月よみ

アメリカで感じた月のパワー
~LAの月生活 part.4

こんにちは。月よみ師®Sundyです。
今日もご覧いただきありがとうございます。

2020年が明けましたね。
今年はいよいよオリンピックイヤーですね。
オリンピックと言えば、青、黄、黒、緑、赤の輪を重ねた五輪ですね。
お月様が重なってるように見えるのは月が好きだからかしら?
ビックイベントが控えている2020年は、一緒に空を見上げてお月様を意識してみませんか?

今回はロサンゼルス滞在中に一人旅にチャレンジしたサンフランシスコの道中話と見た満月について紹介したいと思います。

LA移住後の大チャレンジ!初の一人旅~サンフランシスコ

日本からLAへ移住して1週間後くらいに、主人が出張で留守番になる事が決まりました。
まだ土地勘も全くなく、LAの生活も慣れていなくアパートに1人で過ごすのはとても不安に思っていました。
気を利かせた主人が「サンフランシスコに行って観光でもしたら?」とエアーチケットを取ってくれたのは良いのですが・・・

実は、一人旅をした事がなかったので正直もっと不安でした!
移住する数ヶ月前にアパートを決める為に、日本からLAまで一人で飛行機に乗るという初の経験をしたばかりなのに、LAからサンフランシスコです!
日本でチェックインして日本語の通じる日系の飛行機に乗るのとは違います。アメリカの国内線です!
もちろん、日系の飛行機ではなくアメリカン航空です。
格安チケットの為、キャンセルはできません。
どうしよう・・・
ビビりな私はからドキドキでした。

でも、せっかくアメリカ本土に来たのだから、チャレンジしようとまずシュミレーションをしました。
チェックインは自分で機械でできるので、英語を頑張って読めさえすれば、英会話をせずに搭乗券を発券する事ができるし、搭乗券さえあれば後は何とか飛行機に乗って自分の席に座るだけ、と1つクリアになりました。

問題は、その前です。
どうやって空港まで行くか?
バスも電車等の交通機関のない場所で、免許も無かったので車も使えません。
もちろん早朝なので、近所を走っているタクシーもありません。

そこで、アメリカではタクシーよりも便利な配車アプリのUBERを利用する事にしました。
しかし、家を出るのが朝5時半。
無事に来るのか?来なかったら?変な人でそのまま拉致されたら?
シュミレーションすればするほど、不安は大きくなりました。

不安はさらに大きくなり、サンフランシスコの空港からどうやって市街地へ行くのか?
タクシー?UBER?電車?

色々考えても、もう行ってみるしかない!との事で当日になりました。
まず、UBERを呼び無事に乗る事ができました。
ドライバーが女性だったので一安心。名前と行き先を確認して出発。

そこから、最初のチャレンジです。ドライバーさんから色々話しかけられました。
どうしよう・・・笑ってごまかすか?
せっかくアメリカに来たんだから、やっぱり英語が上達したいとの思いで頑張って話してみました。
1人でサンフランシスコへ行く事。1週間ほど前に日本から移住したばかりの事。
家族の事。何とか空港まで会話を続かせることができました。

これで少し自信がつき、空港でのチェックイン、搭乗、サンフランシスコへ向けて順調に行く事ができました。
サンフランシスコの空港から市街地までは電車を利用する事にしましたが、ここでもチャレンジです。
電車乗り場までは行けたのですが、切符の買い方がわからない。色々試すもわからず、思い切って周りの人に聞きました。
親切に教えてくれた人のお陰で電車にも乗れ、ようやくホテルにチェックインできました。
異国の地で人生初の一人旅。ドキドキが止まりませんでした。

さらに素敵な旅になった!サンフランシスコで見た満月

一息ついてから、サンフランシスコの観光へ出掛けました。
ここまで来れたから何とかなりそう!と少し自信が出たので遅いランチに人気のあるハンバーガーを食べ、フェリー乗り場で海を眺め、ユニオンスクエアで街歩きをしているうちに日もすっかり暮れました。
クリスマスの直前もあり、街中は観光客で賑わっていてクリスマスツリーやイルミネーションでとても綺麗で一人で歩いていてもワクワクして楽しかったです。

歩いていてふと夜空を見上げたら、綺麗な満月が出現していました。
LA移住後の初満月であり、その年最後の満月でもありました。
渡米前後の慌ただしさですっかりその日が満月である事を忘れていたので、旅先で偶然出会った満月により感動しました!

その時に思って心で呟いたのは、

「満月に感謝」

無事に渡米できた事、一人旅にチャレンジする勇気をくれた事、ここまで行動できた事、
日本にいる家族やサンフランシスコに行く機会をくれた主人に感謝しました。

そんな満たされて、感謝でいっぱいの素敵な1日となりました。

月よみWebマガジンでも紹介されていますが、満月から下弦の月の期間を満月(-)期といい、キーワードは根拠なき自信、満たされている、自己肯定力などがあります。心臓に月のエネルギーが入りやすい時期で、運動=歩くことがポイントです。また、出逢いや行動しながら考える事もエネルギーが入りやすくなります。

振り返ってみると、2日目、3日目はサンフランシスコの名物のケーブルカーに乗り、急勾配で左右に8つのヘアピンカーブのあるロンバードストリート、港街のフィッシャーマンズワーフ、世界的に有名なゴールデンブリッジ、LGBDの街であるカストロストリート、など盛り沢山で観光しました。
沢山歩き、色々な出逢いがあり(人だけでなく自然や物や感情まで)、自分でチャレンジして行動する事で自信も勇気もつきました。
やればできる!という自己肯定感も生まれ、この旅は私を大きく成長させたと思います。

この様にさせてくれたのは満月のパワーをもらったからです。
サンフランシスコの初の一人旅は私に自信と勇気を与えてくれました。月が引き寄せたものだと信じています。
やっぱり、月のパワーってすごい!
お月様に感謝です。

人生初の一人旅のサンフランシスコの道中と満月についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?
機会があれば、旅先で、出先で夜空を見上げて月を見てくださいね。
素敵な経験ができますように。

Think happy Be happy ☆
Sundy

ライタープロフィール

Sundy 月よみ師®
兵庫県生まれ。
大阪、埼玉、東京育ち。

突然の主人の脱サラによりハワイへ移住。
自営業として働く事となり180度人生が変わる。
2017年秋に帰国し、2018年秋にはLAへ渡米予定。

新卒で入社3ヶ月後にその後10年以上生理が止まっていたが、結婚後に始めたダンスと、アロマトリートメントで生理が復活。
ハワイへ移住する不安からパニック症を発症、移住後も発作に悩む中、アロマセラピーに出会い緩和する経験を持っている。
ハワイの星と月に惹かれ月と癒し、女性のリズムについて知りたくて帰国後月よみ師®︎に。

ココロとカラダと美を整え自分らしくハッピーな人生を送るのが目標。

NAHA認定アロマセラピスト
ティーコンシェルジュ
耳つぼアートセラピスト
顔タイプアドバイザー
Return Top