月よみ

自分を知る、相手を知る。人との関係性がみえる月の宿からのメッセージ~【宿曜】壁宿・鬼宿・房宿

こんにちは。月よみ師でアーユルヴェーダヒーリングコンサルタントのあかつきです。
月よみとインド占星術を組み合わせた情報を発信しています。

今回、シリーズの3回目になります。
このシリーズでは、
「命(めい)の関係」と「業胎(ごうたい)の関係」で結びついている宿曜3つをひとまとまりにしてご紹介。インド占星術のナクシャトラ(月の宿)が表す宿の姿を織り交ぜて解説しています。

さて、ナクシャトラ。
聞きなれない言葉ですよね。

今回は、この聞きなれない言葉、ナクシャトラについての説明から始めたいと思います。

そもそも、宿曜ってなに?の方はまずはこちらをご覧くださいね。

【ナクシャトラとは】
皆さんがよくご存じの西洋占星術では、天空を12区分した12星座を使っていますよね。12星座は牡羊座からはじまって魚座まで名前があり、それぞれの星座には個性や特徴があります。普段、「私は○○座なの」というときには、生まれたときに太陽がはいっていた星座のことを指しています。ここまでは大丈夫ですね?

インド占星術でも同じように12星座を使いますが、それとは別に、天空を27区分した27星座を使う占い方法があります。
この27星座のことをナクシャトラといいます。別名「月の宿」。月の公転周期は約27日で、月が毎日この27星座のうちの1星座を通過していくので、星座に月が宿るという意味で「月の宿」と呼ばれているのです。
これには神話もあって、月には27人の奥さんがいて、27日かけて一人一人を訪ねているのだそうです。

27のナクシャトラのひとつひとつには12星座と同じように名前と特徴があって、西洋占星術の12星座と同じような役割を果たしています。
西洋占星術では太陽がはいっている星座が一番大事になりますが、ナクシャトラでは、月がはいっているナクシャトラが一番大事になります。ナクシャトラはインド占星術のあらゆる面で重要視されています。特に月がはいっているナクシャトラをがその人の性格や特質を表すとして、とても重要視されています。

【ナクシャトラと宿曜の関係】
インド占星術のナクシャトラが中国を経由して、空海によって日本にもたらされて宿曜教になりました。
ですので、ナクシャトラも宿曜も27あります。数は一緒でも、インドから中国に伝わったときに、ナクシャトラの解釈に陰陽五行といった中国的な思想が加わって、それぞれの特徴は中国特有の性質をもった別のものに変化しました。それでも根本的な解釈では似たところが残っていたりします。
個人の宿曜は生まれたときの月の位置で決まります。この点は月の位置を一番大事にしているナクシャトラの考え方を引き継いでいるといえます。このシリーズでとりあげている宿曜と関係のあるナクシャトラとは、月のはいったナクシャトラということになります。

【ナクシャトラの一覧表】
ナクシャトラは天空を27分割したものだとお伝えしました。天空を360度の円ととらえてこれを27分割すると、360度÷27=13度20分。1つのナクシャトラが担当する領域は、角度でいうと13度20分になります。
ナクシャトラの配置は牡羊座から始まって、
牡羊座の00度00分~13度20分がアシュヴィニー
牡羊座の13度20分~26度30分がバラニー
という具合に振り分けられていきます。
これを文字で読んでもなかなか想像し辛いと思いますので、一覧表をご用意しました。この表にはそれぞれのナクシャトラと相関関係にある宿曜も加えておきました。

以上、ざっとですが、ナクシャトラについて説明させて頂きました。
12星座とナクシャトラ、さらには宿曜との関係についてご理解いただけましたでしょうか?ナクシャトラが何かということをしっておいていただくと、このシリーズをより一層楽しんでいただけるのではないかと思います。

では、本題に入っていきましょう。
前回は星宿(せいしゅく)・尾宿(びしゅく)・婁宿(ろうしゅく)についてお伝えしました。
前回の記事はこちらから

今回取り上げるのは
壁宿(へきしゅく)・鬼宿(きしゅく)・房宿(ぼうしゅく)です。
早速その人物像と相性を見てみましょう。

あなたや調べたい人の宿曜の確認はこちら。

 宿曜とナクシャトラからみえる人物像

<宿曜:壁宿 ナクシャトラ:ウッタラ・バードラパダ>
〇壁宿の人
・動じない信念をもち、縁の下の力持ちとして人を支える強さがあ
・頼まれ事を断れない心優しい性格で面倒見の良い庶民派
・真面目で勤勉。困難な状況を頑張りぬく力があり、地道な努力で成功するタイプ
・芸術的センスに恵まれ、独創的な発想力で誰も思いつかないようなことを思いつく
・自分から心を開くことが少なく、人間関係の構築に時間がかかる傾向がある
もっと知りたい人はこちらから

〇ウッタラ・バードラパダ
シンボル:ベッドの後ろ脚
豊穣・慈善・忍耐強い・献身的・慈悲深い・奉仕の精神・高潔・有徳・知的で雄弁・共感性・敵に打ち勝つ・家庭の宝石・子孫が多い・遠いところへの旅

〇壁宿とウッタラ・バードラパダから見えるこの宿の人物像
献身的で利益にとらわれない奉仕の精神があり他の人につくせる人です。
忍耐強く、どんな困難にも耐え抜く力があり、努力によって成功を手にすることができます。
芸術的なセンスと直観力を持ち、言葉で人を癒す力があります。

<宿曜:鬼宿 ナクシャトラ:プシャ>
〇鬼宿の人
・優しく純粋な性格で欲望や邪心、執着心やハングリー精神がない
・気遣いと気配りができ、人柄の良さと面倒見の良さは抜群
・夢追い人で空想力が旺盛。鋭い感性と個性豊かな発想力をもち、直観力や霊感もある
・好奇心が旺盛で身軽。天真爛漫で自由な精神と行動力を備えている
・情に流されたり、気が変わりやすい傾向がある
もっと知りたい人はこちらから

〇プシャ
象徴:乳牛の乳房
滋養・育成・慈善活動・献身的に尽くす・高い徳・繁栄・豊かさ・一番よい部分・贅沢さ・純真さ・哲学的・宗教的・祈り・真理・感情のコントロールができる・人気者

〇鬼宿とプシャから見えるこの宿の人物像
吉祥・有徳という言葉が似合う、最善のものを体現する人です。
世話好きで面倒見がよく、育てることや与えることに使命を感じます。
慈善的な行為や事業の成功などを通して多くの人に豊かさをもたらす力のある人です。

<宿曜:房宿 ナクシャトラ:アヌラーダー>
〇房宿の人
・生まれた時から恵まれていて財運は最強。金銭的な苦労とは無縁です
・独特の雰囲気と気品があり、上品さの中にどことなく憂いを帯びた雰囲気をもつ
・洞察力と豊かな情緒性に恵まれ、人の心を読み取る器用さがある
・警戒心が強く人に心を開くのには時間がかかる
・プライドやエリート意識が強く、物事を自分本位に考え、人を見下しがちなところがある
もっと知りたい人はこちらから

〇アヌラーダー
シンボル:葉で覆われた勝利への道・蓮の花
調和と達成・共存共栄・目的や使命の達成を追求・組織化する力・社交的・友情を優先・心身ともに健康・強い食欲・旅行者・海外に住む・場所を移り変わる・富にめぐまれる

〇房宿とアヌラーダーから見えるこの宿の人物像
周りとの調和を大切にしながら目的達成のために尽力できる人です
鋭い洞察力で状況を把握し、組織を作ったり共同で何かをすることで力を発揮できます。
場所を転々とする傾向があり、海外とも縁があります。
財運は27タイプ中1、2を争うほど最強です。

もって生まれたあの人との相性は?

命の関係:同じ宿同士だから深い縁がある似た者同士
業の関係:「業」は自分の前世 よき理解者・精神的に共感しあえる相手
胎の関係:「胎」は自分の来世 価値観がにていて尊敬できる相手

もっと知りたい方はこちら
「命の関係」
「業胎の関係」

〇壁宿からみた相性
相性度
命:壁宿☆☆☆  自分から歩み寄らないので刺激が少なく、発展性のない当たり障りのない関係になりがち。趣味や考え方などがピタリと合えば意気投合できます。
業:鬼宿☆☆☆☆ 精神的に共感できるポイントが多く、一体感を味わえる相手です。鬼宿はあなたの本質を理解し、支えてくれます。
胎:房宿☆☆☆☆ 壁宿にとって一緒にいて疲れない居心地のよい相手で、房宿にとっても壁宿は気を使わないで済む相手。お互い気楽に付き合えて、長くつづきやすい関係。

〇鬼宿からみた相性
相性度
命:鬼宿☆☆☆☆ 共に善良な性質なので、良い関係が築ける相性。お互い一人になれる時間をつくることは大事。
業:房宿☆☆☆☆ 鬼宿の本質をわかってくれて、似ているところもあってやりやすい相手。鬼宿に対して何かと気にかけてサポートしてくれるので大事にしたい相手です。
胎:壁宿☆☆☆☆ 鬼宿の方が壁宿のことが気になり、あれこれと面倒をみる関係です。

〇房宿からみた相性
相性度
命:房宿☆    自分の悪い面が出やすくなり、トラブルになりがち。無用な争いを避けるためにも距離を置いた付き合いがよいでしょう
業:壁宿☆☆☆☆☆縁の下の力持ちとして房宿を引き立ててくれる絶好のパートナー。 辛抱強く房宿を支えてくれる頼りになる相手。
胎:鬼宿☆☆☆  房宿にとって惹かれる相手で、房宿の方が相手に尽くす関係。気ままな鬼宿をあまり束縛しないようにつかず離れずがよい

新年第一弾の宿曜解説いかがでしたか?
今年の干支はねずみ。十二支の最初の年です。いつもの新年にもまして、気持ちが引き締まる感じがします。宿曜を通して改めて自分を見つめなおしてみたり、周りにいる人との関係を再確認してみたりしながら、これからの12年の自分の在り方について考えを巡らせてみてはいかがでしょう?

次回は、室宿(しつしゅく)・井宿(せいしゅく)・氐宿(ていしゅく)です。
楽しみになさってくださいね。

参考文献
こちらの記事は以下の書籍・ウェブサイトを参考にしています。
書籍:決定版 宿曜占星術 小峰有美子
ウェブ:光晴堂 https://www.kosei-do.jp/index.html
八雲院 https://yakumoin.net/yado/detail/character/8

ライタープロフィール

Sahra(サーラ)月よみ師Ⓡ
大阪府在住 アラフィフおひとりさま女子
アーユルヴェーダ・ヒーリングコンサルタント

妹の難病発症や自身の病気の経験から自然療法に興味をもち、
ふとした出会いでアーユルヴェーダセラピストを目指すことに。

宇宙のリズムに合わせて生きることが、心と体の健康につながることを
アーユルヴェーダを通して学ぶうちに、
アーユルヴェーダではもちろんのこと、
女性の体のリズムやインド占星術でも大切な存在である
”月”に心惹かれ、月よみ師に。

アーユルヴェーダや月のパワーで
お疲れ女子の前向き人生をサポート。
ココロとカラダが整えば、人生はもっと楽しくなります!

ブログ:アーユルヴェーダ活用ミュージアム
https://ameblo.jp/akatsukiakasha/
Return Top