月よみ

下弦の月を過ぎたらとろ〜りと温かく包み込みましょう。

凛とした夜空に月が綺麗な長野のココロとからだを温める薬草月よみ師のゆかりんです。

今日は二十四節気の「大寒」です。

「大寒」とは、二十四節気の最後でもあり、一年の中で一番寒さが厳しくなる時期のことです。

暖冬と言われていますが、これから立春頃までが寒さのピークです。皆さんの所はいかがですか?

月は下弦の月を過ぎ25日の新月へ向かっています。
月相24日目。
新月(-)期です。

新年前に不安を取り除きましょう。

旧暦では、25日が新年(春節)です。
つまり、今日は、まだ師走とも言えますね。

新月(-)期は、
断捨離期。
手放し期。

からだの臓器では、「腎臓」に一番影響を受けます。
「腎臓」は、とにかく寒さが苦手なんです。

「腎臓」が冷えたり、弱ったりすると
気力も体力も落ちて、決断力も下がり不安が大きくなります。

やっぱり温めることが大切な時です。

今日は、新しい季節を迎える前にこの時期に優しくからだを温める、おススメな食物をお伝えします。

とろ〜りとあなたを優しく包み込んでくれる。

今日おススメの食物は、「葛粉」です。
「葛粉」とは、秋の七草でもある葛(豆科のつる性多年草)の根から得られるデンプンを精製して作られた食用粉のことです。
とても手間をかけて作られる為、生産量が少なく高価である為に、葛粉と称して一般に売られているものは、ジャガイモ、サツマイモ(甘藷澱粉)、コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)などのデンプンを混入しているものが多いです。
葛100%のものを本葛と呼びます。

*「葛粉」の効能
・からだを温める。
・胃腸の動きを調整する。
・筋肉の強張りをほぐす。
・血行をよくする。
・鎮静効果。
・肩こりや首の凝りをほぐす。

*よく知られているのでは、漢方薬の葛根湯が有名です。本葛粉は高価ではありますが、効能は、抜群です。

とろ〜りとろ〜りと取り入れましょう。

次に葛粉の使い方をお伝えしますね。

葛粉は、とろみが特徴です。そして、冷めると固まってきます。よく和菓子などに使われています。

一番簡単な使い方は、汁物の時やあんかけの時にとろみとして使います。

薬効性なども考えた上でおススメな摂り方は「葛湯」です。

特に寒気のある風邪の時や寒くて筋肉が強張っている時、胃腸やお腹が冷えている時などおススメです。

*葛湯
材料 ・葛粉(本葛)  10g
・水    150ml
作り方 ①材料をよく混ぜてとろみがつくまで火にかけます。

*お好みでハチミツ、生姜汁、梅干し、黒砂糖など味をつけて摂ります。

私は、お客様が来られる時などにおもてなしとして奮発して作るのがちょっと贅沢な本葛粉たっぷりの胡麻豆腐です。

*胡麻豆腐
材料 ・葛粉(本葛)                  60g
・白練り胡麻ペースト 50g
・水       2カップ
・塩       ひとつまみ

作り方
①材料を鍋に入れて泡立て器でよく混ぜ合わせます。
②①を木べらで混ぜながら中火にかけて沸沸してきたら弱火にします。鍋底に木べらの跡がつくくらいまで練り混ぜます。(ちょっと根気が入りますが、15分くらい)
③水で濡らしたバットなどの型に流し込み固めます。
食べやすい大きさに切ってお醤油とお好みでワサビをつけて食べます。

季節やお好みでヨモギペーストや抹茶や黒胡麻ペーストなど色々お試しください。

18日から2月3日まで冬の土用に入っています。
2月4日立春と季節の変わり目です。
葛粉を取り入れてとろ〜りとからだの芯からあったか〜くして元気で新しい年(25日新月)をお迎えください。

今年も宜しくお願いいたします。

かりーにゃ  ホームページ
野草農家民泊での体験プランなどもあります。
http://farm88.jp/carinatop.html

日帰りプラン
https://ameblo.jp/carinanoyukarin/entry-12452266746.html

ライタープロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。
Return Top