんだり、キラキラ輝くイルミネーションを見に行くのもいいですね。

じっくり自分と向き合う余裕が出来た時は、自分の胸に手をおいて深呼吸してみましょう。

そしてそっと抱き締めてみてください。

『一人じゃないよ』
『わたしはあなたをちゃんとわかってるよ』
などと声をかけてみてください。

もし『本当はこうしたい』という本音が湧き出てきたら、わがままな自分を許し、認めてあげる。
そんなことを意識してみてください。

心が洗われる時、きっと月星座てんびん座のインナーチャイルドが癒されていきます

そしてまた癒された心は、てんびん座特の美しさと調和のエネルギーで周りの空気までも洗練されていくことでしょう。

お読みいただきありがとうございます。
今後も引き続き月星座別のインナーチャイルドの特徴と癒し方をお伝えしていきます。

ライタープロフィール

有花 月よみ師®
1985年11月26日生まれ。栃木県足利市出身。
歯科衛生士として5年働いた後、出産を機に専業主婦へ。
長女の食べ物アレルギーが発覚。そこから食に関心を持ち、自然育児サークルに参加。
その後、新たに自然育児サークルを立ち上げ運営に携わる。

出産後、歯科衛生士として復帰。市の乳幼児検診で1才から3才までの公衆衛生に携わる。
自分の子育ての経験とたくさんの親子との関わりの中、子育てが少しでも楽になる方法を模索している時に占星術に出会い、月星座が子育てに役立つと確信し月よみを学ぶ。
現在は、群馬県館林市で子育て占星術のセッションやワークショップを随時開催。
今後は月よみ師としてさらに子育て占星術を広めたい。
Return Top