月よみ

月と足裏で、手放す勇気を手に入れる!

こんにちは。
月よみ師®リフレクソロジストの丸 サチコです。
2020年初投稿です。今年もどうぞよろしくお願いします!

なんでしょう……
昨年、12/26に山羊座で新月を迎えたあたりから、すごく幸せな気持ちに満ち溢れています。

今、ここに生きていることが、ありがたく、幸せでなりません。

私の月星座が山羊座だからでしょうか??
お腹の深いところが温かく、ゆったりとして、安心できる感覚です。
ホームに帰ってきた感じでしょうか!

そんな幸せ気分に包まれながら、今日も「月とリフレクソロジー」についてお伝えしていこうと思います!

リフレクソロジーの考え方と効果ってなんだろう

改めて、なんですが。
皆さん、リフレクソロジーってなんだかご存知ですか?

Riflex(反射)ology(学)といって
「全身が身体の末端に反射投影されている」という理論がベースになっています。


一般的には「身体の全体」が「末端に縮図として投影される」と理解されています。

しかし。私が15年以上施術してきて思うのは

「その方の本質的なもの」も投影されている
ということです。

持って生まれてきた「お宝」というべき性質です。
今まで「お宝」を持っていない人は1人としていませんでした。
みんな、持ってるんです! お宝を!!

中には、ずーっと怒ってるクライアントさんもいました。
ずーっと落ち込んでるクライアントさんもいました。

でも、施術していると
「あら~、かわいくて素直なお宝が胸にあるなぁ!」
「火の玉みたいな情熱がお腹の中にくすぶってるなぁ~」
というのがわかります。

意外と多いなと思ったのが「頑固なお年寄り」に「素直で傷つきやすいけどやさしい愛情」が胸につかえている、でした。

本質はとてもシンプルで、とても綺麗です。

なんとかそこにアクセスして、本質に気づいてもらえたらいいな~といつも思います。

どうでしょう?
リフレクソロジーがただの「足裏健康法」ではないことが少しわかっていただけましたでしょうか?

ただ、セルフリフレクソロジーというのはちょっと難しいところがあります。
なぜなら、自分で自分の本質へアクセスしようとすると、思い込みが邪魔してしまうんです。

そこで私がお伝えしているのは、月の力をお借りしちゃおう! ということなんです。
月のエネルギーはその形(月相)により、影響を与える部位があります。
月は「本質」や「本音」を表しています。

月のエネルギーの後押しがあれば、影響を与える部位を通して自分の本質と向き合うこと、
つまり、セルフリフレクソロジーが誰でもできるようになります。

では前置き長くなりましたが、今日の本題はこちら!

手放す勇気をもちましょう!

今日は月相22。新月に向かって、月はどんどん欠けていっています。
今日から25日の新月まで、月のエネルギーは「腎臓」に影響を与えています。

腎臓は体中の血液の中から要らない物をろ過し、綺麗になった血液をまた全身に送ります。

「いらないものを捨てる」これが大きな役割なのです。
今日、自分の体の中を巡っていた血液。血液は感情や思考も一緒に運んでいる、と私は考えています。
今まで自分のものであった血液の中に「いらないもの」として「捨てる」ものがあるのです。

これが自分だ、これは自分のものだ、と思ってたいたものでも「明日の自分に必要ではないもの」は「捨てる」のです。
そうすることで「明日の私」はどんどん更新されます。

今日は思い切って「なりたい自分」「明日の自分」に要らない思考や感情を手放しましょう!
大丈夫! 必要なものはちゃんと自然にやってきます!


腎臓の反射区は第2指の下、中央よりやや下にあります。(両足にあります)
大抵の方が固く感じるものがあるかと思います。

そこに指をあて
「手放して大丈夫、大丈夫……」
自分の深いところに話しかけるように、意識をむけてください。

なんとなく頭に浮かぶものが、あなたが手放したくても手放せないもの。

大丈夫、大丈夫……。

私もやってみました。

依存心……
誰かがなんとかしてくれるんじゃないか、そんな気持ちが心の底で沈殿している。

依存心を手放して、自立心を育てる。そんな自分が浮かびます。
自立心は確固とした自分の上に凛と立つこと。

大丈夫! きっとできるよ!

私も自分に話しかけました。
なんだか力が湧いてきます!


皆さんも今日から新月までの間に是非、お試しください!
それは形のある物かもしれないし、目に見えない思考や感情かもしれません。

手放したいものが何も出てこない、それもOKです!
その時は腎臓の反射区に指をあてて「大丈夫、大丈夫」と声をかけてあげてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
また来月お目にかかりましょう!

ライタープロフィール

丸サチコ 月よみ師®
東京生まれの東京育ち。夫、大学生の娘、中学生の息子、26歳の黒猫と暮らしています。

第一子を出産後、自然療法に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得後、インストラクターとして勤務。メンタルケアスペシャリスト、霊気マスター、などの資格も取得、都内でサロンを経営。

第2子妊娠した時に一度仕事から離れ、息子を自宅で出産。その後介護福祉士として介護の仕事に従事するも、50才を過ぎ今後の自分の生き方を考え、セラピストの道に戻ることを決意。

現在は月よみ師としての学びとこれまでの経験を生かして、

役割で生きる女性たちが「個としての輝きを取り戻すこと」をテーマに活動中です。
Return Top